通貨選択型投信、特にレアル型がえらいことに…

世界金融危機の後、世界中で自国通貨安競争をやっていましたが、一転、新興国が自国通貨安防止の介入競争になっているそうです。

WSJ日本版 2011/09/24より引用】
新興国が自国通貨安防止の介入競争に―金融市場混乱のドル高受け
【ロンドン】新興国を中心とした世界各国の通貨当局は23日、従来の国際競争力確保のための自国通貨安誘導競争から一転、今度は下落を防ぐための自国通貨買い介入競争に突入した。
世界同時株安など金融市場の混乱で、資金がここに来て米ドルに集中逃避、各通貨がドルに対して急落するのを受けた動きだ。
【引用おわり】

一生懸命自国通貨安に誘導してきたのを、今度は下がり過ぎたので自国通貨買いの介入までしているとは、為替の世界は忙しいですね。
為替リスクは、理論的にはリスクを取っても期待リターンは上がりません。
個人的には、できれば取りたくないリスクです。外国株や新興国株に投資したいので、渋々取っているリスクです。

為替リスクはただでさえ厄介なのに、外国債券や外国REITだけでなく、国内株式や国内REITといった国内資産に対してまで、わざわざ新興国通貨で為替ヘッジをするという変ちくりんな商品が、一時期、賑わいを見せていました。
通貨選択型投信です。人気はブラジルレアル型でした。

WSJの記事によると、そのレアルが4営業日で10%を超えて下落したそうです。
レアル型の投信は、基準価額が下落して、軒並みえらいことになっているようです。
一例を挙げると……
原資産が日本株のレアル型ファンドの状況を見てみます。
原資産が日本株のレアル型ファンド

青が「(ネット証券専用)新興市場日本株レアル型」、赤が「日本株厳選ファンド・ブラジルレアルコース」、緑が「野村日本ブランド株投資(レアル)毎月」という通貨選択型ファンドです。
いずれも、TOPIXに対して2倍以上下げています。
(厳密には比較対象がTOPIXで適当かどうかはひとまず置いておきます)

当ブログでも、通貨選択型投信の商品性の複雑さと高いリスクについて、何度も何度も警鐘を鳴らしてきました。
2010/08/13 債券投信はいいけど通貨選択型には気をつけて
2011/06/28 ネット証券4社共同プログラム『資産倍増プロジェクト』への落胆と期待
2011/07/21 毎月分配型投信や通貨選択型投信もいいけれど、売る方も買う方もしっかりしよう

ブログでは、複雑な商品性と高いリスクを分かって買っているのなら何も申しあげることはありませんが、よく分からないなら「自分が理解できないものには投資しない」の原則を守った方がよい、と繰り返し申しあげてきました。

もちろん、これらの投信は以前調子が良い時期もありましたし、存在自体を否定するわけではありません。
ただ、これら人気投信の購入者が、この事象に納得されていればいいのですが。

関連記事


  





コメント

当然、投資している人は納得済みだから大丈夫ですよ♪

なんてことはないんでしょうね。

「こんなに下がるとは思わなかった」と言っている姿が思い浮かびます・・・

最近はもっと理解不能な投信が登場

中には「5年10年スパンで考えればレアル高に進むと考えるが普通のようなので」と言っている人もいます↓
http://okwave.jp/qa/q7022871.html
急激にレアル・円の為替レートが円高に進んでいる理由については僕は良くわかりません、しかし、暴落すると言うのも高金利通貨の宿命とも言える事実だと思います。
資産倍増プロジェクトで登場した「新興市場日本株レアル型」なんてネット4社はどうやって言い訳するのだろうか?

最近はもっと訳の分からない投信も登場しており、こんなの一体誰が理解できるのだろうか↓
http://okwave.jp/qa/q7033775.html

「自分に理解できない物には投資しない」と言う事は自己防衛の一環として守っていきたいです。

自分では理解できないものに大金をつぎ込んでしまう…方々に支えられている市場というのもどうなんでしょうか

「自分に理解できない物には投資しない」から預貯金だけ、というのが日本人の大半だと思いますが

新興国は自国通貨の為替変動をなるべく緩やかにしたいだけだと思いますよ。

今までの通貨安戦争は、
貿易黒字の中国が元を不当に安く管理したことと
アメリカが上記の理由と自国経済の勝手な都合で『基軸通貨のドル』を安くしたのでそれに合わせて各国自国通貨を下げることでドルに対する為替変動を押さえる必要があったのだと思います。

言うまでもなく、日本はそれをやっていない国ですが・・・。

あとユーロは市場の原理に反するので消えさって欲しいです(笑

8%の高金利商品はいかが

 ここ2、3年レアル建ての商品は人気だったので、レアルの急落に慌てている方は少なくないだろうと思います。2年前の夏、私のところにもある証券会社のベテラン、新人が入れ替わり立ち代り現れてはレアル建ての商品を勧誘していきました。
 でも、高金利の通貨はそのインフレ率にあわせて安くなると考えられるという理屈は説明しませんでした。対ドルでの円高を、対レアルにも当てはめて将来レアル高になるかのような説明だけをしていきました。丁寧な説明をしていきましたが、そこんところだけ説明が無かったので印象深く記憶に残ってます。
 その証券会社では5年前に発行され、この12月に償還する公債を買ってあります。当時は好景気で公定歩合の引き上げが確実視されていたので1.4%の金利では買う人がいなかったとみえて、私のような零細投資家にも回してきたんだと思います。今となっては1.4%でも高金利に思えます。リスクを取りたくない部分の資金なので12月以降が、また悩みです。
 

