「自分で選ぶ」目を養うしかない

現在の日本では、投信は資産形成手段として浸透していないという記事です。

YOMIURI ONLINE ランキングで読み解く投信
「資産形成」手段として浸透していない投資信託 (2011年8月4日)

もちろん、高齢者層で毎月分配型投信がフィットするというかたも多いとは思いますが、この記事が指摘しているように、株式投信の約7割が毎月分配型という日本の投信市場は、やはりちょっと普通ではないと思います。

一方で、資産形成層向けの投信、例えば、(1)ノーロードで、(2)低信託報酬で、(3)分配金はなるべく出さないといった特長を持つ投信がないのかと言えば、昔はありませんでした(キッパリ!)
でも、幸いなことに今はあります。
ただ、証券会社の儲けが少ないため積極的にPRされません。でも、倉庫の奥にはしっかりと存在していて、じわじわと純資産高を増やしています。

これから資産形成をしようというかたは、倉庫の奥に積んである自分に合った商品を、自ら取りにいく「姿勢」が必要だと思います。
それは、自分で勉強して、自分で調べて、自分で買いに行くということです。
他人からは、ろくな商品が運ばれてこないと考えた方がよいと思います。

その辺を何とかしてほしいと思っていたところ、ネット証券4社共同プログラム「資産倍増プロジェクト」というものが立ち上がり、資産形成層向けの正しい知識の啓発を期待していましたが、今のところ、むしろ逆の方向(高齢者層を取り込もうとする動き)が見え隠れします。提言はしましたが、今すぐには期待できそうにありません。

やはり、投資家自身がしっかりと自立しなくてはいけなさそうです。
記事は、『自分の方を向いていない商品や仕組み、金融機関の営業方針などに惑わされることなく、「自分で選ぶ」目を養っていくため、ちょっとだけでも自分なりの情報収集や勉強をこころがけてみてはいかがでしょうか』と結ばれていますが、大賛成です。

ただし、それは「教えてgoo」でいちばん儲かる商品をズバリ教えてもらおうとか、投資ブログの過去記事に書いてあることを調べもせずに質問して手っ取り早く教えてもらおうとかいうことではないと思います。そういう手の抜き方をしていては、身につくものも身につきません。

「自分で選ぶ目」を養うには、どうしたらいいか。
やはり、王道ですが、投資の良書と呼ばれる本を何冊か読み、実践する中で自分に合うか合わないかを試していき、その中で出てきた疑問や課題を丹念に自分で解決していく。
そんなことの繰り返しではないでしょうか。
関連記事


  





コメント

正しい理論を潰す方法は誹謗中傷と法律

「教えてgoo」も本家はOKWaveなんです。
「自分で選ぶ目」を養うと言うのは結構厳しい現実があります。
まず、良書は何か?から始ります。
最初に手にする本がガセ本で失敗に気づいた時には数年経っている事もあります。
2005年~2007年前半にかけて発生した高金利通貨バブル時に売れた本が「スワップ狙いのFX本」だったとも言われます。
結構、試行錯誤に信頼できる投資本を探している人はいると思います。
誰も本当の事は教えてくれないし、教えてくれる人は知識がなかったりと理由は色々です。
ですから、色んな弊害があって中々良書に出会えない場合が多いと思います。

OKWave辺りで正しい本当の事を書こうとすると、誹謗中傷などの被害が出て、結局は退会せざるを得ない場合があります。
正しい知識と理論を習得している人を簡単に攻撃する方法は法律や誹謗中傷などです。
いわゆる「営業妨害だ!」とか過去のデータで都合が良い事例だけを提示するなどが良い例です。
一時期、OKWaveの誹謗中傷が酷かった事がありました。

そんな理由から、正しい知識を身につけたい立場と正しい知識を教えたい立場が中々会えない現実があります。

僕の場合は、欲しいものを手にする為にあの手この手でやっています。
証券アナリストも二次レベルの勉強費用も確保したいです。
そんな訳で、色々悩んでいますが、証券アナリストで教える理論を手にしながら、もっと良い投資環境を手にしたいです。
最近はちょっとやり過ぎで、手が詰まっていますが・・・

これがひとつのきっかけになれば

もうご存じかもしれませんが、昨日の日経朝刊にマッチング拠出が来年解禁になると書いてありました。少しずつですが、身近な存在になっていけば、変わるかなと期待したいですね。

ネットのQAサイトの大半はネタのようなとんちんかん発言を見て楽しむものだと思ってます。
ごくまれにまともなものもあるにはありますが、誰も内容に責任もってくれるわけでもありませんし。

あれこれ

良書求めて散財しているクチですが同時にもっとモーニングスターや
投信まとなびとかを使いこなさなきゃと焦っている日々です。
本日も下がっているでしょうが絶対慌てない覚悟をしているのは「敗者
のゲーム」のおかげです。

いやぁ、耳の痛いところです。

ただ、日本で金融教育が行われていない現状を考えると、
どうにか教育システムを変えないといけないと思います。

投資は自己責任とはいえ、みんな最低限の知識くらいは持っているという前提の上での競争でないと不公正だと、個人的には思います。

>タカちゃんさん

良書が分からなければ、乱読することです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1782.html
図書館を使えばお金はかかりません。

教えてgooやOKWaveを否定するつもりはまったくありません(実際、日常の細々とした知識ではお世話になっています)が、そういうところで手っ取り早く正解(みたいに見えるもの)を得ようとする態度は、こと「投資」においてはあまり良い結果を生まないのではないかと思う次第です。

回答者がいくら誠実であろうとしても、アンチの考えを持つ投資家や利益相反する業者は必ずいますので、そういうコメントを一切排除することはできないかもしれません。


>胴長兄ちゃんさん

あれはいいニュースですね。
個人が、真剣に資産運用に取り組むきっかけになり得ると思います。
実際は、「よくわからないから定期預金型」という人も多いようですが…(^^;


>あのにますさん

ごもっとも。
あなたはシニカルな意見に関しては天下一品ですね。
たまには建設的な意見もお聞かせください。


>NITTAさん

投資の名著を何冊か読んで軸となる考えが出来上がれば、あとはエンタメ気分で投資本を読む程度でもいいのかなと思います。
モーニングスターも投信まとなびも見ないよりは見た方がいいのでしょうが、程ほどにどうぞ。


>しゃかりきさん

仰るとおりで、金融商品の販売側と投資家側で情報の非対称性が大きく、そこが販売側の利益の源泉になっているという現状は、これでいいはずはありません。

私は自分がよいと思う方法(ブログや本やオンラインコラム等)でこの問題に取り組みますが、投資家側も自助努力が必要だと思います。
欲しい情報をすぐに教えてくれる「相手」を探すことではなく、「自分」で解決する方法を身につけなければ、いくら良質な情報が世の中にあふれても、結局は改善されないと思います。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1780.html
に書いたように、売る方も売る方ですが、買う方も買う方です。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)