近視的に調子がよければもてはやされ…

昨日のブログ記事「今後日本株は下落するのに、なぜ日本株式インデックスに投資するのですか?」には、たくさんのコメントが寄せられました。

その中に、まさに「我が意を得たり」のコメントがありましたので、ご紹介いたします。
Twitterのインデックス投資クラスタ(?)でおなじみの、虫とり小僧さんのコメントからの抜粋です。

タイトル:近視的に調子がよければもてはやされ…

日本株が、今後上昇するのか下落するのかは、もちろん分かりません。
ただまあ、自分の頭の中の悲観・楽観・プラス・マイナス様々な要因を総動員して投票大会をすると、どんなに分が悪いときでも51対49くらいで20~30年後には上昇しているだろう(配当込み)という結果になるので、投資するという判断を下しています。
その他にも、他のアセットクラスとの相関やリバランス作用などの分散効果を勘案しても、個人的には日本株インデックスに投資しないよりは投資したほうが良いだろうと思っています。
当然、将来、下落している可能性や分散効果がなかった場合も自己責任として含んだうえでの判断です。(これは、まったくアテにならない個人的な判断材料なので、他人様に日本株への投資を勧めるものではありません)

自分のアセットアロケーション(無リスク資産を除く)における日本株の割合は1割ほどで、これはインデックス投資を始めた5~6年前から変わっていません。
2006年末から2007年にかけての日本株好調時には「日本株が1割なんて少なすぎる。もっと増やすべきだ。分散投資にかぶれすぎ!」と言われ、ここ数年は「日本株を持っているなんてバカじゃないの?しかもインデックスだなんて終わってる」というようなことを言われました(涙)

やはり人間は感情の生き物なので、日本株の調子がよければ「日本株をもっと増やせ!まだまだガンガン騰がるぞ!バブル後最高値更新はもうすぐだ!」ともてはやし、調子が悪ければ「日本株はもう終わりだ!早く逃げろ。もう見込みはない」とこき下ろすのは仕方ないと思います。
こんなコメントを読まれても、相場が好調であれば「ブレないスタイルはグッド!」くらいには思ってもらえるのかもしれませんが、最近の状況では「負け惜しみを言ってるだけ。自分の間違いを認めたくないから思考停止に陥っている」と多くの人に思われるのでしょう。(もちろん、ダウンサイドのリスクも請け負った上での判断結果として投資しているのですが…)


以上です。

日本株式インデックスについての捉え方が、私が考えていることにとても近いです。
また、外部からの評価の変化についても、これはまさに、ブログを6年運用してきた私が常々感じていることとほぼ一致します。

たった6年ですが、その間にも相場環境は激しく変化してきました。
ブログでは同じことを言い続けているのですが、相場次第で外部からの評価がガラリと変わります。豹変すると言ってもいいかもしれません。ある時期は賞賛され、ある時期は非難されます。

私も虫とりさん同様、これは仕方がないことだと思っています。
私を含め、人は直近の出来事が印象に残ってしまい、評価期間全体の評価が正しく行なわれない傾向があります。これを「近接誤差」(Recency Bias)というそうです。
そのため、長期投資家であっても、どうしても短期の相場動向に一喜一憂してしまう人が多いのかもしれません。

また、同じ事象であっても、投資方針によってそれがピンチであったり、チャンスであったりします。
例えば、株価が暴落した時に、「早くロスカット」と考える人もいれば、「絶好の買い場」と考える人もいます。
20年間低迷している日本株についても、投資方針によっていろいろな見方があっていいと思います。

これからも外からはいろいろ言われるのでしょうが、自分が決めた投資方針に従い、腰を据えた運用を心がけたいと思います。
最後になりますが、コメントの抜粋を快諾してくれた虫とり小僧さん、ありがとうございました。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

虫とりさんはいい事書かれますね。日本株が上がると気持ちが高ぶり気が大きくなり気前が良くなり、下がると興奮して買い増しの攻撃的な罠に陥ってました。やはり感情のコントロールの難しさがしみじみ心にしみるコメントですね。これからは心静かに淡々と周りの環境に影響されずにコツコツ長期投資を継続したいと思っております。やはり資産形成するには感株式投資は必要だと私は感じてます。感情のコントロール出来る人間になれるよう努力したいです。

ご紹介ありがとうございました!

