「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」7月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」7月分の投資を、本日7月29日に行ないました。
<ご参考>ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

円高株安が進んでいるようです。
今月は月末まで投資を引っ張ってみましたが、日本株・先進国株・新興国株いずれも、月内ではまあまあ良いところで買えたような気がします。

積み立て投資信託は、以下の4本です。

CMAM 日本株式インデックスe
CMAM 外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
※上記ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「Vanguard Total Stock Market ETF」(VTI)、「iShares MSCI EAFE Index Fund」(EFA)、「Vanguard Emerging Markets ETF」(VWO)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

ブログのコメントで、「外国債券クラスを減らす方向で考えています。よろしかったら、どのように縮小しているのか教えていただけないでしょうか?」というご質問をいただきました。

上記記事のように、債券クラスについては、積み立て投信を外国債券から日本債券のみに切り換えました(2009年5月から)。
つまり、新規投資は日本債券のみにしています。

既存の外国債券クラス資産については、切羽詰っているわけではないし、何もしなくても資産全体が大きくなっていくことにより外国債券クラスの比率は小さくなっていくので、あまり意識していないというのが正直なところです。
まぁ、そのうち機を見て乗り換えたいなとは思っている程度です。

ゆったりと愚直に資産運用を継続していきたいと思っております。
関連記事


  





コメント

米国株式購入を考えています

今の為替相場はあくまでもドル安なので、米国株式ゲット作戦を考えています。
DIAやSPYでも良いですが、個別株もたまにはやってみたくなります。
今日現在では1$=76円後半と言ったところで、ほとんどの通貨に対して安いです。
ある意味、嬉しいのですが、8月2日のXデーを待つのか、それとも市場介入の可能性も考えて少しずつドルを買っていくのかは悩んでいます。
インデックス投資については何時もと変わらないです。

>タカちゃんさん

タカちゃんさんの場合は、ポートフォリオのコア部分はしっかりされているのでしょうから、サテライト部分は思う存分遊んでみたらよいのではないでしょうか。

私もサテライト対象を探しているのですが、なかなかこれといったものが見つからないのでコア部分のみでいます(汗)

外国債券クラスを減らす方向で・・・ と、質問した者です。
回答ありがとうございます。

>まぁ、そのうち機を見て乗り換えたいなと
ということは、やっぱり、円高が落ち着いたら、ということですよね?
あるいは、なにか、お金が必要になったとき、でしょうか?

・・・そうですよね。私も特に急ぐ用事はないので、とりあえず、新規投資はしない(私の場合、そもそも新規投資は無くリバランス中心ですが)、なにかあったら、減らす、位の気持ちでゆったり構えようかと思います。

インデックス投資って、なにかしよう!って、思った時も、一呼吸置いて、ゆっくり対応するっていうスタンスが大事かな~ と思えてきました。

ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)