国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離問題」がまた元通り?

上場以来、個人投資家の期待を集めながらも、ETFの基準価額と市場価格の乖離の大きさが課題と言われてきた国内ETFの「上場MSCIコクサイ株」(1680)・「上場MSCIエマージング株」(1681)の乖離率がプラスマイナス0付近まで縮小したという記事を4月下旬に書きました。(参考記事

その後の動向をウォッチしていたのですが、ここで一旦再整理しておきます。
以下が、「国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率」の推移を表したグラフです。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離率

あらら…。
11年4月にプラスマイナス0付近にまで下がっていた乖離率が、再び拡大しています。
以前の記事の繰り返しになりますが、ETFの基準価額と市場価格の乖離は、出来高不足とか、先物中心の運用では裁定が働きにくいとか、マーケットメーカーの意向が関係するとか、海外資産対象のETFの場合は、原資産と為替の価格評価時点のズレがあるために乖離率はどうしても発生するとか、様々な要因が複雑に絡み合っているようです。
その乖離率のうちどの要因がどれだけプレミアム(ディスカウント)要因になっているのか個人投資家側では判断がつきません。

しかし、複雑な要因により乖離があることは許容したとしても、それが常にプラス圏(プレミアム状態)で推移し続けているというのは何かがおかしい。個人投資家にとって、不利益になる大きな何かがあると考えていいと思います。
ごくシンプルに考えれば、いろいろあって乖離はするが、それは長い目で見て0をまたいでプラスマイナス0付近を行ったり来たりするのが自然ではないでしょうか。

1680と1681に関しては、4月にやっと自然な乖離レベルになってきたのですが、残念ながら定着しませんでした。
逆に、5月は1550が乖離率を縮小してきて、1680といい勝負になってくるかとも思われたのですが、8月はともに乖離率を拡大する結果になっています。

国内ETFは、海外ETFと比べてコスト面と利便性でポテンシャルは高い(関連記事)ので、期待はしているのですが、個人的には残念な結果です。

国内ETFの基準価額と市場価格の乖離は、低コストを志向する個人投資家にとって重要なポイントなので、これからも注目していきます。
しばらくしたらまたご報告したいと思います。

<追記>2011/08/18
現役ファンドマネージャーのActiveIndexさんからトラックバックをいただきました。
プロの考察、必見です!
http://activeindex.blog101.fc2.com/blog-entry-19.html
関連記事


  





コメント

8月は相場が大きく上がったり下がったりしたときに押し目買い的な寄り付き成行ががばっとはいったりして乖離率が広がったまま放置されているようですね。
一応マーケットメーカー的な板は入っているのですが、やはり流動性が低いとブローカー側としてもビッドアスクを開きがちになってしまうようです。
基準価格と上場取引値は違うと言っても原資産の裏付けによる適正価格が存在するっちゃするので、できるだけ実勢値に近づけたいのですが・・・・頭の痛いところです・・・。

海外のマーケットメーカー専業の会社の動きなども活発になってきており、改善が期待されるところではあります。

なるほど。

ActiveIndexさんのコメントで凄く納得しました。

相場急落時の成り行き買いが
乖離率を拡大させる主要因ですか。

実は当該ETFを月額指値で毎月購入しているのですが、
乖離の問題については確かに「なぜだろう?」と考えていました・・

出来高の「波」の要素もあるかとは思いますが、個人的には
ドル円の為替値動きに少し遅れて引っ張られているのかな?
と思っています。
USD-JPY1年チャートを「逆さまに」見ると、
まったく同じではないにしても動きは似ているのかなと。。
もちろん、数値を当てはめて正確に見比べてはいませんが。

USD-JPYの値動きイコール米国、日本の金利差にも相関性は
あるのかも知れませんね。

ただそれだけだと乖離率が「0%」に近づいたり離れたりする事への
説明がつかないんですよね。

難しい・・

とりとめの無い文章で失礼しました・・

我慢できる乖離、できない乖離

基準価格と市場価格の乖離を単純化して次のように解釈するのは間違ってますか?

a)常に一定のプラスの乖離状態:不透明な胡散臭さは残るものの、反対売買で清算時(出口)にもプラスの乖離であれば許容できそう。(金現物取引のプレミアム価格にイメージが重なる)

b)常にマイナスの乖離状態:過去データでは現出していないが、もしこの状態でも出口での事情はaと同じ。

c)乖離が0(ゼロ)、若しくは0近辺での行ったり来たり:ETF参加者にとっては理想的でしょうが、所詮需給で決まる市場価格は「常に合理的」とは限らないので、cの状態が長期に亘るとは考えにくい。

d)乖離がプラスにもマイナスにも大きく(個人的には±2%が許容限度)振れる:参加者にとっては最悪のパターン。dの銘柄には付き合えない。

ETFをお試し段階から本格バージョンに移行途中ですので、上記へのコメントをお願いいたします。

プラス乖離の理由

 一般的に貸株が行いにくいETF銘柄の場合は、マイナス乖離の時はETFロングなので、裁定が行えるのですが、プラス乖離の時はETFのショートセルが行えないので裁定が働きにくくなります。
 このため、プラス乖離が常態化するのです。プラス乖離が拡大する理由にはなりませんが、ご参考に。
 以前日興のパンダが上場したときは貸株レートが跳ね上がったという話を聞きます。

1557 SPDR S&P500 ETF

最近1557 SPDR S&P500 ETFに注目していますが、水瀬さんの評価はいかがでしょうか?

>ActiveIndexさん

ナイストラックバックありがとうございました。
記事本文にも追記しておきました。
閲読推奨!


>楽天家業さん

トラックバック記事もぜひ読んでみてください。
より詳しく解説されています。


>ぽっぷMAXさん

日米の金利差に相関ですか。
さて、それはどうでしょう…


>アラsixtyさん

インデックス商品は、インデックスに連動することを目的とした商品です。
市場価格・基準価額ともに、ベンチマークのインデックスからの乖離は0が好ましく、誤差は小さければ小さい方がよい。それが原則です。


>ななしさん

そういうこともあるのですかね…


>novaxrayさん

novaxrayさんはどう評価されているのでしょうか?

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

ETFの基準価額と実勢値のスプレッドについて

国内ETFの「基準価額と市場価格の乖離問題」がまた元通り? -梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記) まいど水瀬さんところからネタ引っ張ってきてるだろお前っていうのは置いて...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)