このタイミングで特別分配金が毎月のように分配されてしまったらたまらないですよね。
相場の回復に乗れないでしょうねー。
この種のファンドで積立ている方も少ないでしょうし。
耐えられなくなって解約する方、多いんでしょうねー。

PIMCOのTRFが一般口座から特定口座になる時米国債レアル建てを、かなり強引に勧められました。ドルからドルのスイッチングは手数料0%、しかしドルからレアル建ては3、65%かかります。大多数の方がレアル建てを選択しているといわれた。電話を受けて「なんで俺にレアル建てを勧めたりすんの」と少し悲しくなった。やはり本、ブログ、ツイッターなどで正しい金融知識を身に付ける大切さを痛感いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

通貨選択型はやっかいですね~。

証券外社は、あきらかに短期投資の商品の認識がありながら、中長期ですすめていた傾向があります。

急激に上がったものは、過熱感で割高傾向になってますから、反対に振れると厳しいですね・・

こういった仕組みが複雑な商品が売上げ上位を占めているあいだは、経済では先進国でも、投資では発展途上国といった感じですね(苦笑)

初めましてMiller3132です。
いつも楽しくブログ拝見させて頂いています。
参考になる内容や興味のある内容ありがとうございます。 今回、僕もブログ開設しました。まだまだ、ブログや投資に関して素人同然ですが、少しでも金融リテラシー等の向上のため頑張っていきたいので、よろしくです。もし良かったらブログ開設しましたので覘いてやって下さい。

昨日は、幹事お疲れさまでした。

また、よろしくお願いします。

井の中の投資者

通過選択型なんて不精でまだ勉強も実践もしてません。
もくもくとインデックスだけです。最近下がっていても意外に泰然自若
で積み立て止めない自分に驚いています。(解約もめんどくさいんでしょうね・・)

またどこかの老人が販売会社訴えるのでしょうか?

私はこの手の商品が良いとも思わないし買わないですが
なんだかんだで資金資産があるのは無収入かその予備軍の
高齢者が多いと思いますので 元本を取り崩すよりも
元本よりも毎月 おこずかい(苦笑)の出る商品がほしい
かもしれませんかね
買う人がいるからニーズがあるのか無理して需要を作って
いるのかは私には分かりませんが、無収入の方が一番資産もち
であるのであれば 複雑であろうと分配金の大小が一番大事に
なってるのか・・・もしれませんかね
仮に私がその立場にいた場合 その商品は買わなくても無分配の
商品に購買意欲をそそることもないとも思っています^^
たぶん相応に資金もある人なら元本より分配のほうが大事な人が
いるのも わからんでもないです。

優待とか蛸足配当でも配当出せ!!という株主に近い考えと思います







>>「自分に理解できない物には投資しない」から預貯金だけ、というのが日本人の大半だと思いますが

それでいいのでは?
世の中には「リスク許容度がゼロ」という方々が数多くいらっしゃいます。
また、多額の住宅ローンを抱えていたり、生活防衛資金の確保を前提とすると、日本人全員が投資できる環境にあるとも限りません。
そういう方々は預貯金だけというのが適切な運用だと思います。


>>新興国は自国通貨の為替変動をなるべく緩やかにしたいだけだと思いますよ

仰るとおりだと思います。


>>でも、高金利の通貨はそのインフレ率にあわせて安くなると考えられるという理屈は説明しませんでした

その販売員が意図的なのか、購買力平価を知らないのか、どちらにしても、それを聞いてレアル型を買った投資家は納得できているのかが気になります。


>>PIMCOのTRFが一般口座から特定口座になる時米国債レアル建てを、かなり強引に勧められました

先日、PIMCOの債券王ビル・グロース氏も運用の失敗を認めました。
自分の身は自分で守るしかないのでしょうね。


>>こういった仕組みが複雑な商品が売上げ上位を占めているあいだは、経済では先進国でも、投資では発展途上国といった感じですね(苦笑)

運用大手各社は、毎月分配の通貨選択型投信を新スキームの商品としてアジアに売り込んでいく戦略らしいです。
実に商魂たくましいものです。


>>今回、僕もブログ開設しました。まだまだ、ブログや投資に関して素人同然ですが、少しでも金融リテラシー等の向上のため頑張っていきたいので、よろしくです

投資ブログは、立ち上げるのは比較的簡単ですが、継続するのがなかなか難しいようです。
頑張ってください!


>>私はこの手の商品が良いとも思わないし買わないですがなんだかんだで資金資産があるのは無収入かその予備軍の高齢者が多いと思いますので 元本を取り崩すよりも元本よりも毎月 おこずかい(苦笑)の出る商品がほしいかもしれませんかね

えーと、本ブログ記事の主題は、毎月分配型ではなく通貨選択型(特にレアル型)です。
勘違い?(^^;

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

すみません 勘違いでした(通貨選択型→毎月分配)と自動変換
されちゃいました^^;すみません

P。Sネット証券の専用ファンド第二段が出るようです。前回の
   反省?を一応踏まえているようですが、サテライト部分に
   なる商品性から倍増?は無理でしょうか(笑)
   ①アジア新興国株式インデックス
   ②ロングショート
   ③日本バリュー株 のようです

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)