ダイヤモンド・オンラインの連載コラム第3回目公開。分散効果の有用性を伝えるために

ダイヤモンド・オンラインでの連載コラムの3回目が、本日公開されました。

ダイヤモンド・オンライン 金融のプロに騙されない等身大の資産作り
期待リターンは維持したままにリスクだけを低減できるのが分散投資のスゴさ
(2011/08/04)

リスクと期待リターンについての説明など、普段なんとなく使われている言葉の意味を整理しました。
地味ですが、大事なことなので丸々1回使いました。
この言葉が分からないと、「分散効果」の本当のスゴさが伝わりませんので…(^^ゞ

ご興味があれば、見てやってください。

P.S
今のところ「隔週木曜日更新」が守れています。今後もこのままの調子でいけるか!?
関連記事


  





コメント

骨のある内容でした

相当の力作で読みごたえがありましたよ。

かねてより期待(リターンとか)の「期待」に若干違和感を持ちます。
期待インフレ率なんていいますけど、期待=望むのニュアンス
なので、この分野で「期待○○」とくれば「予想○○」と読み替えれば
いいのかな?

>アラsixtyさん

語感的には難しいところですが、「期待リターン」の「期待」は、「予想」とも少し違っていて、論理的にいちばんありえそうな値……数学で言うところの「期待値」の「期待」だと思います。

実際のリターンは、大まかに言って(大まかだと言っておろうが!!平均値と最頻値は違うとかいうツッコミ却下)半分の確率で期待リターンを下回ります。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

梅ラン「期待リターンを維持したままリスクだけを低減できるのは分散投資」 だが、他にも方法が

ネタ元: Low-Volatility Investing with ETFs (Morningstar.com) 市場全体に分散投資しなくても、市場のうち、ボラティリティの小さい20%に投資するだけでも、同等のリターンを 得ながらリスクを3分の1に抑えられるというリサーチが、最近発表されています。 これ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)