「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を実行

水瀬ケンイチ

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を、本日8月8日に行ないました。
<ご参考>ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

政府・日銀の為替介入もむなしく、再び円高・株安が進んでいるようです。
先週末には世界中の株式市場に関して、「暴落」「急落」という文字がニュースで躍っていました。
今日も朝から不穏な空気が漂っていましたので、早いかもしれませんが、今月はここら辺で投資してみました。

積み立て投資信託は、以下の4本です。



CMAM 日本株式インデックスe
CMAM 外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
※上記ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「Vanguard Total Stock Market ETF」(VTI)、「iShares MSCI EAFE Index Fund」(EFA)、「Vanguard Emerging Markets ETF」(VWO)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

相場が低調な時こそ冷静に、淡々と行動します。
ひとたび冷静さを失うと、「感情の罠」に嵌ってしまいます。
先人の教えでも、私の拙い経験でも、感情的になって行なった売買は、後から考えると大抵失敗しています。

ゆったりと愚直に資産運用を継続していきたいと思っております。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