日本株式の先行き悲観が既に株価に織り込まれているのなら、高リターン期待が織り込まれている他国(新興国とか?)の株式と、どちらが有利とは一概には言えないのでは…みたいな話も、考えたり語り合ったりすると面白いですよね。答えは分かりませんが(苦笑)

投資を30~40年と続くもの考えていて、毎月自動積立をほったらかしにしてるのみのボクとしては、日本株の先行きに悲観なさってる方々が多いとか、実際の株価とTOPIXの低迷は吉報です。
投資だけを考えるとすると、低迷がこのままずっと続いちゃってくいいから、、、と思います。
でも、結果、投信を取り崩す頃にどうなってるかわからないというのは日本株に限らず、いろんなアセットクラスも同じですよね?
運用結果に応じた生活をするのみですし、明日の市況さえ予想できないわけですから、分散するしインデックスで手堅くいくし、、ということなんですし、それでも運用成果の保証はないと。それが基本ですよね。

インデックスについては、上場するコストに絶えられないなどの淘汰と、新興企業の上場といった新陳代謝が絶え間なく続くものだと思ってます。上がるかはわからないけど、インフレで目減りしない程度に横ばいの市場平均なりの運用成果で充分だと思っています。

ボクは投資を始めてから、自分のこととしてまじめに新聞を読むようになりましたし、持ってるアクティブ投信の気になる組み入れ銘柄については、それぞれ、さわかみやひふみに問い合わせて組み入れ理由を教えてもらう、、といったホントに興味を持って勉強するようになりましたので、自分のその生きる姿勢の変化だけでもう充分リターンを得た積もりになってるんですね。
組み入れられれる銘柄の各企業の奮戦もライブ感覚で応援したいし。

日本株投信については、そんなノリで素人丸出しでやっております。

いつも有難うございます。

「ある時期は非難されます」



色々なご意見があるのはしようがないものですね。
本当にいつも有難うございます。


どんな相場でも感情に振り回されるのが人間の性

僕が日本株から撤退を決めた理由はパフォーマンスだけではなくて、やはり少子高齢化と日本人の賃金水準の下落は間違えないと考えているからです。
賃金については労働分配率の低下もありますが、GDPが上がらないと言う基本的な問題があると考えています。
賃金水準が下がってくれば内需は相対的にダメージが大きくなります。

ただ、全ての日本株がダメと考えている訳ではなくて、ファンダメンタルインデックスやセクター戦略なども考えて投資した場合も考慮すべきと考えています。
僕の場合はファンダメンタルインデックス(セクター含む)と言う形で日本株を含む全世界にまとめて投資しています。
日経225やTOPIXと言う形では保有していません。

明らかにダメと言わざるを得ないのは、「タイトル:近視的に調子がよければもてはやされ…」にもあるように、定量的判断ではなくて感情的になる事は投資の判断を歪める事に繋がるので、ここは注意した方が良いと言う点は歴史的にも証明されています。

実際に、高金利通貨バブル時代では「円は財政破綻でしかも低金利なので不利、高金利通貨は沢山の金利が貰えて格付けが高いので有利」と言う意見も沢山見ています。
1つ、歴史的事実の例としてこのQ&Aを挙げてみます↓
http://okwave.jp/qa/q3160969_2.html#answer
このQ&Aの回答例を見て下さい、批判で書いている訳ではなくて、正に高金利通貨バブル時代でも虫取り小僧さんの言っている事は当たっている証明的な回答例です。
この後に高金利通貨が暴落します。

