「国際のETF VIX短期先物指数」は投資家にとって最高のヘッジ手段か?

ロイターによると、最近の相場下落で、「国際のETF VIX短期先物指数」(1552)が注目されているそうです。

ロイター 2011/09/12より引用】
〔アングル〕「恐怖指数」関連ETFにヘッジ需要、不透明な投資環境が追い風
VIX指数(恐怖指数)関連の上場投信(ETF)が、投資家のヘッジ手段として注目されている。12日の東京市場では「国際のETF VIX短期先物指数」が年初来高値を更新。欧州債務問題や米国経済の失速懸念などを背景にリスクアセットの下落が続くなか、相場のボラティリティの高まりとともに、相場動向と逆相関する可能性の高いVIX指数関連ETF投資が浸透しつつある。同ETFについては「機関投資家、個人投資家を問わず、投資家にとって最高のヘッジ手段」(マネックス証券のチーフ・ストラテジスト・広木隆氏)との声もでている。
【引用おわり】

個人投資家がこの商品を使って、相場下落を「ヘッジ」することに反対するつもりはありません。
ただ、この記事が「機関投資家、個人投資家を問わず、投資家にとって最高のヘッジ手段」とベタ褒めしているのには違和感を感じます。
なぜなら……

「国際のETF VIX短期先物指数」は長期的に減価する仕組みであることを書かずに、一見すると、まるで保有し続けているだけで相場下落をヘッジできる「保険」であるかのように書かれているように見えるからです。
一度、このロイターの記事から離れ、このETFの運用会社、国際投信のWEBサイトの情報を見てみましょう。

国際投信投資顧問 WEBサイト
VIX短期先物指数ってなに?ファンドの留意事項

Q.ボラティリティが低い局面では減価し続けるのはなぜですか。(1)
A.ボラティリティが低いとき(相場の動きが静かなとき)、VIX指数先物の価格曲線は、下図のように右肩上がりの形状となります。この状況で、価格が安い第一限月を売却し、高い第二限月を買う取引を繰り返すため、【S&P 500 VIX短期先物指数】は徐々に減価し続けます。
(水瀬注:図については資料の5ページ参照)

Q.ボラティリティが低い局面では減価し続けるのはなぜですか。(2)
A.ボラティリティが低いとき(相場の動きが静かなとき)、【S&P 500 VIX短期先物指数】が減価し続けるのは、主に【S&P 500 VIX短期先物指数】の算出に用いられているVIX先物の「時間的価値」の変動によるものです。


この説明は、いわゆる「コンタンゴ」について書かれているのですが、インデックスファンドの積み立て投資だけをしている個人投資家には難しすぎるかもしれません。
資料の9ページには、こうまとめられています。

当ファンドは、【S&P 500 VIX短期先物指数】に連動することを目指すリスクの高い投資信託です。
したがって、投資をされる際には、以下の点に充分にご注意ください。
・当ファンドは、リスクが高く売買タイミングの見極めが難しい商品です。
・当ファンドは、長期保有には適さない商品です。
・当ファンドは、ヘッジ目的に用いる場合はヘッジ比率の見極めに注意を要する商品です。


要するに、「国際のETF VIX短期先物指数」は、売買タイミングを見極めて短期投資する高リスク商品であり、相場下落時の保険代わりに長期保有することには不向きなのです。
それをあたかも、これを保有し続けているだけで突然の相場下落をヘッジできるかのような印象を持たせるのは、ミスリードを招きかねないと思います。

「いや、そんなことは分かっている。記事にも“8月のようなボラタイルな動きをする相場では、VIX指数関連商品への投資は有効”と前提条件を書いてあるではないか」というご意見もあろうかと思います。
まったくそのとおりです。こういう商品は世の中に必要です。
8月のようなボラタイルな動きをする相場が来ることが事前に分かっていて、そのタイミングに合わせて投資できる投資家であれば、この商品は「機関投資家、個人投資家を問わず、投資家にとって最高のヘッジ手段」だと思います。

ただ、バイ&ホールド戦略の投資家には向かないことを、運用会社自ら公開している商品であることを、ゆめゆめお忘れなく。

<関連記事>
2010/12/27 「VIX短期先物指数」(1552)の問題点
関連記事


  





コメント

1552に限らず、海外上場VIX指数ETFも長期保有では使えない

NYSE上場のVIX関連ETFはやはりどれを見ても長期トレンドでは基準価額は大きく下落していきます。
結局は、簡単にはヘッジできないようになっています。
「美味しい投資は絶対にあり得ない」と言う事ではないですかね。

山崎元氏がしばしば啓蒙している「自分で理解できない、あるいは他の人にも納得できる説明ができない金融商品には手を出すな」を深く信奉しています。

思考限界の彼方にあるVIX指数ETFなんぞには見向きもしませんが、当商店街掲示板のお触れ書はこうした不審物に注意喚起を促してくれる貴重な情報源です。

さらに、類似例や応用問題にも免疫力を高めるために、注意喚起の意味・理屈や背景もわかるようになりたいとも思います。

1552は目論見書でハッキリ注意喚起しているだけまだ良心的ですね。

先物を少しかじったことがあれば順ザヤのバイ&ホールドがいかに不利かはすぐ分かるんですけど(なかには万年逆ザヤみたいな銘柄もありますが)、長期投資派の個人投資家ほど先物なぞに触れる機会は限られているわけで齟齬は深まるばかりな気がしてます。
先物引継ぎ足と基準価額の乖離で頭にきてる方など見かけると投資家と運用会社双方にとって不幸なことだと思わずにはいられません。

