インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較

インデックス投資に使う主な金融商品は大きく分けて、(1)インデックスファンド、(2)国内ETF、(3)海外ETFの3種類があります。

これら3つを横並びに比較した情報が見当たらなかったので、「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ著)を執筆する中で、自分なりに整理して原稿を書きました。
でも、編集さんにばっさり切られて、結局ボツになってしまった部分があります。

本当はそこがいちばんのポイントだったという思いがあり、ブログに掲載しておきたいと思います。
ただし、本の執筆をしていた2010年9月時点の情報であり、若干情報が古くなっている(それでもまだ1年経っていませんが)部分があるので、そこは予めご了承ください。
何かのご参考になれば幸いです。




■インデックス投資商品の比較

 インデックス投資をするための商品には、大きく分けて「インデックスファンド」「国内ETF」「海外ETF」の3種類がありますが、それぞれを私(水瀬)はこのように捉えています。

◆インデックスファンド <インデックス投資の基本形!>

<メリット>
・小額から買える(1万円より。証券会社によっては1000円から買える場合もあり)
・販売手数料なし(ノーロード)の商品が選べる
・金額指定で買える
・分配金再投資コースが選べる
・特定口座に入れられて税務処理が楽ちん
・自動積立サービスを利用できる

<デメリット>
・信託報酬がやや高い
・買う時には価格が分からない(買った後に価格が決まる)
・純資産が少なめの商品が多い
・今後、更に低コストな新商品が登場し投資商品が陳腐化する可能性がある


◆国内ETF <インデックス投資のニューフェイス!>

<メリット>
・インデックスファンドよりも信託報酬が低い
・売買が国内株式と同様に値動きを見ながら随時売買ができる
・証券会社によっては指値・成行注文だけでなく逆指値注文などが様々な注文が使える
・売買手数料が国内株式扱いで安い
・特定口座に入れられて税務処理が楽ちん

<デメリット>
・売買が株数単位になり、金額指定で買えない
・分配金の再投資は自分でやらなければならない
・日本株式クラス以外のアセットクラスの商品は選択肢が少なく且つ実績も少ない
・市場価格と基準価格の乖離が大きくなっている場合がある


◆海外ETF <インデックス投資の上級編!>

<メリット>
・インデックスファンドよりも信託報酬が低い
・売買が米国株式と同様に値動きを見ながら随時売買ができる
・様々なアセットクラスに豊富な投資対象がある
・長い実績がある商品が多い
・純資産が巨額で安定した運用をしている商品が多い

<デメリット>
・売買手数料が米国株式扱いで割高
・売買するのに為替手数料がかかる
・売買が株数単位になり、金額指定で買えない
・分配金の再投資は自分でやらなければならない
・ネット証券では特定口座に入れられず税務処理が面倒
(追記 2015/02/28:楽天証券とマネックス証券は特定口座対応済み)


◆結局、インデックスファンドか?国内ETFか?海外ETFか?

 今まで見てきたように、インデックスファンド、国内ETF、海外ETFにはそれぞれ一長一短があります。短所・長所を理解したうえで、ご自身にいちばん合ったものを選択していただければよいと思います。

 そのなかで、あえておすすめをするとすれば、基本はインデックスファンドでよろしいかと思います。3種類のインデックス商品の中では信託報酬は高めですが、売買(小額・ノーロード・自動積み立てなど)、運用(分配金再投資・リバランスのしやすさなど)、税務処理(特定口座に入る)など全般的に利便性が高く、投資を続けやすいのがインデックスファンドです。
 インデックスファンドでは信託報酬がまだ高いと感じていて、まとまったお金があるかたは、初期費用(売買手数料・為替手数料など)を考慮し、手間(分配金再投資できない・ネット証券では特定口座に入れられないなど)がかかることを覚悟の上で、海外ETFに挑戦してもよろしいかと思います。
 国内ETFは、ポテンシャルは高いのですが、日本株式クラス以外の商品がまだ実績が浅く様子見段階かもしれません。今後の動向に期待したいところです。

 インデックスブロガーの中でも、インデックスファンドにしか投資していないかたもいますし、海外ETFを中心にしているかたもいます。
 国内ETFを中心にしているかたはまだあまり見かけませんが、これから増えてくるかもしれません。

 ただし、投資をするうえで何を重視するかは人それぞれなので、繰り返しになりますが、それぞれのインデックス商品の短所・長所を理解し、ご自身にいちばん合ったものを選択していただければよいと思います。