「タイトル:近視的に調子がよければもてはやされ…」と言うのは日本株に限らず、どんな相場でも本質的には同じと考えています。

仕事でも投資でも
なぜそのそういう方針(アセットアロケーション)を選んだのかを説明できること、
その方針の予測リターンを説明できること。
その方針の予測リスク/最大リスクを説明できること
その方針のリスクを減らす対策を説明できること
競合(長期金利)との優位性を説明できること
が重要だと思いますね。

まあ仕事はいつも方針でフルボッコなんですけどね^^;
一番やってはいけないのは、方針段階で考えが甘かったり相談せずに開始して(考えずに相談するのは論外ですが)、後で考え直したり相談したりすることと学びました。

そういう意味で方針段階でこういう投資メンター的なブログに出会えて良かったと思っています。

高値で買って、安値で売る

 株価の調子の良い時に株購入したくなり、調子の悪い時に株売却したくなるというのは、投資家の一般的な反応だと思います。

 しかしながら、よく考えてみると、それでは「高値で買って、安値で売る」事になる訳で、投資行動てしてはナンセンス(非合理的)な気がします。

>皆さま

コメントありがとうございます。


>>感情のコントロール出来る人間になれるよう努力したいです

私もです。


>>ご紹介ありがとうございました!

いえいえ、ナイスコメントありがとうございました。
他のみんなにも広く読んでいただきたいと思い、抜粋させていただきました。
重ねて、コメント抜粋のご快諾ありがとうございました。


>>投資を30~40年と続くもの考えていて、毎月自動積立をほったらかしにしてるのみのボクとしては、日本株の先行きに悲観なさってる方々が多いとか、実際の株価とTOPIXの低迷は吉報です

立場によって、まさに「ピンチはチャンス」ですね。


>>色々なご意見があるのはしようがないものですね。
>>本当にいつも有難うございます

ありがとうございます。
お心遣いに涙が出そうです(T-T)


>>定量的判断ではなくて感情的になる事は投資の判断を歪める事に繋がる

仰るとおりだと思います。
行動ファイナンスが示してくれているのは、人は合理的な生き物ではないということだと思います。
(そのおかげで、効率的市場仮説は分が悪くなってきましたが…笑)


>>そういう意味で方針段階でこういう投資メンター的なブログに出会えて良かったと思っています

光栄ですが、ご自身のためにはもっとマシなメンターをお探しください(^^;

投資を止めます。

私は、投資を止めました。
ETF投資を始めた直後にサブプライムローン問題が発生して、全てのETFが下落。

その後、一度も元の値に戻ることがないまま、今回、米国債の格下げやギリシャの通貨危機でさらに下落。
100年に一度と言われたサブプライムローン問題の4年後に、米国債、初の格下げという大事件が発生。
いったいどれだけ災厄が続くんだ?

いい加減、嫌になりました。

何れは、世界経済は回復するのかもしれませんが、それまで私の資産か精神が持たないでしょう。

投資の世界は自己責任。
この5年間で、私は投資には向いていないということがよく分かりました。
それだけが、この5年間で得た唯一の成果です。

私は損失を確定して、投資を止めることにします。

私は投資は止めますが、水瀬さんは頑張って投資を続け下さい。

TOPIXと日経平均

だけじゃなくて、DVYみたいな指数があると選択肢が増えてうれしい気がします。
そういう投信もありますけど、購入時3%とか、信託報酬1%以上とか、
まともに付き合う気になれません。

自分は日本株式クラスについては、優待バリュー重視の多銘柄放置式という、
インデックス派の皆様からすると邪道なアプローチで楽しんでおります。
それでも、安い時に歯を食いしばって買い続けることで、
いつか花が咲くと信じています。

>みなさま

コメントありがとうございます。


>>私は、投資を止めました

アリだと思います。
投資は嫌々やるものではありません。
自己責任で決定された方針を大切にしてください。


>>DVYみたいな指数があると選択肢が増えてうれしい気がします

同感です。
高配当とかバリューのインデックス商品が日本でも出てきてほしいと思います。
ぜひ、証券会社・運用会社に直接要望されてみてください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大180,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/07/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座&NISA口座開設&各種取引で住民票取得代行+最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中(2017/07/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)