「35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい!」(小屋洋一著)は「2世代マネープランニング」の真面目な啓発本

「35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい!」(小屋洋一著)を読みました。

タイトルは一見トンデモ本みたいですが、いやいやさにあらず、「2世代マネープランニング」という今まであまり語られることのなかったテーマについて書かれた真面目な啓発本でした。

35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい! ~一生お金に困らない2世代マネープランニング~35歳貯金ゼロなら、親のスネをかじりなさい! ~一生お金に困らない2世代マネープランニング~
小屋 洋一

すばる舎 2011-07-19
売り上げランキング : 2973

Amazonで詳しく見る
楽天ブックスで詳しく見る
by G-Tools

親のスネをかじるというと言葉の印象が悪いのですが、親子でマネープランニングをしっかり行ないましょうという内容です。
私を含め20代、30代のインデックス投資家は、自分たちの将来を自助努力でなんとかしようという方々が多いと思いますが、そこに親の資産という新たな要素を加えてマネープランを考えていこうという視点が新しいです。
本書はそれを平易な言葉で教えてくれます。

「2世代マネープランニング」をするためには、親の資産運用が今どうなっているのかを確認する必要があります。
これは、意外に大切なことかもしれないと思います。

私たちの親世代である「団塊の世代」は、現在、証券会社や銀行の営業マンから、毎月分配型&通貨選択型投信やノックイン債など、怪しげな金融商品を盛んに勧められている、金融機関の「上客」世代です。
私たちの親も、知らないうちに変な商品を買わされているかもしれません。

私事ですが、あれは7年前、平成電電の匿名組合という年利10%をうたう怪しげな商品に投資しようとしていた父親を、必死で止めたことを思い出します。この時は相談してくれたので事なきを得ましたが、その後の平成電電がどうなったかは、皆さまご承知のことと思います。
<関連記事>
2005/10/03 平成電電の破綻に思う

もし、お金はそれなりにあるけど金融リテラシーがない親世代、金融リテラシーはそれなりにあるけどお金がない20代・30代が、お互いに足りないところを補完しあえるなら、親子ともに幸せな将来が見出せるのではないでしょうか。
(お金がない親世代も、金融リテラシーがない子世代もいるので、一概には言えませんが…)
本書の小見出しにもありますが、「親の堅実な人生設計は、子どもにもメリットあり」ということだと思います。

とはいえ、いきなり親にお金の話を切り出すのは抵抗が……というかたもおられると思います。
本書では、どうやって話を切り出せばよいか、具体的なテクニックが書かれていて参考になります。こういう地に足の着いた生活感のあるアイディアは、個人的に好みです。
他にも、リバースモーゲージや相続についてなど、他のマネー本とはちょっと違った切り口の内容が新鮮でした。

ただ、その分、投資に関する部分の記述は最低限のものであり、本書だけですぐに始められるというレベルではありません。投資に特化した本をあわせて読んでほしいと思います。(巻末には「2世代マネープランをサポートする厳選の9冊」として、山崎元氏や橘玲氏、木村剛氏などの本が紹介されています)

皆さんも「2世代マネープランニング」にご興味があれば、手にとってみてください。
関連記事


  





コメント

親世代の金融リテラシーというと、うちの親のケースも該当しそうです。
最近ふとした拍子にわかったのですが、2007年に野村證券に勧められて、退職金を同社の組成した投資信託に投入していました。
・アジア好配当株投信 
・野村アクア投資Bコース 
・野村世界高金利通貨投信 
の3本です。
教科書に出そうなくらいの「設定初期の高値買い」で、基準価額は購入時の6割くらいになっていました。

プライドを傷つけて逆効果にならないよう言葉を選んで、山崎元さんの著書や本ブログを参考に、次のようにメールで勧めました。(考え方として正しいかちょっと不安でしたが)

=================================
リスク資産見直しのために、信託報酬の高い投信は順次解約していくことをお勧めします。

例えば、
 ・アジア好配当株投信
 ・野村アクア投資Bコース
の2本は、信託報酬だけでそれぞれ年間1.68%、1.155%かかって
いるようです。
(投信には通常その他にも「隠れコスト」と呼ばれる各種費用があり、それらを含めるとさらに手数料率が高いものと思います。)

現在の低金利下で、このコスト割合は、金融商品としての許容範囲を超えています。
言ってみれば、1.6%の金利で借りたお金で投資して利益を出そうとしているのと同じことになります。

購入時には3.15%の手数料がかかったようですし、解約時にも0.3%が取られるようですが、それでも早めの解約が合理的と思います。
(単純化していうと10年で元本の20%程度を手数料として払うことになりますので)

投資分野として、アジア株や海外株への分散はよいことだと私も思いますが、現在はローコストの投信やETFのラインナップも充実してきていますので、そういった商品への乗り換えを検討してはどうでしょうか。

また、
 ・野村世界高金利通貨投信
は債券型なので、信託報酬こそ上記より低いものの、0.96%程の信託報酬は、一般的なローコスト投信からみると倍です。

高金利通貨建て債券の期待リターンは、長期的に円債と同じというのがセオリーです。(国としての金利高は長い間には通貨安となって相殺されるため)
結局コストが期待リターンを上回ることになる商品だと言えるかと思います。