上記没ネタ部分には定性的なことばかり書いてありますが(でも、本当は大事なことだと思うんですけどね…)、本では、定量的なデータとともに、各インデックス商品の選び方のポイントと、具体的おすすめ商品名を明記しました。
もしご興味があれば、本を手にとってみてください。

ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版
売り上げランキング: 4207

関連記事


  





コメント

この原稿部分は、初心者個人投資家には是非必要な部分ではなかったかと思います。

巷のインデックス投資法の紹介記事の中にはインデックス投信と海外ETFが初心者にとってどちらも同列がごとく簡単に扱えますよと錯覚させるものも散見されます。

インデックス投信がいかに楽ちんか、海外ETFが購入時・保有時の手間がいかに面倒か、2つの商品の間にある面倒くささの違いをリアルに表した記事をみかけることはめったにありません。

さらにいえば個人的には長期積み立て投資を行う上で、ETFの「値動きを見ながら随時売買ができる」という点のどこがメリットなのかさっぱりわかりませんが。

一方で国内ETFは面倒な手間とコストメリットがギリギリバランスがとれる商品だとは思いますが、

>・日本株式クラス以外のアセットクラスの商品は選択肢が少なく且つ実績も少ない
>・市場価格と基準価格の乖離が大きくなっている場合がある

ここが改善されればよいと思います。(10年後はそうなっている?)

国内ETFのメリット

国内ETFのメリットとして貸し株サービスが使えるってのもありますよね。

同じインデックス商品での比較

私が知りたかったテーマ(同じ指数を対象とするインデックス商品なら同じか?)について、商品タイプでの比較をしてくださり、大変参考になります。有難うございます。  
しかし、贅沢だとは思いますが、私は個別のインデックス商品の成績比較をしたいのです。どうしたら良いでしょうか? 例えばVWO、EEM、1681、eMAXIS新興国株式、STAM新興国株式等の成績一覧比較をしたいのです。 インデックス商品だから成績には差があるはずはない、という一般論ではなく、各商品には次のような要因が入り、成績に差が出るはずです。海外株式のインデックス商品を考えると、1)商品の売買手数料、信託報酬、資産留保額(これらは公示されているので問題ありません) 2)資産を現物で保有するファンドと、デリバティブで手当するファンドのコストの差(先物ロールオーバーのコスト等) 3)為替手数料コスト(海外ETFは個人が為替変換するため高い為替手数料となるが、国内籍のETFと投信は運用会社が為替変換するので安い?) 4)運用の巧拙(これが分からない) 5)ベンチマークがtotal return とprice returnの差。海外の運用会社はベンチマークを配当こみ指数にしているが、国内の運用会社は配当なし指数を使用している。配当の有無の差は年率1-3%あるはずで、この差がうやむやになっていないか?
なお、同じドル表示で、同じINDEXを使用するVWOとEEMの(基準価格+分配金)を並べると、この2年で大きな差が出ているようです。
2009/1E VWO 21.64 EEM 22.754 INDEX 192.64
2011/1E VWO 47.97 EEM 47.183 INDEX 425.16
2年成績 VWO 221.7% EEM 207.4% INDEX 220.7%

貸し株のリスクをどう考えるか

そういえば、貸し株のリスクについてはあまり議論されているのを見たことが無いのですが、インデックス投資をしている方はどう考えているのでしょうか。主な意見としては、こんな感じだと思いますが…。

1.貸し株サービスを提供している証券会社の倒産リスクを考慮して、貸し株はやらない。(分散投資でリスクを「分散」させているのに、貸し株でリスクを1証券会社に「集中」するのは行動として矛盾する)
 →リスク絶対回避(ブラックスワン)派

2.貸し株サービスの提供証券会社が倒産する可能性は低いし、もし、倒産する場合でも、突然何の前兆もなく倒産する訳ではないだろうから、十分対応できる。(筈)
 →自分だけは事前に危機回避できる(オーバーコンフィデンス)派

3.貸し株サービスの提供証券会社が倒産した場合でも、貸してる株の元金が払い戻しされるタイプの貸し株サービス(=松井証券がこのタイプ。ただし、その分、貸し株の利率は他証券会社より低い気がする)を利用してるので大丈夫(多分)。ただし、その場合、倒産時点の株価で計算した金額が払い戻されると思うので、倒産から実際に払い戻されるまでの期間に、株価が上昇した場合、その期間の値上がり益を逃す可能性(=機会損失)がある。
 →やや慎重(保険でリスク限定されてる筈)派