あと隠れたコストとしては、他にもリンク債ETFの乗り換えコストがありますね。

なるほど。。

VIXが長期的には減価するというのは知りませんでした。
VIX連動ETF自体に投資しなくても、VTなどの売買時の参考にVIX指数を見るくらいにとどめた方がいいと思いますね。
しかしまぁなぜそんな特殊な投資を勧めたがるのでしょうね。。

・VIX指数(恐怖指数)関連の上場投信(ETF)が、
・国際のETF VIX短期先物指数

間違ってはいませんが、ここは少しズルいですね。


当ファンドは「VIX指数」ではなく、【S&P 500 VIX短期先物指数】に連動することを目指します。

と国際投信自体が、VIXとは違うと言っているのに、記事からはあたかもVIXに連動するかのような印象を持ちかねません。

リスクを下げたいなら、現金比率を上げれば良いじゃないw(マリー・アントワネット風

・保有資産のリスクを下げる為に、わざわざリスクの高い(しかも良く分らない)デリバティブ商品を購入するのはナンセンスに思える。

・デリバティブ商品でリスクをヘッジするのは、毒を持って毒を制すイメージ。失敗したら、より強い毒に苦しむことになる。

・リスクを下げる方法は1つではない。デリバティブ商品など使わなくてもリスクは下げられる。

・シンプルな方法として、現金比率を上げれば、保有資産のリスクは下げられる。

・しかも、現金比率を上げる場合、コストはほとんど掛からない。それに引き換え、デリバティブ商品は概してコストが高い。(高コスト = 証券会社の儲け)

・なぜ、証券会社は「リスクを下げたい」と考える投資家に、「現金比率を上げる」という「シンプルで、理解し易く、低コストな方法」でなく、「デリバティブ商品」という「複雑で、理解し難く、高コスト」な方法を奨めるのか?

・結局、証券会社が自らの知識的有利(情報の非対称性)を利用して、投資家(カモ)から利益を巻き上げる「いつもの手口」という気がする

(ピント外れはご勘弁を)

資産のリスクヘッジがさらにリスクを誘引する・・・なんて、なんか変だなぁ。
腕のいい釣り師と頭のいい魚の対決みたい!

結局、手を出さないのがリスクヘッジ、無一文が最高のリスクヘッジですかね。
恐怖指数もなんのその。

>タカちゃんさん

コモディティ等、先物に投資するファンドの宿命かもしれませんね。


>アラsixtyさん

「自分で理解できない、あるいは他の人にも納得できる説明ができない金融商品には手を出すな」という言葉は、今後もアラsixtyさんを守ってくれるでしょう。


>mistさん

先物には縁がないインデックス投資家がほとんどだと思います。
むしろ、先物に対して過剰な嫌悪感を抱くかたもいて、それはそれで問題だと思っています。


>せーねんさん

違うのです。
「VIX指数」が長期で減価するわけではなく、「国際のETF VIX短期先物指数」等の先物を使ったVIX関連ファンドが、長期で減価する性質を持っているということだと思います。

文末の関連記事(http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1608.html)もご覧いただけるとよく分かると思います。


>吊られた男さん

そもそも、VIX指数とVIX短期先物指数はまったくの別物です。
まずはそこから、ハッキリしてほしいですね。


>hinoさん

仰るとおりかもしれませんね。
商品性と投資タイミングがわかるかたがピンポイントで使うのはアリだと思いますが、とてもニッチな商品でしょうね。


>アラsixtyさん

大半の投資家にとっては、リスク性資産への投資額を減らすことが最大のリスク低減策だと思います。

複雑怪奇。。

>水瀬さん

なるほど、勘違いでしたか。
リンク先を読んでみましたが、さっぱり理解不能。。
こんなものに投資する、商品として提供する人の気がしれません。

いつもブログで勉強させていただいてる初心者です。この記事を読むまでVIX指数ETFは株式と反比例する便利な商品と思い込んでいたのでアメリカ国債格付けが下がった時に買い込んでしまいました。記事を読んで間違いに気づき即全売却し、株式に乗り換えました。しばらくは買い込んだ株式をタイムカプセルに詰めた感じで株式価格もチェックせず年末あたりに最初の確認しようとおもいます。有意義な記事をありがとうございました。

>せーねんさん、投資初心者さん

何かのお役に立ったのであれば幸いです。

先物でなく本当のVIX指数ETNを

私も国際投信のVIX指数ETFが出たときに、大いに期待し講演会に行き、国際投信に電話までして調べました。本当のVIX指数への連動なら、相場が平静なとき(VIXが10-20)に買い込み、30前後で売ることをすれば、過去の履歴では年に1-3サイクルできると見込みました。しかし、VIX指数先物はコンタンゴ性が特に強く、非常に危険な投資であることが分かり、あきらめました。やけどをせずに良かったと思います。
今回、東証からiPathの”ETN”でVIX中期先物連動ETN(NY上場のVXZの重複上場)が出ましたが、状況は同じことです。 私にとって不思議なのは、ETNなら対象物が取引流通されていなくてもそのETNを組成することができると思うのですが、どうして本当のVIX指数ETNがないのでしょうか。理由をご存じの方、お教えください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

「国際のETF VIX短期先物指数」は長期では減価するETF

インデックス投資家ブロガーの教祖的存在であるこのブログ(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記))。 投資手法は別としても、勉強になる記事が多くてよく読ませていただいてます。...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)