「資産倍増プログラム」公式サイトにインタビュー記事がついに掲載、その内容はいかに?

ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プログラム」の公式サイトに、水瀬のインタビュー記事が掲載されました。

もともと私はプロジェクトの現時点での動向について批判的な意見を持っていました。
だから、取材依頼をお受けするかどうか悩みました。でも、ネット投資家の誰かが伝えなくてはいけないことだと思い、お受けすることにしました。
2011/07/20 ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の公式サイトから取材依頼。悩むが…

取材当日は、ヒール役ということもあってとても緊張しました。
でも、言うべきことは言えたのではないかと思います。
幸い、取材陣はよく話を聞いてくれました。あとは、どういう形で掲載されるか(されないか)でした。
2011/07/25 ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」の取材終了

その時のインタビュー取材の記事が、本日アップされたと連絡が来ました。
その内容はいかに…?

資産倍増プロジェクト:ネットで投信を買う!
一個人投資家として、「資産倍増プロジェクト」に対して望むこと
水瀬ケンイチさんに聞く


内容は、私が話した内容が概ねそのまま掲載されています。
また、ブログの読者さんからの提案として伝えたことも一部掲載されています。
現時点のプロジェクトに批判的な主張だったので、歪曲してサイトに掲載されてしまうことを懸念していましたが、どうやら杞憂に終わったようです。

ちなみに、掲載前に一度私に原稿チェックする機会が与えられたので、事実関係等若干の修正を入れさせていただきました。
取材陣の話によると、その後プロジェクト4社が原稿をチェックするとのことでしたが、結局、修正は入らなかったとのことです。

これで、私が伝えたかったことは資産倍増プロジェクトの公式サイトに公開されました。
あとは、あれを読んでくれた個人投資家(投資予備軍含む)や金融関係者がどう感じて、どう動いてくれるかだと思います。

日本の投資信託事情が、少しでも良い方向に向かってくれることを祈ります。

関連記事


  





コメント

記事拝見

今年から山崎・内藤・竹川・北川氏等の本&ネット証券オンリーで投信始めた身としては銀行・郵便局による毎月分配投信購入で喜んでいる爺&婆ちゃんの姿的な「外の水」はちょっと想像できませんがその数は圧倒的みたいですね。
そこから客を引っ張ろうとするネット証券4社の気持ちもわからなくはないですが今回の記事掲載(内容)は新参者から見ても大英断と感じました。
米デフォルトにビビリまくりの毎日ですがちゃんと月末積立継続していくのでがんばってくれよ、ネット証券。(上から目線?)

拝読させていただきました
今回をきっかけに変化があれば嬉しいです

証券会社が商品(投信など)の「販売会社」ではなく今後のライフプランなどの「相談相手」になる存在になれれば理想なのかもしれません

もちろん相談にのりながら自社に都合の良い儲かる商品ばかりを押し付けられたら困りますが・・・。

これから資産を形成する20~30歳代投資家の個人資産って1400兆円のうち何割ぐらいなんでしょうか。
投信の保有額が約60兆円で残りが1340兆円だとしてもそのほとんどの資産が毎月分配型、通貨選択型を必要としている方たちのものだったとしたら、長期的な資産形成の商品は欲しがらないのではないか、とふっと思ってしまいました。

どうして自分でググれば一秒で出てくるようなことまで、水瀬さんにきくのですか?
ふっと思いついたことに、いちいち回答させられる水瀬さんカワイソス

「資産倍増プログラム」の主目的

旗振りのネット証券会社としても、現在の個人金融資産が自社口座に移ってくれればありがたいでしょうけれど、目下その過半は銀行・郵便局を経由しての日本国債の形で運用中です。

これがネット証券会社が喜ぶほどリスク商品に移るとも考えにくいし、ホントに移ってしまうと国家財政のほうが参ってしまう。
どこかで聞いた川柳=“90才、長期投資で、株を買い”とは到底ならないでしょう。

首題の「資産倍増プログラム」は若年層の資産形成が本旨ですから、現在は前記個人資産では微細金額の(言わば無資産状態の)人たちに将来の生活安定を目指してもらうためにどうするかですネ?

それには遠回りのようでも、金融リテラシー(=literacy,読み書き能力)向上と政策面で「確定拠出年金」制度の充実活用に向けての総意結集が目的にかなうように思います。

水瀬さんのインタービューでネット証券のHPに我田引水のPRでなく、適切な学習講座を要求されたのは大賛成で、その方向で継続要請を願っております。私としては木村剛氏(名前を紹介しにくいが)や山崎元氏の著作に開眼しました。

>NITTAさん

高齢者の資金力は圧倒的みたいですね。
でも、それはいずれ変わると思います。変えていく主役はネット証券だと思っています。


>とよぴ~さん

投資家のかたも金融業界のかたも、何かを考えるきっかけになってくれたらいいなと思います。


>ちぽりんさん

現在の個人金融資産のうち高齢者が占める割合はとても大きい(具体的な数字は自分で調べてください)ですが、それはいずれ次世代に受け継がれます(もちろん税金ががっぽり取られますが)。
その時になって、慌ててまともな投資環境を作ろうとしたって、間に合うはずがありません。

高齢者の資金が大きいからといってそこばかりをターゲットにビジネスをしていたのでは、将来ジリ貧になると思います。
米国の事例を見ていても、「正しい投資知識」を広めることには時間がかかります。
今から取り組むべき課題なのではないでしょうか。


>投資家さん

まぁそうなんですが、こちらもできる範囲内でお答えしていますので、いいんじゃないですか?(^^;


>お山の杉の子さん

プロジェクトの理念に、「所得水準が伸び悩む現在、お客様の資産形成を全力で支援していくことが証券会社が果たすべき役割」とうたっているのですから、そのとおりに資産形成層のために行動してほしいという事は、何度も伝えておきました。

相手の懐に入れば、総アウェイの嫌われ役ですが、誰かが言わなければいけないことだと思って引き受けました。
いまの投資信託事情でよいと考えていう考えに、一石を投じられたら幸いです。

拝読せせていただきました

色々とお疲れ様でした。

そしてありがとうございました^^

水瀬さん、ありがとうございました。
心苦しい役割をお引き受けいただき感謝です。

ご意見ご要望の多くは、すでに準備しているものでもありましたから、今しばらくお待ちください。時間かかってスイマセン。

真摯な想いに胸が熱くなりました!
より一層、負けずに折れずにがんばります!!

>木星さん

何かのお役に立てば幸いです。


>る~さ~!(臼田)さん

言われる前から準備していたとのことですが、ぜひ有言実行でお願いいたします。
大手証券の顧客層を奪うことなどではなく、これからの資産形成層に向けた「正しい投資知識」を広めてください。
よろしくお願いします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

フォーカスすべき商品が間違っていた!?

JUGEMテーマ:資産運用 -----------------------------------------------------当ブログにはじめてお越しの方、お時間が許せばご覧下さい。(長文です)当ブログにはじめてお越しの方へ (2010年10月)-----------------------------------------------------またまた...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)