私自身は、以前は2でしたが、現在は3です。

※ブラックスワン派とか、オーバーコンフィデンス派などの分類は、やや茶化した表現です。気分を害された方はごめんなさいです。

税務処理(外国税額控除)について

いつも勉強のために拝見させて頂いております。
今回のテーマは自分の中でも中長期的に悩んでいる部分でもあり、ご著作で没になってしまったのは残念です…(苦笑)。

私個人は長期保有を前提に、信託報酬面から海外ETFを利用していますが、税務処理は面倒ですね。
以前は海外ETF配当について税額控除を申請したのですが、ある年に自治体から結果として住民税を二重課税?されるような結果となってしまいました。
(昔の事ですし詳細は省きますが、確定申告したことで区役所から「改めて」海外所得部分(配当)について住民税を追加徴収されました)
そのため申告しても何のメリット(労力考えるとマイナス)もない形になり、以降は税額控除は諦めてしまってしまっています…。

早く海外ETFも特定口座に入れられたり、国内ETFが安定運用?されたりするのを期待しています。
今後も拝読しながら勉強させて頂きますので宜しくお願い致します。

ETFのコストについて

1306の信託報酬は0.1155%とされていると思います。
確かにそれだけみれば低コストですが、毎年配当金が2%程度あると思いますので、それに10%課税されると2%×10%=0.2%が税金ということになります。
もし証券税制が本則に戻って税率が20%になったら、税金は2%×20%=0.4%。
・・・ということは、現在信託報酬と税金を合わせると0.3%強、証券税制が本則に戻ったら0.5%強となり、インデックスファンド(STAM、eMAXIS等)とコスト面でみて大差ないということになるんでしょうか?
そうであれば、再投資の手間がかからない分、インデックスファンドの方がいい気がするのですが・・・。

これは悩みますなぁ。

自分も海外ETFを使っていますが、出来るなら国内ETFで完結したいとは思ってます。でも、国内ETFの出来高を見ると使える商品は限られているしと思ってなかなか手が出ません。特定口座の問題もあるし、なんだかんだ言っても国内の方が使いやすいとは思うのですが。ところで最近一時期に比べてインデックス関係の新商品の発表があまり聞こえてきませんね。一休みならいいのですが、このままフェードアウトされては困りますね。

KENさん

横から失礼します。

インデックス投信が無分配としても、結局、最後の売却時の利益に課税されます。つまりは毎年の分配金に課税されるか、未払いだった分配金相当利益について後年最後にまとめて課税されるかの違いにすぎません。

もちろん理論的には税金を後払い分するだけ、その税金分を再投資に廻してより儲ける機会を得られるというメリットがありますので、無分配の投信の方がメリットがありますが。

かつて私もインデックス投信(ノーロード、無分配)とETF、どちらがローコストなのかインデックス投資1年目のころに散々試算してみました。

結局のところ、期待リターンやETFの売買頻度などの前提条件をどうおくかにより結果がバラつきまして一概にはいえませんでした。ETFの分配金をきっちり再投資できない構造など数字に置き換えられない非効率も加味すると、尚更どちらかが必ず有利というわけではなかった記憶があります。

じゃによって小生は楽ちんなインデックス投信を選んでおります。

はじめてコメントします

入り口のリレー投資については、理解できるのですが、
出口の海外ETFは手数料の関係で、必要に応じて解約する戦略は難しいと思います
水瀬さんはそこをどうしようとおもっていますか?

バーンと大きく海外ETFを売って、年間必要額を一度に解約して、
逆リレー投資で国内インデックスを買って
そこから必要な資金を小口で更に解約して、資金を得るのか
ただ、海外ETF解約と国内投信購入のタイムラグが心配です。

水瀬さんのリレー投資の場合は、一時的に生活防衛費を充てると
ありますが、積み上がった海外ETFを解約するときも,同様にするおつもりですか


自分は,水瀬さん等のブログから楽天証券で海外ETFを購入していましたが、
その問題を考えてから、うまい、自分を納得させるような解決策がないので、
投信のCMAMやら、国内ETFを購入してそのままにしています。

もちろん楽天証券さんがもっと手数料を下げてくれればいちばんよいのですが、、。

>WATANKOさん

私もボツられたのは残念でした。
国内ETFのポテンシャルは高いと思いますので、今後に期待です。


>25→26さいさん

貸株サービスには利率相応(かどうか分かりませんが)の信用リスクがあり、メリットと言っていいのかちょっと悩みますね。


>リージンさん

「問題を手際よく表現すれば、問題は半ば解決されている」
米国の技術者チャールズ・ケタリングの有名な言葉です。
リージンさんは既に問題点を具体的に絞りこんでおられます。
あとはご自身で解決なさってください。


