売らずに我慢するテクニック 『株価下落時の(メンタル面での)対応いろいろ』

私の投資スタイルは、インデックスファンド・ETFのバイ&ホールド戦略です。

この戦略を採用している投資家のいちばん大事な仕事は、企業分析やマクロ経済分析ではなく、単に「ファンドを売りたくなった時に我慢すること」だと考えています。

投資において、目的と方法がしっかりと決まっていれば、あとはそれを継続するために、どんなことでもやるべきだと思っています。
些細なこと、屁理屈みたいなこと、おまじないみたいなこと、支えとなる言葉……なんだっていいのです。

皆さんいろいろと工夫しておられるようです。
今回は、コメント常連のhinoさんから寄せられたテクニックをご紹介します。

※注意事項ですが、これらは「バイ&ホールド戦略」を採用している方々の日々の工夫です。他の戦略の方々にとっては当てはまりません(むしろ害があるかも)ので、ご注意ください。



株価下落時の(メンタル面での)対応

◆休む
急激な株価の変動などを見て、ドーパミンが噴出した状態のまま投資判断をしない。一晩寝て冷静な頭で対処を考える。

◆過去を振り返る
過去の暴落を振り返り、どの程度の期間、どのくらいの金額まで下落したのかを学ぶ(=判断基準を増やす)

◆フレーミング(思考の枠組み)を変える
1)逆に考えてみる。資産が「もう何割、減少した」ではなく、「まだ何割、残っている」と考える
2)資産の増減額(=部分)ではなく、総資産額(=全体)で把握する

減少額で見た時は大きく感じた金額(例:-30万)が、資産全体(例:750万→720万)で見ると、それ程でも無いように感じる(筈)
出来れば、総資産の推移を「棒グラフ」にしてみると、視覚的に効果が感じられる(筈)

※作成するグラフは、棒グラフの方が良いと思います。折れ線グラフですと、どうしても直近の「変化率」に注目してしまうので。
・棒グラフ  …対象の量を把握するのに向いている
・折れ線グラフ…対象の傾き(変化)を把握するのに向いている

◆リバランス
…暴落時をピンチと考えるのではなく、リバランスのチャンスと考える。

参考書籍)「あなたのお金と投資脳の秘密―神経経済学入門」ジェイソン・ツヴァイク(著)

※「第6章 リスク」で、リスク許容度がその時々の状況、感情(天候でもw)によって移ろい易い事をトクトクと解説。章の最後で(メンタル面の)リスクコントロールについてアドバイスしてたので、そこから抜粋+若干アレンジしてみました。


以上です。
hinoさんは、人間が持つバイアスについてとても詳しいことでツイッターでも有名です。
折りしも現在は下落相場の真っ只中、参考になるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

※その他の「売らずに我慢するテクニック」集が、こちらのカテゴリーにたくさん出ています。ご興味があればご覧ください。
関連記事


  





コメント

>逆に考えてみる
おもしろい思考ですね。
インデックス投資家はバイ&ホールドなんですが、
FXトレーダーは反対に早く利益確定の決済したくなってしまい、
「売らずに我慢するテクニック」
が必要だったりしますw
お互いの立場で難しいですねw

インデックス投資家には仲間がいる

メンタル面を考える時は、やはり投資仲間だと考えています。
一人ぼっちで投資をしていると誰にも相談できないから挫折しやすいかも知れません。
しかし、インデックス投資には仲間がいるから皆で乗り切っていける知恵があると思うのです。
現に、このブログで色んな知恵を授かっている面は結構あります。

今回のhinoさんの方法も参考にしながらゆっくりとやっていきたいです。
でも、人の意見を聞くだけではなくて自分でも色んな勉強をしてメンタル面をどうするのかの研究もしていきたいです。

個人的には下がってるときより上がってるときに買うほうが
苦痛になります(ので積立はしていないです)

同じことが取り崩す歳になったときには言えませんけどね(笑)

今の心理状態は売らない我慢よりポジションを大きくしすぎない
よう買わない我慢のほうかもしれないです

「早いうちに暴落を経験しておく」も有効かもしれません。
2009年までの下落相場を経験していると、今の下落はあまり痛みは感じません。含み損の確認頻度も明らかに少なくなりました。

・・・「下落相場に遭遇できなかったら?」「初めの下落で投資を嫌になったら?」というツッコミを受けそうな対応案です。

買わずに我慢する

確かにここまで下がると、債券部分を解約してポジションをちょっとだけ大きくしてしまいそうになる誘惑に駆られますね。今のTOPIXを見ていると、3ヶ月分まとめて買ってしまいたくなります。特に「今年最安値」なんて出るとついつい・・・。誘惑に負けそうです。

皆さんは買わない我慢はどのようにしているのでしょうか。

やはり、急落したときに笑って買いませるように余剰資金を用意いておくことですかね。

余剰資金が多すぎると上がった時に悔しいですし、少ないと多く買いませないので心理的に難しいことは難しいですが、余剰資金の用意は下落のショックを緩和してくれると思います。

世の人は我を…(忘れた)

「継続は力なり」です。市場から逃げ出す人から踏みとどまる人に、お金は移動するんだと思ってます。
ただ続けるだけならインデックス無限ナンピン投資は優れた方法だと思います。

>>お互いの立場で難しいですねw

そうですね~。
ただ、本文中にも書きましたが、違う投資法を採用しているかたには当てはまらないテクニックなのでご注意を。


>>メンタル面を考える時は、やはり投資仲間だと考えています

仲間の存在は大きいですよね。
私もよく助けられています。


>>今の心理状態は売らない我慢よりポジションを大きくしすぎない
よう買わない我慢のほうかもしれないです

>>皆さんは買わない我慢はどのようにしているのでしょうか

http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1801.html#comment12425


>>「早いうちに暴落を経験しておく」も有効かもしれません

たしかに。
投資ブログを見ていると、皆さんリーマン・ショックや震災で相当強くなった感じがします。


>>やはり、急落したときに笑って買いませるように余剰資金を用意いておくことですかね

大切なことだと思います。


>>市場から逃げ出す人から踏みとどまる人に、お金は移動するんだと思ってます

なるほど、そうかもしれませんね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)