リバランスの有効性を示すデータ

ほったらかしのインデックス投資でも、年に1回はやるべきことがあると言われています。

それが、リバランスです。
リバランスは、運用していく中で崩れてきたアセットアロケーション(資産配分)を、所定の比率に戻す作業です。
主な目的は、アセットアロケーションを整えることで、過剰なリスクを取ってしまうことを防ぐというものですが、副次的な効果として、高くなっているアセットクラスを売って安くなっているアセットクラスを買い増すことによる、いわゆる「逆張り」効果も狙えると考える人もいるようです。

過去のデータで見ると、リバランスによるパフォーマンス改善が見られます。
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!」(田村正之著)に、そのデータが掲載されています。

伝統的4資産(日本株式・外国株式・日本債券・外国債券)の均等配分で、1969年12月末に100円投資したとして2007年12月末まで続けたとします。
期間は38年間です。
リバランスの方法により、結果は以下のとおりです。

リバランスなし: 1,145円
5%乖離時にリバランス: 1,308円
10%乖離時にリバランス: 1,371円
1年ごとにリバランス: 1,404円
3年ごとにリバランス: 1,509円

この条件だと、3年ごとにリバランスがいちばん高パフォーマンス、その次に1年ごとでした。
ちなみに上記データの出所は、イボットソンでした。
なるほどねーと思いつつも、他のデータも見てみたいと思っていたところ……

最近のSTAMのコラムに、リバランスのデータが出ていたので、さっそくチェックしました。

住信アセットマネジメント コラム&レポート
2011/09/22 STAM投資ゼミナール 第3回「リバランスの効果~長期分散投資には定期的なリバランスが効果的~」

上記コラムからの引用です。
リバランスの有用性

こちらも伝統的4資産の均等配分で、運用期間は1984年12月末~2011年8月末です。
期間は約27年間ながら、直近の2011年8月末まで入っているのがいいですね。

数値は出ていませんが、グラフの目測でリスクあたりのリターンを推計すると、やはり3年ごとのリバランスがいちばん高パフォーマンスのようです。1年ごともまあまあです。
ちなみに上記データの出所はBloombergでした。

2つのデータを見る限りでは、リバランスは3年ごとか1年ごとくらいがよさそうです。
ここ最近は相場の変化が激しいので、ポートフォリオを適正なリスク量に保つためには、1年くらいがちょうどいいのではないかと、個人的には考えております。

世の中には、毎月の積み立ての時から、所定のアセットアロケーションに近づけるよう、投資するアセットクラスと金額を調整している投資家さんもいるようです。
毎月アセットアロケーションを計算して、その差分に応じて投資商品を変えるという、その努力がすごいなぁと思うのと、上記レポートのデータにも出てきたちょっとした「逆張り効果」がなくなっちゃうんじゃないかなぁ?という思いで見ています。

ただし、繰り返しになりますが、リバランスの主目的はリスク量の調整であって、パフォーマンスの向上はオマケだということを考えると、ある意味では、運用期間中のリスク管理をしっかりやっているということにもなり、どっちがいいということはないのかもしれません。

とはいえ、いずれにしても「リバランスなし」はあまりよろしくないようですので、ほったらかす中でも、年1回くらいはリバランスを考えてみてはいかがでしょうか。


<関連記事>
2011/08/01 リバランスの効果が高いのは月次?四半期次?年次?それとも乖離率?
関連記事


  





コメント

問題は税金か?

リバランスの欠点は税金がかかるケースが出てくる点です。
401Kならばともかく、一般の投信でやる時は税金の問題を考える必要があります。
資産が少なければ、積立金額を変える事で対処できますが、資産が大きくなると税金が無視できなくなります。
そこが個人では難しい所です。

三年間ごとくらいがよさげですが…

リバランスを三年間も我慢するには、かなりの胆力が必要そうですね(笑)

