保有資産のリスクを下げるもっとも良い方法

水瀬ケンイチ

前回、下げ相場のヘッジに関連する記事(該当記事)を書きましたが、保有資産のリスクを下げる方法について、まとめておきたいと思います。

保有資産のリスクを下げるもっとも良い方法は、

投資額そのものを減らすこと

です。
身も蓋もない答えですが、意外と投資本に明記されていることが少なく、気づいていないかたもいらっしゃると思います。
これには、難しい知識も必要なければ、かかるコストもほとんどありません。
しかも効果は抜群です。

次に良い方法が、

保有資産の債券比率を増やすこと

です。
債券クラスは株式クラス等に比べて値動きが少なく、債券比率を上げると保有資産全体のリスクを下げることができます。
特に、「日本債券」の比率を増やすと、大きくリスクを下げることができます。
これは、いろいろな投資本にも書いてあるオーソドックスな方法です。

その次か、次の次くらいにやっと、

・できるだけ多様なアセットクラスに分散すること

とか

・オプション等のデリバティブでヘッジすること

とかが出てきます。
そして、できるかどうかも分からないのが、

・相場の波を捉えて、今後下がるアセットを売り、上がるアセットを買うこと

です。
できるかたはいらっしゃるでしょうし、羨ましいですが、私にはできません。

金融業界側からすると、下の方法に行けば行くほど、投資家に頻繁に売買してもらえる(=金融機関が儲かる)ので、下の方の方法をプッシュしてくる傾向があるように思います。まぁ無理からぬことです。

個人投資家としては、シンプルであまりコストがかからない、上の2つの方法で十分対処できることを、忘れないでおきたいところです。

関連記事
楽天カード ←私も愛用のカード
楽天証券、楽天キャッシュとの相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物でポイントゲット(100円につき1ポイント)、楽天市場でさらにお得(100円のお買い物で3ポイント)、楽天ポイントカード加盟店にて裏面のバーコード提示でさらにポイントが貯まる。

MATSUI SECURITIES CARD
松井証券と相性バッチリのクレジットカード。普段の買い物で松井証券ポイントゲット(200円につき1ポイント)、貯まったポイントを利用して投資信託を購入可能、積立設定をすれば毎月自動的に全ポイントを投資信託の積立にあててポイント失効なし。

イオンカードセレクト(ミッキーマウス デザイン)
近所にイオングループの店舗があってよく利用する人に相性バッチリのクレジットカード。他店舗での買い物は200円につき1ポイントですが、イオングループ各店舗では200円につき2ポイント。毎月20日・30日はクレジット払い、またはWAON払いで買い物代金が5%OFF! ←これはデカい


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