たまにはアクティブファンドのお話も。JFザ・ジャパン

たまにはアクティブファンドのお話も。

今日の日経新聞夕刊5面に「JFザ・ジャパン」(JPモルガン・アセット・マネジメント運用)が取り上げられていました。
上記日経記事では、「ベンチマークを上回り続ける投資信託はほとんどない。投資コストがかさむなどの理由で、アクティブ運用の投資信託が敬遠され、インデックスファンドへの資金流入が多い日本株ファンド。だが詳細にファンド内容を分析すると、運用履歴が10年以上あるロングセラーファンドの中にも、ベンチマーク(TOPIX配当込み)を凌駕(りょうが)し続けるファンドはある」と紹介されています。

モーニングスターで概要を見ると、販売手数料は主要ネット証券で1.05%、信託報酬は年率1.78%、隠れコスト等を含めた実質コストは年率2.50%、信託財産留保額は0%です。
国内小型グロース型に位置づけられており、組み入れ銘柄数は65銘柄。
記事によると、過去1ヶ月から設定来までどの期間でもベンチマークのTOPIXを上回り続け、1999年12月の設定来ではTOPIXを145%上回っているとのこと。

さて、このアクティブファンドをどう見るか?

まず、コストの面から見て、信託報酬が年率1.78%、実質コストが年率2.50%という時点で、私の選択肢からは、いきなり外れてしまいます。
10年間保有していると、コストだけで投資額の4分の1(25%)が持っていかれてしまう計算になります。

しかしながら、その高いコストを払った後でもTOPIXに10年以上勝ち続けている(投信の基準価額は信託報酬を日々引いて算出されています)というのは、素直にすごいと思います。
1999年設定ということは、ITバブル崩壊、ライブドア・ショック、リーマン・ショック、東日本大震災、そして現在の世界同時株安を経験していることになります。
いやいや、なかなかどうして。

ただ、過去の実績が今後も続くかどうかというと、これは何とも言えません。

特に、直近の運用報告書(2010年12月14日決算)によると、「JFザ・ジャパン」のマザーファンドの売買回転率はなんと580%です。
売買回転率100%でファンドの構成銘柄が1年間で全て入れ替わったと考えられます。
つまり、このファンドは1年間でファンドの構成銘柄が5回転以上入れ替わっているということです。
今日のファンドと2~3ヶ月後のファンドはまったく別のファンドかもしれません。
今後も好パフォーマンスが続くかどうかは、個人的には、ちょっと流動的だと感じます。

いや、この頻繁な売買手法こそが好パフォーマンスの秘訣ではないかと思うかたもいらっしゃると思います。
それを信じられるならアリかもしれませんが、投資家の信頼を得るにはせめてファンドマネージャーくらい運用報告書で明らかにしてほしいと思うのは私だけでしょうか。

まぁ、それでも私が保有している日本株アクティブファンド「MHAM株式オープン」よりは遥かにマシかもしれませんが…(^^;
JFザ・ジャパン、MHAM株式オープン、TOPIXの比較
(赤線がJFザ・ジャパン、青字がMHAM株式オープン、緑字がTOPIX)
関連記事


  





コメント

検証はしていませんが、日本の株式相場は低迷相場だったので、バリューが有利に働いている・・・という要素はあるかもしれません。
MSCIアメリカなどを見ると基本的にはバリュー優勢ですが20年ではバリューとグロースのパフォーマンスが一緒でした。(参考:私のインデックス)
とは言え、30年ではまたバリュー優勢(ハイリスク・ハイリターン)なので、単純にバリュー株は強いということ?

>運用履歴が10年以上あるロングセラーファンドの中にも、ベンチマーク(TOPIX配当込み)を凌駕し続けるフ>ァンドはある
上記のファンドは、市場別構成銘柄で東証一部が60%(大型株はなし)に対してベンチマークがTOPIXというところがみそですか。
日本株の過去リターンは、小型>日経225>TOPIX>大型なので妥当ですね。
とはいえ、2009年度からの上昇は何かヒットしたのかなと思います。確実に良い投信。

>投資コストがかさむなどの理由で、アクティブ運用の投資信託が敬遠され、インデックスファンドへの資金流>入が多い日本株ファンド。
こちらは納得です。安定的にベンチマークを上回る高配当投信郡が上位来ないのは疑問。

しかし、海外株式では上位に高配当投信と個別国。海外株式もインデックスが出るのが遅かっただけでそのうち同じようになるのでしょうか?

凄いパフォーマンスですね! 真面目に仕事をしているファンドマネージァーもいるのだなぁ~と感心してしまいました(笑)
素直に評価したいファンドですね!

バイアンドホールドと完全に対局にあるファンドですね。10年以上無敗だし、もしかしたら一般人には見えない何かが見えているのかもしれません。でも私は相対的に有利なインデックスでないと自分のお金は使えませんね。

>吊られた男さん

いやいや、このファンドはバリューというよりグロース型ですよ。


>26さいさん

それが、TOPIX・JASDAQ・JFザ・ジャパンを並べてみてもこうなんですよね。
http://bit.ly/pWOPTl


>クガイさん

好パフォーマンスが、ファンドマネージャーさんの力なのか、運用の仕組みの力なのか、何が奏効しているのかが分かると、投資家もより安心できますよね。


>ビビンバさん

まさにバイ&ホールドと対極、でも好成績。
今後の研究対象に加えたいと思いました。

確かにバリューではないですね。成長もバリューも追いつついいパフォーマンスを残しているというファンドですね。
依然調べた時に見た「市場が株価に織り込んでいない企業に投資」という言葉が頭に残っていました・・・

グラフを拝見してさらに凄さが増しました。

過去の運用報告書みても大型株を組み入れていた時代(2007年期首)もあったようですし、機動的な運用しながらこの成績、ヘッジファンドみたいです。

バンガードに面白い事例が・・・

バンガードのニュースレターに面白い物があります。
https://www.vanguardjapan.co.jp/content/articles/column/columns-49.shtml
これを見ると、小型株グロースがインデックスに負けた割合は49%(51%はアクティブが勝利)の結果になっています。
他のカテゴリーではアクティブは負けが多く発生しているので、米国の事例では小型株グロースがアクティブ運用に一番フィットしている物と見られます。

これはあくまでも米国の株式型投信のカテなので、日本市場とはちょっと違いますが、僕の考えでは小型株プレミアムと市場があまり効率的ではない点が「JFザ・ジャパン」のプラス要因ではないかとみています。

>吊られた男さん

グロースの成績が良いという局面をあまり体験したことがないので、意外な感じはします。


>26さいさん

投資判断は自己責任でお願いします。


>タカちゃんさん

米国はともかく日本では、バリュー効果・小型株効果も、常に有効というわけではなく、ある一定期間で有効というものだと思います。
潮目が変わる時をを見極められないといけないので、バイ&ホールド派にはちょっとしんどい感じはします。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)