やっぱり知りたいのは税金のこと

いつも楽しく拝見しています。5年間一度もリバランスをしていない初心者です。さっそく気になっていたことを分かりやすく書いてくださり、ありがとうございます。リバランスについてのシミュレーションは紹介していただいた本や、関連記事に書いてあるものは読んだのですが、なかなか税金を考慮したデータが見つからないですよね。毎年10%~20%と税率も変更するし、配当にも税金はかかるし、国内債券以外の3資産全体が下がれば成績のいいアセットでも利益が出ずに税金がかからない場合もあるし、計算はかなり大変そうです。だれか税金を計算したデータを知っている方はいないでしょうか。

ほったらかし

何が何でも売らないと言われてましたが
(タイトルにも入ってた気がします)
ご自身はリバランスされてるのでしょうか?
売らずに下がったアセットクラスを買い増しするってのも
あるとは思いますけど。

でも、こんなデータもあるんですよね。

http://www.nli-research.co.jp/report/pension_strategy/2009/Vol152/str0902b.pdf
リバランス頻度とパフォーマンスの改善とに一義的な関係はない。

http://diamond.jp/articles/-/10685
もともとの投資ウエートを回復する意味でのリバランスを行ったほうがいいか、
また、行うとしてどの程度の間隔で行うかについてはしばしば議論になるが、
この議論はあまり意味がない。

バックテストを見るかぎり、期間のとり方によって、リバランスした方が良かった場合と、リバランスしない方が良かった場合があるんですね。

なかなか難しいなぁ。。。

この期間の実績で見れば、日本株式以外は大幅に上がっていて、かつ、一番割安な価格で投資しているので、その後リバランスによるパフォーマンス向上を求めるならば、大幅に乖離がでた時(外国株式が急上昇、急降下した時)にしないと意味がないということでしょうかね。しかも税金を考慮すると、ざっくり計算してもマイナスになりそうな差ですね。

ぜひ今後の20年もこんな右肩上がりになって欲しいものです。

>>リバランスの欠点は税金がかかるケースが出てくる点です

>>やっぱり知りたいのは税金のこと

リバランスについては、資産運用において何を優先するかという考えが問われると思います。
リスク量の管理を優先するか、パフォーマンスを優先するか、あるいは、楽ちんさを優先するか。いろいろあると思います。

ただ、資産運用、特にインデックス投資ではリスクコントロールが重要(というか、インデックス投資は最もリスクコントロールがしやすい投資法)だと考えています。
税金は、投資時期によってかかるもかからないも人それぞれです。
個人的には、インデックス投資をやっていて、税金を気にしてリスク量の調整を怠るというのは、本末転倒のような気がします。
ごく僅かな過去リターンの違いと、リスク許容度を超えた暴落に見舞われた時のダメージを天秤にかけて、よく考えてみてください。


>>リバランスを三年間も我慢するには、かなりの胆力が必要そうですね(笑)

昨今の相場変動を見るにつけ、経験的に3年ごとは長過ぎる印象です。
リスク許容度を超えた時点で簡単にゲームオーバーになってしまう危険性を、3年放置でどれだけ回避できるか、ちょっと疑問ですね。


>>ご自身はリバランスされてるのでしょうか

毎年1回、お正月にリバランスを実施しています。
(比率があまり変わっていなければ見送る年もありますが)
ノーセルリバランスについてご興味があれば、拙書「ほったらかし投資術」をご覧ください。


>>行うとしてどの程度の間隔で行うかについてはしばしば議論になるが、この議論はあまり意味がない

議論に意味がないとお考えならスルーすればよろし。
過去データを2例提示しましたが、ご紹介いただいた過去データと同じく、将来も同じ傾向が続くとは限りません。


>>なかなか難しいなぁ。。。

リバランスの主目的をリスク量の管理と考えれば実にシンプルなことで、別に難しくないような気がします。
オマケのパフォーマンス向上効果を重視するから難しくなるのだと思います。パフォーマンス向上とは、それ即ち「儲ける方法」と同義ですから、そりゃ難しくもなるでしょう(^^;


