リバランスの効果が高いのは月次?四半期次?年次?それとも乖離率?

ニッセイ基礎研に、リバランスの方法についてのレポートが掲載されています。

ニッセイ年金ストラテジー 2011年08月号(vol.182)
リバランス方法に見直しの余地はあるか?

詳しくは上記レポートをご覧ください。
無理やり要点をまとめると、リバランスのルールとしては、定期的なリバランス、予め設定した乖離許容幅を超過した際にリバランスするといった方法があるが、上昇局面でも下落局面でも、短期のリバランスより年次のリバランスの方がパフォーマンスがよく、必ずしも政策アセットミックス(アセットアロケーション)により忠実なリバランス方法ほど優れているとは言えないとのこと。
リバランスタイミングによるパフォーマンスの差
(上記ニッセイ基礎研「ニッセイ年金ストラテジー 2011年08月号(vol.182)」より。※クリックで拡大)

データで見ると明らかですね。
ただ、データ期間が4年しかないのと、1年以上のリバランス期間がないのが惜しまれます。
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」(田村正之著)では、1年よりも3年の方がパフォーマンスがよかったというデータが出ていました。

私個人は、リバランスは定期的に実施(年1回お正月に)していますが、アセットアロケーションが大きく変わっていなければリバランスしない年もあります。
多少のズレはあまり気にしません。

一方、毎月の積み立ての時から、所定のアセットアロケーションに近づけるよう、投資するアセットクラスと金額を調整している投資家さんもいるようです。
毎月アセットアロケーションを計算して、その差分に応じて投資商品を変えるという、その努力がすごいなぁと思うのと、レポートの中にも出てきたちょっとした「逆張り効果」がなくなっちゃうんじゃないかなぁ?という思いで見ています。

まぁアセットアロケーションや相場動向次第で、どうにでも変わる程度の差しかないのでしょうけど(^^;
関連記事


  





コメント

最終的には上昇しないと利益が出ないかも

リバランスにも欠点はあると思います。
例えば、現在の日本株を見てもらえれば分かりますが、株価が大きく下がっても最終的に上昇しなければ、リバランスする事で長期的に値下がりするアセットクラスを買ってしまう事にもなってしまいます。
一回、日本株(TOPIX)と現金でリバランスをした時のパフォーマンスを計算してみた事があったのですが、1990年を出発して、最近までの結果を計算したら見事に元本割れでした(1ヵ月でリバランス)。

やはり前提条件としてリバランスをする場合は長期的にリターンを叩きだす事が大前提になると見ています。
ただ、リバランスをする事で安い時に買われ、高い時に売られるので、色んなデータで検証してみる必要があります。

初めまして。

私はリバランスの主な目的はリスクを一定に保つ事としている為、毎月の積立で資産配分を調整しています。
少々資産配分が変わっても大きくリスクが変わらないと思いますが、ただ自動で積立は飽きてくるので。

今のところ4半期次ごと各資産ごとに、25日移動平均が75日移動平均を下回っている状況で、基準価格が25日移動平均以下の場合に買い増せば良いのかなと思ってます。(いつも国内ETFのチャートで調べてます)

買増し時は簡単ですが、逆に切売り時はどうして良いか分かりませんね・・売るタイミング、売る量の決定も難しいし、上昇時に売るのは心理的にも難しい

イーノさんがよく記事にしている「リスクはリターンを蝕む」という事実と、「リバランスによる逆張り効果(高値売りの安値買い)」の自分なりのおとしどころを、楽しみながら思案することがあるのですが、なかなか興味深いお題だと思っています。

リバランスの効果とタイミングを考えるために、大きく買ってホールドするだけと積み立ての違い・リスク・インデックス投資の費用(手間や時間)対効果・自分の感情・過去のデータやアセット間の相関・理論・わずかな将来の予想…こんなことを複雑に考えてみたり単純に考えてみたり。。ずっと座ったままや立ったまま、特にやることのない時間を過ごす仕事の際などは、このお題によくお世話になってますw

>タカちゃんさん

>>最終的には上昇しないと利益が出ないかも

そりゃそうだ(笑)


>Bobおじさんさん

まったく正論だと思います。
リバランスの主目的はリスクを一定に保つことだと思います。
逆張り効果は結果オーライのオマケですね。


>26さいさん

タイミング投資は難しいですよ。
頑張ってください。


>虫とり小僧さん

理論と感情の落としどころは、自分にしか分かりません。
なかなか難しいですが、良い頭の体操になっているのでは?

ちょっと気になったのですが、
レポートの主張、一部、間違っていませんか?

「下落局面で、短期のリバランスより年次のリバランスの方がパフォーマンスが良い可能性がある」とありますが、下落局面での比較チャート、実際にリバランスの差が出ているのは、チャート右側で、そこは上昇局面です。

「下落局面で年次のリバランスのパフォーマンスが良い可能性」を示せていません。

また、リバランス期間を吟味するなら、完全に統計不足(局面2つしかない)のため、参照しても意味が無くないでしょうか。

と思いました。

>Kapok


う~ん、間違っているとまでは言えないような気が。
下落局面をどう捉えるか(始点と終点を見れば下落している?)、十分な統計をどう捉えるか(何年なら十分か?何パターンあれば満足か?)、という価値観の違いだと思います。

ちなみに、トラックバックをくれたActive Indexさんのブログ記事では、より長期でリバランスパターンも豊富なデータを示してくれています。
ご興味があればご覧ください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

リバランス時期によるパフォーマンスへの影響

梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)の水瀬さんがこんなエントリを書いてらっしゃいました。 リバランスの効果が高いのは月次?四半期次?年次?それとも乖離率? 我々運用者が...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)