長期の運用実績が求められる日本の投信、インデックスファンドの場合…

偶然だと思いますが、モーニングスターとYOMIURI ONLINEで同じような主旨の記事が出ていたのが目に留まりました。

■モーニングスター アナリストの視点(ファンド)
2011/08/25 長期の運用実績が求められる、日本の投資信託市場
■YOMIURI ONLINE ランキングで読み解く投信
2011/08/25 一目瞭然の新投信重視の風潮

アプローチは違いますが、要するに、日本は新規設定の投資信託ばかりが売れて、長期の運用実績があるファンドが少ないということのようです。
一般論で言えば、長期投資に耐えうる投資信託が育っていないということは、残念なことだと思います。

ただ、インデックス投資家としては、ちょっと考えてしまいます。
というのも、インデックス投資の場合、投資信託はインデックスファンドということになりますが、マトモに投資できるインデックスファンドシリーズが揃いだしてから日が浅く、まだ過渡期であると思われるからです。

もちろん運用実績は短いし、純資産もまだ大きくない中、コスト競争は盛んです。
インデックスファンドの場合、信託報酬の低さが問われるわけですが、数年前の年率1%台よりは下がってきたものの、現時点では年率0.4%~0.6%程度と、まだDC専用ファンドやETF(年率0.1~0.2%台)ほどには下がっていません。
より信託報酬が低いインデックスファンドが新たに出てくれば、乗り換えるインデックス投資家も出てくるでしょう。

また、手間さえ惜しまなければ、インデックスファンドから国内ETFや海外ETFにリレー投資することが、コスト低減に有効な状態でもあります。
理想を言えば、インデックスファンドの純資産が拡大して、ETFにリレーなどしなくてもよいくらいに信託報酬が下がってくれるのがいちばんです。
米国バンガードのインデックスファンドもそうした歴史を経て、現在の超低コスト運用にたどり着いています。
でも、純資産の拡大と信託報酬の値下げは、鶏が先かたまごが先かというお話になってしまいます。

もっとも、最近は、リレー投資や分配金再投資やリバランスの手間を考えれば、今のインデックスファンドの信託報酬レベルで十分だと考えるインデックス投資家も増えてきているようです。
そして、インデックスファンド・国内ETF・海外ETFには、それぞれ一長一短があり(関連記事:インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較)、投資家が自分のスタイルに合わせて商品を選ぶ(選べる)環境にあると言っていいでしょう。

投資家層が広がり、自らの判断でインデックス商品を選択した結果、自然にインデックスファンドの純資産が拡大し、それとともに信託報酬の引き下げが行なわれるようになると、とてもよいと思います。
それまでは各自のスタイルでごちゃごちゃやっていきましょう。

関連記事


  





コメント

日本で投信の長期運用が難しい理由

日本で投信の長期運用が難しい(=新規投信が多い)理由を考えてみると

・投資家にはホームカントリーバイアスがあり、自国の株価水準に意識が行き易い。(世界分散投資なんて、その手の本でも読まないと、なかなか自分からは発想できないと思う)

・日本の株価はここ20年ぐらい一貫して右肩下がり

・長期運用している投信はリターンも右肩下がりになる可能性が高い。

・リターンが右肩下がりの投信は売れない(売り難い)。その為、過去の不都合な成績をチャラにするには、新規投信を設定するしかない

・成績の冴えない既存投信から、新規投信に乗り換えるのは、顧客も気分一新になる。(実績のない事が、逆に期待を膨らませる要因になる)

・回転売買は投信の販売サイドにとっても手数料収入の増加=利益アップとなる為、都合が良い。

初心者向けのインデックスファンドに期待したいです

インタラクティブ・ブローカーズ証券に口座を持つようになってからはバンガードETFを買いあさっています。
勿論、米国株のアクティブ運用でS&P500超過リターンに挑戦なんて事もやっています。
問題は税金の処理の関係の書類をどのように作るかがまだ分からないので、そこは日本人スタッフの人に聞きながらやっていきたい考えです。
それにしてはIBで買えるバンガードETFの信託報酬の安さやラインナップの良さには感動しています。
税金の書類作成の問題さえ解決できれば、更に信託報酬が下げられるので、「インデックスファンド VS 国内ETF VS 海外ETF」がヒートアップしそうです。

でも、初心者にとって取っつき難い海外ETFよりは、1000円から積立できるインデックスファンドの方に是非、信託報酬が下げられるだけの純資産が集まって欲しいと思います。
時間はかかると思いますが、投信会社や我々が地道に活動していくしかないと思います。

>より信託報酬が低いインデックスファンドが新たに出てくれば、乗り>換えるインデックス投資家も出てくるでしょう。
でも実際は、信託報酬が安いニッセイ日経225インデックスファンド(設定来で日経225より7.5%↑)はDC専用ファンド並みの0.2625%ですが、純資産額が0.54%ぐらいの同じ日経225インデックスファンドに純資産額で完敗の状態が続いているようじゃ他証券会社も2の足を踏みますよね。

既出の高い信託報酬のインデックスファンドを続けても一定の顧客の満足を得ることができて、証券会社は安定利益を確保できるという事ですから・・・。

問題は投資家にもあるということですが、
証券会社にも破壊的イノベーションを起こすつもりで頑張って欲しいですね。

>hinoさん

全部ごもっとも。だと思います。


>タカちゃんさん

インデックス投資の信託報酬が下がるのが先か、海外ETFの特定口座対応が先か、国内ETFの市場価格と基準価額の乖離解消が先か、三つ巴の戦いですね。


>26さいさん

売れているインデックスファンドが、常にその時点で最も低コストの商品であるとは限りません。
日々、インデックス商品の動向をウォッチしている我々が異端なのであって、大抵のインデックス投資家はそういうセカセカしたことをしたくないからインデックス投資をしているのだと思います。
なので、その移行はゆっくりとしたものです。
ただし、後から入ってくる(今と比べ物にならないくらいのボリュームの)投資家層は、その時の最もよいものを選ぶ可能性が高いと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)