年金カットの恐るべき理由

水瀬ケンイチ

今日のYOMIURI ONLINEの記事を見てドキッとしました。

【YOMIURI ONLINE 2006.4.12より引用】
公務員OB 年金、最大1割カット
一元化向け 政府・与党方針 「追加費用」50~20%削減

 政府・与党は11日、厚生・共済両年金の一元化に伴い、公務員OBの年金額を10%を上限に減額し、OBの年金の一部に投入されている追加費用と呼ばれる税金を20~50%削減する方針を固めた。年金の官民格差を緩和することが狙いだ。ただ、年金額が少ない場合は、生活に支障がないように減額を免除する最低保障制度も導入する。最低保障額は年200万~300万円程度となる見通しだ。

 政府は、OB減額や厚生、共済両年金の保険料率の統一時期などを盛り込んだ、年金一元化関連法案を来年の通常国会に提出する方針だ。OB減額は早ければ2008年度から実施する。

 年金減額の上限を10%としたのは、今国会で成立した国会議員互助年金(議員年金)廃止法が、議員OBの減額の上限を10%としたことを参考にした。「10%以上の削減は、憲法が保障する財産権に抵触する恐れがある」(自民党幹部)と判断したためだ。最低保障制度については、保障額を少しでも上回ると保障額以下しか受け取れない逆転現象が起こることから、段階的に減額幅を変えるなど、不公平の是正策も検討する。
【引用終わり】

公務員OBの年金カットの話自体はあまり興味がなかったのですが、気になったのは10%という数字の理由です。
『「10%以上の削減は、憲法が保障する財産権に抵触する恐れがある」(自民党幹部)と判断したため』ということは、逆に言うと、10%までは財産権に抵触しないってこと?

日本の財政赤字を解消するため、将来、いわゆる「資産課税」が行われるのではないかという予測が一部でされています。
「そんなことできるわけないだろう」と思う反面、現に「10%までなら財産権に抵触しない」という理由で年金をカットされている人がいるということは、同じ理由で私達の金融資産に10%までの資産課税がかけられないとも限りません。



新たな年金制度と期待されている、確定拠出型年金(日本版401k)では、現在凍結されているものの、「特別法人税」という名の資産課税の制度があるそうです。
運用を他人に丸投げしている確定給付型年金はともかく、自己責任の運用によって築き上げた資産に対して、税金をかけるというのは……。

1000兆円を超えたとも言われる日本の財政赤字額を見るにつけ、心配になります。
杞憂だといいのですが……。
関連記事
広告
投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