今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?

日経平均が下がってくると、メールやコメントで同じような質問が増えてきます。

「今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?」

といった主旨のものです。
この「下落するのに」の部分が、「下落するのに」(確信度MAX)、「下落する可能性が高いのに」(確信度高)、「下落すると予想されるのに」(確信度中)、「下落すると言われているのに」(確信度小)といった具合に、確度の違いはあるものの、質問者の方々は、概ね今後日本株が下落することが前提となっているようです。

個人的な考えをお答えすると……

「今後、日本株が下落するか上昇するかは私には分かりません。しかし、資本主義経済における株式という仕組み自体には期待しています。だから日本を含め世界中の株式に分散投資しています」

となります。

たしかに、ここ20年のTOPIXのパフォーマンスは、年率平均で、3年で-13.3%、5年で-12.4%、10年で-2.2%、20年で-2.9%と、低迷しています。(出典:わたしのインデックス・2011年8月末現在)
ここ20年くらいの視野で見れば、質問者さんたちが、今後も日本株は下落するという前提を置いても不思議はありません。

ただ、30年で見ると年率平均で+2.0%と若干プラスになっています。(出典:同上)
そもそもTOPIXというのは、基準日である1968年1月4日の東証一部株式時価総額を100とした場合の時価総額の変化を表すインデックスです。
それが、直近の営業日(2011年9月16日)の終値は768.13なので、一応、約43年で7.6813倍に増えたことにはなっています。

「そりゃ高度成長期が入っているからだ」というご意見もあるでしょうし、「今の日本は日本特有の問題を抱えているので今後は期待できない」というご意見も目にします。
そうかもしれないし、そうでないかもしれません。

日本株がどうなのかは一旦横に置いておいて、私は、資本主義経済における株式という仕組み自体には期待しています。
世界金融危機をくらってもなお、我ながら呑気だと思いますが、株式は大きくコケたりもしますが、基本的には上昇していく方向性を内包しているものだと思っています。

しかし、いつでもどこでも、株式が上昇するとは思っていません。企業単位でも、国単位でも、問題が起こることはしばしばあります。
ある期間において、どの国のどの企業の株式がうまく機能するかは分からないので、日本を含めて世界中の国々の市場平均(インデックス)に投資をしています。玉石混交でも、平均すれば上昇するという方向性が取り出せるのではないかと思っています。

以上は、私の個人的な意見で、他人に押し付けるつもりはありません。
よく聞かれるので、お答えしました。
言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

P.S
本当に今後の日本株が下落するのなら、日本株をショートすれば利益を得ることができるはずです。そんなに今後下落するという確信があるのなら、なぜショートしないのですか?という素朴な疑問が…(^^;
関連記事


  





コメント

水瀬様、いつも興味深く拝読しております。

こちらの記事だけ読んで思ったのは、「どの割合で」日本株インデックスを組み込むかという視点をお伺いしたかったなという点です。
私の個人的な話ですが、長期運用目的では、趣味の個別株やJ-REITは組み込んでおりますが、日本株インデックスは組み込んでおりません。
日本株インデックスを組み込んでいる方の見解には非常に興味があります。
(あとは、「どのタイミングで」というのもありますが、水瀬様は積立投資によるドルコスト平均法かと存じますので。)

もちろん他の記事と合わせて読めば良い話なのかもしれませんが、ふと思ったコメントを失礼致します。

人の行く裏に道あり花の山

「世間の見方と真逆に見えるへそ曲がり(?)がここにもいるよ」と申し上げます。。
①末尾で商店街理事長曰く、
 >そんなに今後下落するという確信があるのなら、なぜショートしないのですか?という素朴な疑問が…(^^;
②少々白々しいかも知れませんが、某ファンドオーナー曰く、
 こういう時が、絶好の買い場だと。
③不思議なことに、格付けが下がった米国債が買われている(長期金利があがらない)。
④日本株は下がるとの見方に対して、日本円はもっと上がるとの学者さんやアナリストのご宣託。
 1ドル76円→50円が主流で、76円→100円はごく少数。さぁどうなるでしょうか。
⑤小生の亡父の遺訓、
 「人の行く裏に道あり花の山」、「捨てる神あれば、拾う神あり」、「禍福はあざなえる縄のごとし」 
⑥コロンブスは大西洋の西の果ては滝壺だとの世間の認識の中で船出した。

