投資信託を活用した長期分散投資に「根性」は不要か?

面白い記事があったのでご紹介します。

All About マネー × Yahoo! ファイナンス
体育会系の資産運用にNO!マッチョ思想はいらない

リード文は、「投資を勉強していると「精神論、マッチョ思想」によく出くわします。根性とか才能とか努力とか苦労して覚えろとか、投資に精神論や体育会系のマッチョ思想を混ぜる人は、おおむねウソです」とのこと。

「体育会系のマッチョ思想」というのがいまいちピンと来なかったのですが、「才能」「努力や根性」「疑問をもたず、真似る」ということを強いる思想ということのようです。
記事の後半では、筆者の専門である401k(確定拠出年金)教育の現場の話が出ています。
そこでは、投資信託を活用した長期投資、毎月の積み立て投資、リスク低減のための分散投資が教えられています。

記事の趣旨には概ね賛同します。
ただ、実際に、投資信託を活用した長期分散投資・積み立て投資を実践している身としては、少し思うところがあります。

それは、長期間資産運用を継続するには、それなりの「根性」みたいなものが必要ですよ、ということです。

個人の資産運用では、市場暴落時に辛くなって、当初の意に反して資産を売却したり、積み立てを停止してしまったりする人をよく見かけます。
401k(確定拠出年金)であっても、市場暴落時に、資産の売却まではできなくても、当初の意に反して拠出額を減らしたり、拠出割合の変更(預金への過度の移行)等をやってしまうことはありえます。

また、逆も然りで、市場暴騰時に、浮かれて分不相応に拠出額を増やしたり、リスク性資金への過度の移行をしてしまうこともありえます。

個人の資産運用より401kの方が機動性がないので、衝動的な行動は取りづらい反面、一度動いてしまうと軌道修正しにくい(拠出額の変更は年1回、拠出割合変更は3か月に1回程度)ので、実は、より注意が必要なのではないかと思います。
長期間資産運用を継続するには、少しの忍耐力は必要で、それは「根性」とほぼ同じ性質のものでしょう。

とはいえ、おそらく筆者が言いたいのは「程度問題」だと思いますので、投資信託を活用した長期分散投資・積み立て投資というのは「過度の努力」や「過度の根性」を強いるものではないですよ、ということは付け加えさせていただきます。

<関連記事>
2011/05/09 インデックス投資への「過剰期待」と「過小評価」 その1
関連記事


  





コメント

ある程度の努力と忍耐力は投資には必要

僕も「過度の努力」や「過度の根性」を強いる事は良くないとは思っていますし「受講者に才能を求めることは論外」と言う部分は賛成です、しかし、現実的な投資家の姿は「ある程度の努力は求められる」と思います。

401Kや投資信託の場合だと基本的には自己責任ですが、自分の投資対象が全く分からなくてQ&Aサイトで投資判断を仰ぐと言うやり方は回答者によっては危険な回答を書く場合もあります。
ある投信の基準価額の下落の大半は分配金なのに、そこに気がつかないで基準価額の回復の見通しを聞くと言うのはどうなんでしょうか?(勉強不足だと思います)。

それから「根性」と言う言葉は投資にはなじめないような気がします、「忍耐力」の方が投資にはマッチしそうな感じがするからです。
自分に忍耐力が備わっていないと思うのならば、元本保証の定期預金などをお勧めしたいです。
投資は万人向けとは考えていませんし、仮に401Kをやったとしても元本割れで夜も寝られない人にリスク商品は流石に無理なので、401Kにも定期預金が用意されているので、それで十分だと思います(特別法人税による元本割れは自己責任ですが)。

合理性と非合理性

 投資で重要なのは合理性。しかし折角の合理性も、それを実行する人間が不合理な行動を取るので、結局は不合理性(=メンタル面)への対処も必要になるという事かなと。

 ダイエットが体に良い(合理性)と分かっていても、ついつい先延ばしにしてしまう(非合理性)のを、どうしたら克服できるのか、みたいな。もっとも巷にダイエット本が溢れている様に、この問題も解決するのは難しい様ですが…。

 この辺の話は、合理的経済人を前提とする伝統的経済学と、人間の不合理性に着目する行動経済学のスタンスの違いみたいで、興味深く思います。

私は根性は必須だと思います。私は市場急落時に内外株式ETFを数千万単位で一気買いしたのですが、ここ最近の変動では1年間汗水垂らして働いても貯めたこずかい以上の変動は日常茶飯事ですのでさすがに気になりあの時売り抜けたら100万くらい浮いたなとか変な想像をしてしまいます。ドルコストの理想は、ずっと不景気が鍋底のように続きリタイヤ直前に急騰が理想ですが、ほとんどの人が上がって含み益が出れば嬉しくなり下がればがっかりするという目先の変動を実は気にしている人がほとんどだと思います。あと投資信託はETFのように日中の価格変動などがない分精神衛生上良いですね。

>タカちゃんさん

ある程度の努力と忍耐力は投資には必要というのは同感です。
ただ、記事の筆者が言いたかったのはおそらく、投資信託を活用した長期分散投資は「他の投資法と比較して」努力も根性も要らないということではないかとも思います。


>hinoさん

401kといえど市場は上がったり下がったり忙しいので、やはりメンタル面のコントロールは必要になってくると思います。
あるいは、運用していること自体を忘れて仕事に没頭できる「スルー力(りょく)」が試されるのかもしれません。


>一気買い男さん

>> 市場急落時に内外株式ETFを数千万単位で一気買いした

それは、引用コラムや本ブログ記事で言っている「投資信託を活用した長期分散投資・積み立て投資」とは根本的に違う投資法です。
ド根性が求められるのは当然かと思います(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)