詐欺?いいえ、「黄金の羽」です

水瀬ケンイチ

本日の日経電子版より。

「例えば、君が1年に81万6000円分の預金をするとする。預金のご褒美に、君の所得次第ではあるけれど、最高では預金額の50%、つまり半分の40万8000円分のお金を無条件でくれる、って言われたらどうする?」
「とりあえずグーで殴りますね。話がうますぎて詐欺っぽいので」
「まぁ、それが正常な感覚かもね。でもこういう商品は実際に存在する。しかも、この商品を使える人は三千数百万人もいるのに、実際に使っているのは13万人弱にしかすぎない。後で改めて触れるけど、ここには個人の投資環境についての、幾つかの悲しい状況が象徴的に表れてる気がするよ」
「ところでその商品って何ですか」
「教えない」

続きが見たいかたは……



日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
隠れた「お宝商品」に見る悲しい投資環境 (2011/09/20)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

をご覧ください。
これは詐欺でもなんでもなく、国が認めているきちんとした制度です。
橘玲氏の言う「黄金の羽」かもしれません。(出典:お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門

現在、私はこの技を使えない立場なのですが、もし使えるとしたら、真っ先に資産運用のコアに組み入れたいです。
ご自身がこの技を使える立場にあることに気づいていない方々が、数多くいらっしゃると予想されます。
あまりにもったいないことです。

別に、自営業やフリーランスでなくても、サラリーマンでも使えるケースがかなりあります。
ぜひ、勤務先の年金制度を調べてみてください。

P.S
ご利用の方々は、現在凍結中の「特別法人税」の行方には目を光らせておくべきだと思います。


関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