要するに、後からの理屈と講釈はなんとでも言える。
「我慢できるかどうか」
「外れたときの安全装置は大丈夫か」に尽きます。

世界株安の時は世界と同じスピードで下落していきますが、世界と同じスピードでは上昇していかないTOPIXに私は期待しています。
TOPIX否定派は日本のネガティブな側面のみ見ているのではないでしょうか?少子高齢化、社会保障費の上昇、世界一の借金国などという点にとらわれているのでしょう。この問題は資本主義の成熟期にはどの国もかならず直面する問題です。隣の中国は20年後にはひどい状態になっています。長期投資を行うとするなら、日本が難問を解決して株価が上昇することに期待するのも良いと思います。(日本人は危機的な状態に陥らないと力を発揮しない民族だと思っています。)

高成長の企業・国への投資が必ずしも高いリターンをもたらさない。
逆に低成長の企業・国への投資が低いリターンとは限らない。
ということは理解しづらい。
私もシーゲルの「株式投資の未来」などを読んで知識として知っているだけで、感覚的に自然に受け入れられるレベルには達していない。

日本株式の期待される経済成長率が低いからといって、株式投資の期待リターンも低いとは限らないので、先のことは予測不可能です。

結局、株式という特性を信じて日本を含む世界に(なるべく低コストで)国際分散投資する手法を選択するということになります。

日本株式インデックスは今後も下落するので、今こそ銘柄を厳選した●●国内アクティブファンドを選ぶべきという論調を見かけますが、本当に指数が下落することが分かっているのなら、日本株式自体を購入してはダメですし、おっしゃる通りショートにして儲けるのが合理的ですね。

日本は右肩上がりの時代はとっくに過ぎているので買い持ちして積み立てるだけでは利益を上げるのは難しいという意見もあります。でも私も同意見で未来の繁栄を信じコツコツ積んでいこうと思います。但しファンドマネージャーを歴任されたような一般人以上のレベルにある人はポートフォリオにおける株式比率を景気動向を見ながら調整するスタイルになるのではと思います。やはり大失敗の避けられる積み立てがリスク管理を考えると今のところ一番安心な気がします。

僕も何度か聞かれるようなことがあるのですが、
本当に下がると思っているなら、買うべきではないと答えています。

ただ「下がるならショート」って言う意見はちょっと・・・。
「上がると思っているならレバレッジかけないの?」になると思います。 どちらの低コストではないですし、ほったらかしにしにくいかと思います。

自分のなかで日本の期待リターンは低いですがプラスと思っているので、これからも投資していきます!

現実的な投資としてファンダメンタルインデックスやセクター戦略が日本株投資の1つの解

現在、日本株はファンダメンタルインデックス(セクター含む)を除いて投資していません。
日本株に限らず、国によってはここ10年低迷している国もあります。
米国も1960年代後半~1980年代前半ぐらいまでは低迷していました。
ただ、日本のように20年以上も長期低迷を続けているのは珍しいので、分からない話でもありません。
ファンダメンタルインデックス(セクター含む)と言う形で持っている日本株の場合は、概ねリターンはプラスになっています。
現実的な日本株投資としてはファンダメンタルインデックス(セクター含む)が1つの方法でしょう。

ですね

この話題、コツコツ札幌でもアンケートで出ました。その時は、「下がる」という前提を決めつけるのはどうか? という回答を複数頂きました。
下がり行く市場ならショートすれば良いのでは? との思いは同意ですね。ただ、ショートするときには追加のコストがかかるので、そこを加味するとどうだろう、とも思います。ただ「下がる」派の人で、「ショートのコストを加味すると期待リターンがマイナスになるから」と言うまでの理屈に出会ったことは無いですね。
また、下がると市場参加者がわかっているのなら、すぐに適性価格(=プラスのリターンとなるであろう株価)まで下落して落ち着いていると思いますので、ここから下がり続けるかは疑問です。
何よりも、本当に日本株がどんどん下がるのなら、気にすべきは株価や投資先よりも自分の生活だとも思っています。。。