>hinoさん

hinoさんは比較的新しい常連さんなのでご存じないかもしれませんが、貸株サービスはサービス登場時にずいぶん議論になっていましたよ。
うちのブログではここらへん→http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-723.html


>早期リタイヤ希望者さん

もしかしたら、勘違いなさっておられるかもしれないので申しあげますが(ご存じでしたら申し訳ありません)、ネット証券の海外ETFが特定口座対応になっても、
特定口座がやってくれるのは、株式等の売買による損益や、投資信託の換金による損益についての申告・納税です。
分配金に対する外国税額控除をやってくれるわけではないと思います。


>KENさん

まったく同じ議論が過去にもありました。
KENさんと同じ主張をあちこちのインデックスブログに書き回っていたかたがいて、途中で指摘されて間違いだと気づき、訂正して回っていたのを思い出します(^^;


>胴長兄ちゃんさん

そうですね。
私も好きで海外ETFを使っているというわけではありません。
もし、ETFと同等レベルの信託報酬のインデックスファンドが出てきたら、それがいちばん良いと思います。


>WATANKOさん

フォローありがとうございます。<(_ _)>


>Mr.TAKEさん

将来のことなので確たることは言えませんが、売買手数料と為替手数料を勘案して、納得できるレベルの金額で数か月分とかで換金するのだろうなとぼんやりと思っています。
理論的には、定率で毎月取り崩すのがよいとされているようですが、海外ETFだとそれはむずかしいですね。

過去記事情報ありがとうございます

過去記事情報ありがとうございます。

やはり、貸し株の信用リスクについては、過去に議論されていたのですね。

過去記事のコメントを読んでいて、アルビレオさんのコメントが光ります。(以下引用)

まとめると
>貸し株サービスの利用者がとるのはカブドットコムの信用リスクと、貸出先企業の信用リスクです。
という説明で間違ってはいないんですが、二つのリスクを同時に負担するというよりは
「貸出先の信用リスクを負担するのはカブドットコム、利用者が直接負うリスクはカブドットコムの信用リスク。でも後者の信用状態は前者の信用状態の影響を受けてしまう」
という風に段階を踏んでいることに注意。
だから多少の貸し倒れであればカブドットコムが引き受けてくれるんですよ。

んで、ここかわらかるもう一つ注意しなければいけないこと。
カブドットコムなどのサービスを引き受ける証券会社が機関投資家などに貸し出す貸株料は、貸し株サービスで利用者に支払う貸株料よりも高くなっています。
カブドットコムが信用リスクを引き受けているのだから当然のことです。
逆に考えると貸し株サービスの貸株料が高くなるほどカブドットコムなどのサービスを引き受ける証券会社が受け入れることのできる信用リスクの許容度は低くなり、サービス利用者が負うリスクは増大します。
だから貸し株サービス利用者にとっては、「最終的な貸出先企業の信用リスク」よりも「貸株料の値上げ競争によって証券会社の引き受けることのできるリスクが低下すること」の方がはるかに危険度が大きいと考えた方がいいと思います。
貸株料が高いサービスを選ぶことは、自分からリスクの高い方を選択しているのと同じことです。

過去ログ拝見させて頂きました。ありがとうございます。

その後、貸し株少し調べたら
東日本大震災で貸し倒れ発生。
顧客の損失分(決済損)の回収が進まず、不足金発生。貸倒損失を計上
(各証券会社決算説明会参照)

やはりリスク相応ですね。
いい勉強になりました。

コメント頂きありがとうございます。
ご指摘の通り、特定口座になっても外国税額控除は申請しないといけないですね…。
失礼致しました<(_ _)>

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「海外ETF・国内ETF・インデックスファンド・バランスファンド」何でインデックス投資をするべきか

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!を読みました。 投資初心者である著者と経済評論家の山崎元さんによる合作なのですが、会話形式で素人が達人に聞いていくスタイルだから自分が想像する以上の質問でも明快に答えてくれているのが印象的。 自分がまったくの無知な人に対して、インデックス投資についての相談を受けることや教えることなどは皆無なのですが、本を読んでい...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立ては月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、口座開設で最大10,200円分の投信買付代金プレゼントキャンペーン実施中! (2017/05/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設等で住民票取得代行&現金最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/05/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり


カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)