>>ぜひ今後の20年もこんな右肩上がりになって欲しいものです。

同感です。

よく本などでは1年と紹介されていますが、なぜ1年なのかは意外と書かれていませんよね。とても参考になりました。

取るデータの期間で結果は色々ですからね。
自分の気が済む方法で、かついじくり回さないようにルールを決めてで良いと思います。

自分は10%乖離したらです。それ以上乖離すると気になってしまうからです。理論もへったくれもありませんが…。でも、それ以下だとしないという事は守っています。

なるほど要はリスクですね

リバランスの主目的をリスク量の管理と考えれば実にシンプルなことで、別に難しくないような気がします。 オマケのパフォーマンス向上効果を重視するから難しくなるのだと思います。

これ、すごく分かりやすかったです。

リスク管理を第1に考えれば、毎月リバランスが一番いいけど、めんどくさいから1年に1回くらいがいいかもということですね。(要はなるべく早くということでしょうか)リバランスの仕方でどれが一番パフォーマンスが高いのかを考えること自体が、インデックス投資の考えと合わないのかもしれません。リバランスでパフォーマンス向上を考えるくらいなら、ただ株式100%のポートフォリオにすればいいだけですもんね。

イボットソンの発言?

自分自身、何処で読んだのか思い出せないので、話半分に聞いて欲しいんですが、
イボットソン自身が頻繁なリバランスはパフォーマンスに悪影響を与えると言っているのだとか。
かつてはリバランスがパフォーマンスの重要な要素だと思っていたけど、
リバランスは逆張りの効果がある反面、せっかくの利益を早食いしてしまうため、
控えめにするのが良いかもしれないという話です。
#せいぜいここ1年程のネタなはずなんですけど、誰かご存じじゃありませんか?

実際問題として、(日本、先進国、新興国)×(株式、債券)のオーソドックスなポートフォリオを組んだ場合、
その比率をさほど厳密に合わせなくても、リスクとリターンは極端には変化しません。
そう考えると、積極的にリバランスしなくても、資金の投入先を
リバランスを意識してコントロールする程度でも十分なのかもしれません。
(ある程度積極的な資金投入が前提なのでしょうが)

まあ、自己判断を加えれば加えるほどアクティブ投資に近づきますし、
何処まで手間暇をかけるかだけでも、永遠に語り尽くせそうな世界なんですけど。

自分は、その時点で割安と思えるクラスをちまちま積み上げていけば、
10年単位ではそれなりにバランスが取れてるといいなぁ、という思いで
実際に投資を始めて10年たちましたけど、これがなかなか。
何度も大イベントが起こりますし、世界は混沌とするばかり。

それでも、インデックスの事は信じていますし、バリュー投資の効果も信じています。

マイナスパフォーマンスのリバランス

1年ほど前から拝読しております。

リバランスの重要性については頭ではわかっているつもりなのですが、どれかひとつでもプラスになっていればいいものを、ここ数ヶ月のようにすべての資産がマイナスのポートフォリオのときには、それぞれのマイナス加減に差はあっても思考停止してしまうんですよね。
すべての資産がマイナスパフォーマンスのときのリバランス、どのようにされていますか?

>>#せいぜいここ1年程のネタなはずなんですけど、誰かご存じじゃありませんか?

イボットソンではありませんが、ニッセイ基礎研究所のレポートに同様のデータが掲載されています。参考までに、関連ブログ記事をご紹介しておきます。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1790.html


>>すべての資産がマイナスパフォーマンスのときのリバランス、どのようにされていますか?

本文でも書きましたが、リバランスは、アセットアロケーションのバランスが崩れてリスク許容度を超えてしまうことを避けることが、なにより一番重要だと思います。リスク管理ですね。
「損失が確定してしまう」とか「利益確定で税課税されてしまう」とかいう観点は、リスク管理の重要性に比べたら、二の次だと考えています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

【静】と【動】 一年分だけ振り返るセゾン資産形成の達人ファンドの歩み

 きっと何者にもなれない皆様、ちょっと11月は更新多いんじゃない?モ人SYO−GOです。ネタを大量放出しやがって、こんなハイペース(エ?)で更新してるといつかスポンジ...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)