私なんかは、日本株は自社株積立だけですが、
なぜ買うかと聞かれたら当然
「長期的見ると上がると思うから買っている」からですよね。
下ると思っていて買う人はいないはずです。

日本株が長期的に下がる万年デフレのような状況を想定するなら、
・投資せずに預金。
・債券投資。
・株式を信用取引でショート。
・株式をCFDを使い高レバレッジをかけてショート
すれば良いかなと。(下ほどリスクとリターンが高い)

今後日本株が下落しないと思ってる(そりゃ波ありますけどね)私が
います(笑)
逆に安い安いで 何を買っていいか目移りしちゃいましたけどね

売りたい人 買いたい人がいないと市場は成り立ちませんから人
それぞれで良いかと思っています。

近視的に調子がよければもてはやされ…

日本株が、今後上昇するのか下落するのかは、もちろん分かりません。ただまあ、自分の頭の中の悲観・楽観・プラス・マイナス様々な要因を総動員して投票大会をすると、どんなに分が悪いときでも51対49くらいで20~30年後には上昇しているだろう(配当込み)という結果になるので、投資するという判断を下しています。その他にも、他のアセットクラスとの相関やリバランス作用などの分散効果を勘案しても、個人的には日本株インデックスに投資しないよりは投資したほうが良いだろうと思っています。当然、将来、下落している可能性や分散効果がなかった場合も自己責任として含んだうえでの判断です。(これは、まったくアテにならない個人的な判断材料なので、他人様に日本株への投資を勧めるものではありません)

自分のアセットアロケーション(無リスク資産を除く)における日本株の割合は1割ほどで、これはインデックス投資を始めた5~6年前から変わっていません。2006年末から2007年にかけての日本株好調時には「日本株が1割なんて少なすぎる。もっと増やすべきだ。分散投資にかぶれすぎ!」と言われ、ここ数年は「日本株を持っているなんてバカじゃないの?しかもインデックスだなんて終わってる」というようなことを言われました(涙)

やはり人間は感情の生き物なので、日本株の調子がよければ「日本株をもっと増やせ!まだまだガンガン騰がるぞ!バブル後最高値更新はもうすぐだ!」ともてはやし、調子が悪ければ「日本株はもう終わりだ!早く逃げろ。もう見込みはない」とこき下ろすのは仕方ないと思います。こんなコメントを読まれても、相場が好調であれば「ブレないスタイルはグッド!」くらいには思ってもらえるのかもしれませんが、最近の状況では「負け惜しみを言ってるだけ。自分の間違いを認めたくないから思考停止に陥っている」と多くの人に思われるのでしょう。(もちろん、ダウンサイドのリスクも請け負った上での判断結果として投資しているのですが…)

そういえば、ちょっと前に、投資家の集まるイベントで「僕は日本株もインデックスです」と投資初心者さんが話している陰で、ある大手マネー氏の記者さんがハエの交尾を見るような目つきで「ハァ~~、だからぁ、日本株のインデックスはねぇ…」と首を振りながら、隣の人と苦笑いしていた光景はかなり刺激的なものでした。軽蔑の中に憐れみを含んだあの目線は、近くで見ていた僕の心を色々な意味で鷲摑みにしました。写真に取っておけばよかったと後悔しています(笑)

コメントを見るとインデックス投資家はかなりの割合で市場の動向を日頃、注視してドキドキしているのが伝わってきます。個人的にはリーマンショック前に多額な株を掴んでしまった人はかなり資金効率が悪くて残念な感じですが現在の価格から始める人は「買い」ではないかと思います。

じじいのお節介です。
自社株を買ってる方がいらっしゃるんですね。
ストックオプションなら話はちょっと別ですが、
自社株買いは分散投資の対局の考え方ですね。
(他の外国かオブ等々もお持ちでしょうが)
一般論としては、人的資本が所属企業に特化されてしまう
日本の人事システム、労働市場での自社株買いは
危険です。お若いので山一證券社員の末路をご存じないの
でしょうか?

