書くことによって人間関係が広がる

水瀬ケンイチ

ブログを書いていると、書くことによって人間関係が広がってきたなぁと実感します。

ブログを書き始めて最初の数ヶ月は、虚空に向かって独り言を呟いているだけという感覚でした。
でも、頭の整理になるし(前回の記事参照)、備忘録にもなるので、まぁいいかという感じでこつこつ書き続けました。
長く書き続けていると、だんだん読者のかたが増えてきて、反応が返ってくるようになりました。

まず、コメント・トラックバックがつくようになりました。
次に、同じ志のブログと相互リンクを張るようになりました。
そして、実際にお会いましょうという話になりました。いや、自分から声掛けしたのですが…快くお受けいただけるようになったということで。
そのうち、雑誌や新聞から取材が来るようになりました。
こちらから証券会社を取材したこともありました。まさか本当に受けてくれるとは。
ついには、運用会社や証券取引所から意見交換の依頼が。
挙句の果てには、一緒に本を書こうというお話まで来ました。

気づいてみると、人間関係がとても広がっていました。
深夜まで飲んだくれる気の置けない仲間から、会うと思わず背筋が伸びる業界の大物まで、関係はいろいろです。
でも、いずれも、もしブログを書いていなかったら決して出会うことはなかった人たちです。



やはり、ポイントは受信(読む)だけでなく発信(書く)ということなんだろうなぁと思います。
自分がこつこつ書いていたちっぽけな情報が、ネットというワイルドな流れに乗って増幅され、どこかで何かの化学反応でも起きたのか、予想もしなかった出来事が起きて、それとともに人間関係が(ネットでもリアルでも)広がっていく。
普通のサラリーマンに過ぎない私にとって、こんなに面白いことはありません。

この面白さにすっかりはまってしまい、ブログは私のライフワークになりつつあります。
皆さんも、何か思うところがあれば、ぜひ世の中に向けて発信してみてください。
何が起こるか、誰にも予想はつきません。

P.S
ただし、情報発信は継続することが大切だと思います。
自分の場合、反応はごくゆっくりと起こり始めて、ある時を境に急展開していきました。
最初の孤独な数ヶ月でやめてしまっていたら、きっと何も起きなかったでしょう。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