野村證券は非常に販売力の強い会社で、顧客に不利な商品も
きちんと売ってしまいます。顧客として対応するには手ごわすぎる相手かもしれませんので、お付き合いはほどほどがよいかと。(^^;)
===================================================

私の親も大半がバリュー「ワールド・リート・オープン」投資ですね(笑)
なるべく特別分配が少ない毎月分配を薦めている最中です。(グロソブと違い、プラスだからやめられないようです。)

ワールドリートオープン
目論書にある利回りが4.8%ぐらいで信託報酬引いて約3%。分配金が約18%でるなんて変。そして今は基準価格が底値に見えるけど、分配金再投資後で見るとそこまで安値ではなく中間。これは、分配金で調整して底値に見せてるんだよ。

分散投資
J-REITは利回り5%、株式は2.5%ぐらいで分配金は減る。
しかし、例えば今の局面では、株式(先進、新興、日本)と違う動きしてるのは、国内債権(↑)、J-REIT(→)、海外債権為替ヘッジ(↑)、新興国国債為替ヘッジ(↑)と実績を見せて

基本は長年付き添ったワールドリート(分配受け取り)で良いが、他の資産に分散した方が良いと説いて、他のノーロード毎月分配を紹介。

あ、毎月分配以外は完全拒否されました(笑

蛇足ですが、上の過程で、国内/海外債権を探す中で、明治安田円戦略債券ファンド(国内債権/海外債権為替ヘッジを戦略バランス投資)ノーロード、信託報酬0.525%!。とりあえず「その戦略、見守ろうじゃないか」という気になりました。

賃金大暴落時代が到来

この本は昨日届きました。
やはり、今の状況では賃金低下は避けられません。
年収200万円でもインデックス投資ができるようになると、いよいよ数の上では絶対数が多くなるので、より多くの要望が受け入れられるようになる他、年収200万円層が幸せになると言うダブル効果に期待しています。
親のすねをかじると言う表現がけしからん!と言う人もいるかも知れないですが、大家族⇒核家族⇒生涯独身によって生活コストが急激に上昇していきました。
親のすねをかじる事で生活コストを下げるのも視野に入れないと、これから賃金大暴落時代に生きていく事が難しい立場の人たちが沢山でてきます。
そこまで行かなくても結婚をするのも一策かも知れません。
この本はウォール街のランダムウォーカー以来の快進撃です。

書評ありがとうございました

水瀬さん

書評有難うございました。

もともとは、20代~30代の相談を受けていて、ライフプランニングを作成しても、もうほんとうにライフプランニングが1世代では成立しないところまで来ていますので、それに危機感を覚えて書いた本です。

読んでいただいた方からは、逆に水瀬さんのように金融リテラシーの高い方から

「(親の資産もマネジメントする)そういう考え方もあったんですね。」

という評価を頂いております。

私は、普通に親の資産も管理していたので、その点が評価されるとは思いませんでした。

運用に関しては、おっしゃる通りこの本の中では書ききれませんでしたので、しっかり勉強して取り組んでいただきたいものです。

4才の娘がいる息子ですが

金銭感覚ゼロ・・
一応夫婦とも公務員臨時雇われでWインカムですが、
臨時ですから来年はどうなるかわかりません。
家計は、それぞれ分担型のようですが今どきはそれが多いのでしょうか?
嫁さんの貯金は知りませんが、息子は何かにつけて親の支援をあてに
しています。
困ったものです・・

究極は


子が親の資産に口を出すのではなく、富豪のように世代を超えて資産を受け継いで管理していくという考えがあることがいいんでしょうね。子も親の資産をどう受け継ぐかを考え、親も子に資産をどう受け継がせるかを考える。

・・・と近年思っていることを書いてみました。

>さと ☆さん

よい娘さん(息子さん?)ですね。
親御さんがわかってくださるといいのですが、身内の説得はなにより難しいことも実感しているので、うまくいかれたことをお祈りしております。


>26さいさん

親に意見するのはなかなか難しいですよね。

「明治安田円戦略債券ファンド」は最初見た時「どうせファンドオブファンズ形式で実質コストが高いのだろう」とたかをくくっていたら、調べてみたらファミリーファンド方式でした。
低コストの債券アクティブファンドなので、今後の動向に注目したいと思います。


>タカちゃんさん

「2世代マネープランニング」は、かねてよりタカチャンさんが懸念されていた低年収世帯の処方箋のひとつになるかもしれませんね。


>小屋 洋一さん

筆者さん自らコメントいただきありがとうございます。
いろいろな立場の投資家に気付きを与えているみたいですね。
良書をありがとうございます。

投資については、「餅は餅屋で」がいいかもしれませんね(^^)


>貧乏神の母さん

水瀬家も共働きで、家計はお互いが生活費を拠出する形です。
会社の同僚に話を聞くと、旦那さんお小遣い制以外にも、こういう形の世帯もけっこうありますね。


>吊られた男さん

欧州のプライベートバンクなんかも、本当はコストやパフォーマンス云々ではなく、世代を超えて資産を保全していくことが主目的なのかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)