過大な損失が発生すると発生確率が当面高くなる傾向と対策案

リスク管理について、興味深いレポートがありました。

ニッセイ年金ストラテジー 2011年09月号(vol.183)
リスク管理:市場は精巧に作られたサイコロか?

詳しくは上記レポートをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると、リスクに基づく資産配分決定をする時、損失の発生確率が時点によらず一定であると仮定していることが多いが、実際は一度過大な損失が発生すると発生確率が当面高くなる傾向があるとのこと。

市場のショック発生時期とショックの規模
(年金ストラテジー Vol.183 September 2011より引用・クリックで拡大)

上記グラフを見ると、6年程度のデータではあるものの、たしかに2008年~2009年前後は、大きなショックが固まっているように見えます。
また、アセットアロケーションのリスクを計算する時には、たしかに時点による発生確率の違いは考慮に入れていないです。

しかし、リスクの計算に時点による発生確率の違いを盛り込むとしたら、具体的にどうするのでしょうか?

よく分かりませんが、きっちりやろうとすると、どこかで「予測できないはずの未来を予測する」(次のリーマン・ショックがいつくるかを予測するみたいな)という無理をしなければならないような気がします。
であれば、リスクの計算に30年とか50年といった長期間のデータは使わず、10年くらいのデータで計算し、かつ定期的に計算しなおすという感じでしょうか。

ただ、現実問題として個人投資家が、各アセットクラスのリスク・相関係数等のデータを毎年更新して入手することは困難です。
例えば、公的年金を運用するGPIFがデータを公開してくれているので、これを利用して計算している個人投資家は多いと思います。でも、GPIFのデータは30数年間のデータで、日本債券クラスのデータが現実離れしていたりします。

現実的には、想定される最大損失に対して、余裕を持った投資額あるいは資産配分で運用するということなのかもしれません。

P.S
拙書「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ共著)では、山崎氏の理論編に、直近11年のデータから計算したリスク・期待リターン・相関係数のデータが掲載されています。ご参考まで。
関連記事


  





コメント

ほったらかし(にできるお金で)投資術が一番ということなんでしょうね。一番確実に儲かるのは、本業に打ち込むことですから。

あれ?こっちでは・・

http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2011/Vol183/str1109b.pdf

VAR(バリュー・アット・リスク)には明らかな間違いがあると思います。
暴落の確率が不適正(甘い確率値)に計算されています。
ショート・フォール確率の方が現実的です。

>たかはしさん

ごもっとも!


>預金王さん

リンク間違いでした。修正しました。

>> ただ、現実問題として個人投資家が、各アセットクラスのリスク・相関係数等のデータを
>> 毎年更新して入手することは困難です。

http://myindex.jp/
上記サイトで、各資産の年次リターンが取得できます。
よって、任意の期間における、算術平均、幾何平均、回帰分析平均(指数近似平均)、標準偏差、相関係数を求めることが可能です。

イボットソンのデータと比較しても一致しています。
http://www.smbc.co.jp/kojin/toushin_guide/step1/index05.html
http://www.smbc.co.jp/kojin/toushin_guide/step1/image_uniq/p_index02_03.gif

年次リターンではどうしてもイヤな人は、
http://www.toshin-sc.com/fund/howto_jgraph.html
を利用すれば、月次リターンが全て取得できます。

したがって、過去データの取得に関しては、機関投資家と個人投資家に差はないでしょう。

対策を考えてみる。

1:最大リスクを理解しておく。許容リスクに合わせてアセットアロケー ションを組む。

2:株式、急落後は、2、3番底があるものと考える。
  2番底通過までは、過度なリバランスは控える。

本記事の資料から得られる対策としては2があると思いますが、こういう損失連鎖を含めてのリスクなので、やはり基本は1になってしまいますね。

2については、この不況が落ち着いたところで、何時のタイミングでリバランスおよびスポット購入を行ったのかというアンケートをとったらおもしろそうですね。

また、先のチャールズ・エルス氏の講演が当選したらリバランスのタイミングについて聞いて見たいですね。

>でるもさん

myIndexさんのデータはとても有用ですよね。
ただ、相関係数がグラデーションで表現されていて数値非公開になっていたり、もう少し使い勝手がいいと個人投資家が更に活用しやすいと思います。
いや、贅沢な注文なんですが(^^;


>26さいさん

そうですね。
もうひとつは、リスク(標準偏差)はあくまで年率なので、「暴落の年があったら次の1年もかなり悪いケースが来るかもしれない」という心構えも必要かもしれません。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)