国内ETFと海外ETFの比較記事に欠けている重大なポイント

水瀬ケンイチ

ダイヤモンド・オンラインに、「国内ETF VS 海外ETF」という記事が出ていました。

ダイヤモンド・オンライン ダイヤモンドZAi 注目記事!
2011年9月1日 国内ETF VS 海外ETF

記事では、コスト・指数との連動性・取引時間について比較し、どちらかというと海外ETFに軍配を上げているトーンで書かれています。
概ね同感であり、実際に私も海外ETFをメインに据えて運用をしています。

しかし、記事の比較項目には重大なポイントが抜けているように思います。
それは、「特定口座に入れられるかどうか」です。



ご承知のとおり、ネット証券の海外ETFは特定口座に入れられません。
購入する時には負荷がないのですが、いざ売却するとなると、確定申告での面倒な税務処理が発生します。
更に、特定口座に入れられないことによって、国民健康保険のかたは、売却益のせいで保険料が上がってしまう場合があるということも重大なポイントです。
これは海外ETFの大きなデメリットです。

私は何年も前から、ネット証券に対して海外ETFの特定口座対応を要望し続けています。
しかし、対応の意向はあるようですが、一向に改善されません。

2009/07/05 海外ETF投資に残る大きな課題
2009/10/05 海外ETF投資の敷居を下げるもの
2009/12/21 楽天証券が海外ETFの特定口座対応の方向で検討

要望メールを何度も出していますし、意見交換会の機会などを捉えて、直接要望しています。
今後も、粘り強く、要望を続けたいと思います。

海外ETFの特定口座対応にご賛同されるかたは、直接、証券会社(楽天証券・マネックス証券・SBI証券)に要望を出しましょう!
こういうのは数が大切ですから。

<関連記事>
2011/07/30 インデックスファンド、国内ETF、海外ETFの比較
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