コメント欄が長文で皆さん熱いですねw
表題の「ランダム・ウォーカー」=相場は予想できない
をみればね。
水瀬さんの立場は最初から明確なのにね(^^;

日本株が下がることが分かっているなんて言える人は「すごいなー」と思って冷ややかな目で見ています。(私のブログに書かれた場合は、いろいろ反論を書きそうです)
プロでもそのような株式市場の先読みは難しいと言うのに、どうして読めるのか不思議なものです。



>たかはしさん

横レスですが、自社株買いは期待リターンが増えるという効用があります。奨励金が10%出て平均保有機関2年で売却すれば、年平均の期待リターンが5%増すことになります。
1%のリターンを増やすことが難しい株式市場で、リターンを5%増やせるならば集中する選択もあるのではないでしょうか? (仮に奨励金が15%で、1年で売却すれば、1年当たりの期待リターンが15%アップです)

分散-集中という考え方は株式の期待リターンが同じという世界でリスクを下げる話ですが、自社株買いは期待リターンを上げるという少しベクトルが違う選択かとも思います。

私も自社株買いには肯定的です。インデックスと違って倒産したら株が紙屑になってしまうということを山一証券の一件でわかりましたが競馬の一点買いのような一か八かのロマンが自社株買いのみのスタイルにはあると思います。

>たかはしさん
一応、産業インフラ系日経225銘柄で、売上げ/生産工場/従業員/お客様の半分は海外で、、PBR1~1.2倍、配当性向30%、長期金利が1%程度に対して奨励金12%と色々条件がそろっていると思っての投資です。

山一證券は国内シェア1位→4位転落し、コンプライアンス違反から倒産した企業ですね。私なら国内シェア3、4位の企業の個別株は買いませんし、もし1位の時に買っていたとしてもインデックスとは違うのでシェアが3位に転落した時点で泣く泣く損切りですね。
こういうルールを実際に守れるような精神力は必要ですが^^;

投資の第一歩

色付きの文字相場は予想できないと思う人はそれに見合った方法をとればいい。
相場が予想できると思う人はそれに見合った方法をとればいい。
投資の結果はおのれひとりの責任に帰結する。(投資は自己責任)

以上のことが理解できない人は投資をするべきではない。[/太字[太字]](わからないものには手をださない=大前提)
たったそれだけのことです。

下がり続けるなら、即売りです。上がり続けるなら、即買いです。
しかし、売り買いの一番良いタイミングは分かりません。敢えて言えば自分の納得出来るタイミングしかありません。
「下がる」「上がる」の日々の値動きに思いを寄せるのが「投機」ならば、経済の成長に寄り添うのが「投資」だと思います。
インデックス投資の場合、寄り添う期待先が、経済成長の「全体」だと思います。

日本株なんていつでも日本人の力で上昇させる事はできると思うんですが、少数派なんですよね・・・・・・。

政府・日銀が正しいマクロ政策さえしてくれれば、日本も復活できるのに。

はじめまして

水瀬様初めまして。トムと申します。
いつも記事を楽しく拝見させて頂いております。
書き込みは今回が初めてになりますが、どうかよろしくお願いします。

私は根っからのへそ曲がりなので、
市場価格が暴落するとついつい逆張り狙いで購入したくなります。
そして大抵はさらに価格が下がり損失を抱えるなんてことを
繰り返してきました。
この経験で、タイミングを見計らうとか、市況の先行きを予測するとか
そういったことがどれほど困難であるか思い知らされました。

ですのでインデックス投資を始めました。
一人の人間の、未来を予測する能力に頼るよりは
市場の「見えざる手」に身を委ねたほうが
まだ勝率が高いだろうと判断してのことです。

インデックス投資をはじめたのはいいのですが
一番の悩みは「日本株の割合をどのくらいにするのが良いか」
ということでした。
これは著名なインデックス投資の専門家の間でも
意見に大きな隔たりがあるため、どうしたらよいのかと考えていました。
一応、自分の中で割合を定めたのですが、「これでいいんだ」
というような確固とした自信を持てないために
ちょっとしたことですぐにアセットアロケーションを変更したくなってしまいます。

