未来には、それに値する謙虚さをもって接する

私が楽しみにしているメルマガのひとつに、バンガード・ニュースレターがあります。

2011/09/27発行のバンガードレター<第26号>は、米国バンガードのビル・マクナブCEOに、最近の出来事についての意見と、事態を憂慮する投資家への指針を聞くという内容でした。
興味深かったので、一部を引用させていただきます。

◆今年は投資家にとって、控えめに言えば何かと興味深い年といえますが、ここ数ヶ月間を振り返って、私たちは何を学べたと思いますか?

特に際立っていたのは、世界全体でも金融市場の中でも、まったく予測不可能な出来事が起こっているということです。例えば、日本を襲った恐ろしい災害や中東での政情不安の発生を、誰も予測できませんでした。欧州の債務危機や米国の債務上限引き上げを巡る議論さえ、予想通りの展開にはなっていません。

ここから私たち投資家が学ぶべきことは、想定外のことが起こり得るのだ、と常に想定しておくということです。バンガードのチーフ・エコノミストを務める同僚のジョー・デイビスは、「未来には、それに値する謙虚さをもって接するべきだ」と語っています。言い換えれば、投資の判断を下す際に、将来の予測はとりたてて役に立たないということです。これまでの経験や、時の試練に耐えた堅固な投資原則に頼った方が賢明だと思います。


良さげなことが書いてありますが、「予想外のことが起こり得る、と常に想定しておく」というのは、一見、矛盾しているように思えます。
また、「未来には、それに値する謙虚さをもって接する」というのも、抽象的な表現でいまいちピンときません。
これらは、具体的に、どうすればよいということなのでしょうか。

私の個人的な解釈はこうです。
まず、リスク資産以外に生活防衛資金をたっぷり用意しておくこと(私は生活費の2年分以上を確保しています)、そして、リスク許容度をしっかりと把握し、リスクに対して余裕を持ったポートフォリオで運用をするということ(リスク資産への投資金額を控えめにする、最大損失額が2σで心配なら3σまで見ておく等)ではないかと思います。

将来が不確実なのは当たり前です。
不確実性に対して、それを予測して利益を取りにいくことで対応するのではなく、最悪ケースを安全サイドに倒して備えておくことで対応する方が、現実的だと思います。

「投資の判断を下す際に、将来の予測はとりたてて役に立たないということです。これまでの経験や、時の試練に耐えた堅固な投資原則に頼った方が賢明」というのは、もっともなことだと思います。
もちろん、世界の経済環境は目まぐるしく変わるので、過去に最適だった投資法が今後も最適とは限りません。
しかしながら、それに代わると思われる投資法が、過去の投資法よりも良いものであるという保証はどこにもありません。

その新しい投資法がどんなに素晴らしく見えても、少なくとも「時の試練」に耐えていない分、エビデンスが少ないことを忘れてはいけないでしょう。
現在の投資法のパフォーマンスが気に入らないからといって乗り換えた新しい投資法が、今よりももっと酷かった、なんてことにならないようにしたいものです。

それにしても、リーマン・ショックの時も、今回の世界同時株安の時も、バンガードは良いタイミングで良い情報を提供してくれます。


※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いします。
関連記事


  





コメント

バンガードの「投資の判断を下す際に、将来の予測はとりたてて役に立たないということです」は、いい文章ですね。いつも忘れずにいたいです。
「今度ばかりは違う」という雑音も気にせずに常に冷静にありつづけたいと思います。

株価下落時の(メンタル面での)対応

◆休む
急激な株価の変動などを見て、ドーパミンが噴出した状態のまま投資判断をしない。一晩寝て冷静な頭で対処を考える。

◆過去を振り返る
過去の暴落を振り返り、どの程度の期間、どのくらいの金額まで下落したのかを学ぶ(=判断基準を増やす)

◆フレーミング(思考の枠組み)を変える
1)逆に考えてみる。資産が「もう何割、減少した」ではなく、「まだ何割、残っている」と考える
 
2)資産の増減額(=部分)ではなく、総資産額(=全体)で把握する

 減少額で見た時は大きく感じた金額(例:-30万)が、資産全体(例:750万→720万)で見ると、それ程でも無いように感じる(筈)

 出来れば、総資産の推移を「棒グラフ」にしてみると、視覚的に効果が感じられる(筈)
※作成するグラフは、棒グラフの方が良いと思います。折れ線グラフですと、どうしても直近の「変化率」に注目してしまうので。
・棒グラフ  …対象の量を把握するのに向いている
・折れ線グラフ…対象の傾き(変化)を把握するのに向いている

◆リバランス
…暴落時をピンチと考えるのではなく、リバランスのチャンスと考える。

参考書籍)「あなたのお金と投資脳の秘密―神経経済学入門」ジェイソン・ツヴァイク(著)

※「第6章 リスク」で、リスク許容度がその時々の状況、感情(天候でもw)によって移ろい易い事をトクトクと解説。章の最後で(メンタル面の)リスクコントロールについてアドバイスしてたので、そこから抜粋+若干アレンジしてみました。

己を知る

 孫子の兵法で有名なのは「敵を知り己を知れば100戦危うからず」でしたか。でも私の場合は「敵を知らなくても、己を知っていれば負けることは無い」の方が合っています。
 将来予測に心血を注ぐよりは、自分がとりうるリスクの範囲以内でコツコツ投資を続け、退職金が倍になれば良いなあという感じです。

長い道のり

長期資産運用の肝はどれだけ長く継続したかですね。まだ15年位の経験じゃ「想定外の出来事」の経験値が低いという事を実感します。その都度、自分なりに対処法を考えながら、これから来るであろう「想定外の出来事」を乗り越えて行こうと思います。

投資が続けられる環境にいる事が一番ラッキーな事かも知れない

金融危機の後に起きた東日本大震災は痛いです。
これで失業した人や家の倒壊で大半の資産を失った人が多かったと言えるので、インデックス投資どころの騒ぎではないと思います。
はっきり言って株価下落よりも、失業や家の倒壊などのリスクの方が遥かに破壊力が凄まじい事を東日本大震災は物語っています。
株式インデックスに10年投資しても現時点ではマイナスの人もいます。
ただ、こんな局面で国内債券を持っている人は強いです、リバランスして株価を安く買えるチャンスを作ったと言えるからです。
結局のところ、未来は誰も予想できないのはその通りで、色んなアセットクラスへ分散投資しておく事や、生活防衛資金を持っておくのはその通りだと思います。

ただ、僕の場合は1つだけラッキーな事があります、それは投資できない状態にまでダメージを受けた訳ではなく、投資を続けられる点は今でも変わりがないからです。
少なくとも、今、投資できる人はラッキーなのかも知れないです。
人間は悪い事ばかりを考えがちになりますが、もう少し周りを見渡せば、決して悪い事ばかりではないと考えています。
ミスターマーケットに踊らされないように注意したいです。

>>「今度ばかりは違う」という雑音も気にせずに常に冷静にありつづけたいと思います

「今度ばかりは違う」は要注意NGワードですね。


>>株価下落時の(メンタル面での)対応

せっかくのご考察、「売らずに我慢するテクニック」カテゴリーで取り上げてもいいですか?


>>己を知る

素晴らしい。
簡単なようで難しい、永遠のテーマかもしれませんね。


>>まだ15年位の経験じゃ「想定外の出来事」の経験値が低いという事を実感します

私も投資は10年くらいの経験なので、まだまだだと思います。


>>投資が続けられる環境にいる事が一番ラッキーな事かも知れない

そのとおりかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)