「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を実行

「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」8月分の投資を、本日8月8日に行ないました。
<ご参考>ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法とは?

政府・日銀の為替介入もむなしく、再び円高・株安が進んでいるようです。
先週末には世界中の株式市場に関して、「暴落」「急落」という文字がニュースで躍っていました。
今日も朝から不穏な空気が漂っていましたので、早いかもしれませんが、今月はここら辺で投資してみました。

積み立て投資信託は、以下の4本です。

CMAM 日本株式インデックスe
CMAM 外国株式インデックスe
eMAXIS 新興国株式インデックス
※上記ファンドは、投資額が積み上がった段階で、適宜、更に低コストの海外ETF、「Vanguard Total Stock Market ETF」(VTI)、「iShares MSCI EAFE Index Fund」(EFA)、「Vanguard Emerging Markets ETF」(VWO)へ乗り換えます。(最近ごぶさたですが)
MHAMのMMF

相場が低調な時こそ冷静に、淡々と行動します。
ひとたび冷静さを失うと、「感情の罠」に嵌ってしまいます。
先人の教えでも、私の拙い経験でも、感情的になって行なった売買は、後から考えると大抵失敗しています。

ゆったりと愚直に資産運用を継続していきたいと思っております。

関連記事


  





コメント

早い!

今月は早いですね!
まあ、月末には回復してそうですからね。

水瀬さんの積立ては、いつも月末ぎりぎりのイメージがありましたが、
早いですねえ!。

こんなときは不安と冷静に向き合うしかないんですかね。

水瀬さんは一切不安にはならないんでしょうか?

参考になります。

はじめまして、クガイといいます。
誰もが浮き足立つ時に、この冷静な投資!
証券業界で働いているのですが・・
私のお客さんに見せたいです(笑)

永久に下がる相場なんて過去に聞いた事がないですから・・

はじめまして。
ヤマゲンさんと水瀬さんの本を読んで、コツコツ投資を初めて4か月目に入ります。
先月までは楽天証券CMAMで日本株(TOPIX):世界先進株(MSCIコク)=4:6で買っていましたが、今月からeMAXISで新興国株を加えて日本株:世界先進株:世界新興株=3:5:2とかにしてみました。

楽天証券を選んだのはCMAMが使えて銀行から楽天カード経由で引き落としが出来ることです。楽天カードは迷惑メールのイメージがありますがすぐに明細メールが来るなどきめ細かいサービスで意外とお気に入りです。

手動でETFを買うのはやはり面倒くさいので投信で買いたい、買って応援したいと思っています。

インデックス投資は暴騰はお金が増えるからうれしい、暴落もいっぱい買えるからうれしいという話ですが、こう暴落するとやはりソワソワしますね(^^;

それで思ったのですが、投信積立って月単位ですけど、もし月末に暴騰して月中は暴落するような流れがずっと続けば、やはり損をし続けるのでしょうか?
であれば、資産を30分割して毎日手動でETFを買うのがいい?(^^;

あと、債券も株式も暴落しているんですが、お金はどこに行くんでしょうか? コモディティ? それとも世界中でタンス預金をしている??

素人の質問ですが、ご教示願えると幸いです!

今回の暴落では、資産の大半をインデックスファンドにつぎ込んでたので心が折れそうになりましたが水瀬さんの積み立て実行記事を読み励まされました。しかし長期投資終了間際に、こんな暴落に見舞われることを想像すると恐ろしいので出口戦略は追々考えていこうと思います。このまま売却や積み立て停止しても、震災の時のように外資にハゲタカのように買い漁られるのが目に見えているので、私も愚直に投資継続を行おうと思います。

相場が下がってるときのほうが 喜んで買えますね^^;
逆に 上がってるときには怖くて買えません(笑)

ただ、こういえるのは継続運用で本業の収入から投資資金を
作ってるからなんですよね。 取り崩す世代になったときに
どういう心理状態になるかは そのときにならないと分からない
ですが それも淡々と出来ればGOODですね

3時ごろ書いたものです。
連投スミマセン。
「一ヶ月の中での上がり下がりをどうするか」っていう話では、このコメントの元エントリの「ちょっと投資心をくすぐる方法」がそのものズバリですね。
どうもスミマセン。。。
心理的コストが増えるか減るかわかりませんが、ちょっとマネしたいと思います。

別エントリにあるaegisさんの「ゲーム理論における「最適停止」」も面白いですね。
基本はコツコツで、いろいろ探ってみようと思います。

>しんでぃドリフトさん

たまには早めに投資してみました。


>世界のREITさん

基本的に退屈対策なので、月末になることが多いです。
(その方が退屈しのぎの時間が長くとれるので)


>山田さん

それは投資法によるのではないでしょうか。
不安になることもありますよ。そんな時は、こういう工夫をしてやり過ごしています。
売らずに我慢するテクニック http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-category-2.html


>クガイさん

自分で決めた投資法を淡々と実行しているだけですよー。


>おはなみさん

>>もし月末に暴騰して月中は暴落するような流れがずっと続けば

そのような傾向は聞いたことがないので何とも言えません。

>>資産を30分割して毎日手動でETFを買うのがいい?

別にドルコスト平均法は月ごとと決められているわけではないので、お好みでどうぞ。
実際に毎日投資しているかたもいらっしゃるようですよ。

>>お金はどこに行くんでしょうか?

存じません。
基本的に、お金の流れを追いかけていくのではなく、広く網を張って待っている投資法ですので。


>コツコツ人さん

何かのお役に立ったのであれば幸いです。
ただ、言わずもがなですが投資判断は自己責任でお願いいたしますね。

出口戦略の検討も大切だと思います。


>宮さん

仰るとおりだと思います。
取り崩す世代になることも考えて、アセットアロケーションをリスク低めに変更していく等の対処が必要になってくると思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)