日本の現状は決して楽観できるようなものではありませんが
かといって必要以上に悲観的にならず
淡々と積み立てを続けていきたいと思っています。

どうも長文失礼いたしました。

重要なのは、日本株式インデックスの価格が下がり続けるかを予想するのではなくて、
日本株式インデックスの期待ROEがプラスかどうかです。
期待ROEがプラスであれば、その商品に価値はあるので、
効率的市場仮説を前提とすれば、適正な価格がつきます。
ここ十数年で見ても、TOPIXのROEはほとんどプラスなので、
期待ROEもプラスでしょう。

逆に期待ROEがマイナスとなる商品に価値があるかどうかはわかりません。期待ROEがマイナスの商品のバリューエーション理論はあるのでしょうか?

日本株はTOPIX以外にも分散しては?

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=54313013&ct=z&t=ay&q=l&l=off&z=n&c1=22313997&c2=2231100B&c3=&c4=&x=on&y=on&bc=
1位海外株式
2位日経平均
3位バリュー(大和住銀を例に)
4位グロース
5位TOPIX

こう見ると綺麗に順番になっています。
順番は常に変わるので、好きなのを摘んでみては?

>皆さま

たくさんのコメントありがとうございます。
ちょこちょこレスさせていただきます。


>>こちらの記事だけ読んで思ったのは、「どの割合で」日本株インデックスを組み込むかという視点をお伺いしたかったなという点です

私のアセットアロケーションは年2回公開しています。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1763.html

考え方の参考に以下の記事をご紹介しておきます(ダイヤモンド・オンラインの私の連載コラムです)。
http://diamond.jp/articles/-/13599


>>ただ「下がるならショート」って言う意見はちょっと・・・。
>>「上がると思っているならレバレッジかけないの?」になると思います

残念ながら、そうはなりません。
ショート=レバレッジではないからです。
むしろ、レバレッジ1倍以下のショートも簡単にできるくらいです。


>>「下がる」派の人で、「ショートのコストを加味すると期待リターンがマイナスになるから」と言うまでの理屈に出会ったことは無いですね

たしかに、そういう意見は見たことはないですね。
TOPIXのETFをショートするとしたら、コストは品貸料、配当金相当額調整、場合によっては逆日歩という感じでしょうかね。
ざっくり計算できなくはないですね。


>>相場は予想できないと思う人はそれに見合った方法をとればいい。
>>相場が予想できると思う人はそれに見合った方法をとればいい。
>>投資の結果はおのれひとりの責任に帰結する。(投資は自己責任)

仰るとおりだと思います。


>>日本株なんていつでも日本人の力で上昇させる事はできると思うんですが、少数派なんですよね・・・・・・。
>>政府・日銀が正しいマクロ政策さえしてくれれば、日本も復活できるのに。

たしかに、政府・日銀はデフレ放置とか不況下の増税とか、マクロ政策からすると「???」なことをやっているように見えます。
ただ、本来、株価は企業の利益次第だと思っています。


>>一番の悩みは「日本株の割合をどのくらいにするのが良いか」 ということでした。
>>これは著名なインデックス投資の専門家の間でも 意見に大きな隔たりがあるため、どうしたらよいのか

たしかに、推奨アセットアロケーションの日本株比率は、専門家の間でも結構違いますね。
私が良く本を読んでいる著者のなかでは、山崎元氏の50%から朝倉智也氏の0%まで幅広いレンジがあるように思います。
どれがよいのかは、後になってみないと分からないのかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日本株式について

本日2回目の更新です こんにちは、ひで です いろいろな方々のブログを読んでいると、 日本株式のインデックスについて書かれていました http://randomwalker.blog19.fc2.com/tb.php/1826-11c91e27 ひでの友人でも、日本株は持たない方、日本株?...

日本株式の下落を予測する投資家向けのファンドが無い不思議

ネタ元その1: 今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか? (梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー) 「私も下落を予測しているけど、下落すると儲かるいいファンドが無いので困っている」という類のコメントが無いのが 不思議でした。?...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)