チャールズ・エリス氏セミナーレポート(その3)

チャールズ・エリス氏セミナーレポート(その1)
チャールズ・エリス氏セミナーレポート(その2)
の続きです。
繰り返しになりますが、内容については、水瀬の主観による省略やまとめが含まれますことをご了承ください。

■一番大切な目標はなに?

(1)本当のゴールを理解する
・リスク許容度・資産・支出・流動性
・不確実性に対する許容度
・決めた方針を貫ける能力
・パフォーマンスの良し悪しにどんな影響を受けるか

(2)本当のゴールに到達するための○○目標設定

(3)重大な損失を招かない
・一時的損失のことを永遠の損失にしてしまう
・用心過ぎる
・大胆過ぎる(若い男性に多い)

(4)堅い守り
・ポートフォリオの構造
・運用会社の選択
・投資家の信頼
・誠実なファンドマネージャー
・結婚の誓い

(5)もっと!
・欲張りが支払うコスト(マネージャーの変更・銘柄選択・人の真似)
・過去のデータは将来を予測しない
・「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う
・一生懸命になるほど結果は悪くなる

(水瀬コメント)
重要なキーワードがたくさん出ています。
(1)は「本当のゴールを理解する」というタイトルですが、内容は「自分自身を知る」ということになっています。つなげると、「本当のゴールは、自分自身を知ること」。これは深い…。
(2)はゴメンナサイ。メモの字があまりにも汚くて解読不能です(汗)。どんな話だったっけな…?これをご覧のかたで覚えている方がいらっしゃいましたらご一報を。
<追記2011/10/10>
Dr_Kabuさんより、解読不能部分は「目標設定」だと教えていただきました。感謝!
<追記終わり>

(3)は狼狽売りや極端な悲観・楽観は、重大な損失につながるということだと思います。
(4)はリスクを抑えたポートフォリオ、信頼できる運用会社、そことの長期的リレーションシップ等が、投資における「守り」になるということだと思います。
(5)は欲張らず、高望みせず、冷静に、ということだと思います。

■ハリーポッターの教訓
「ハリーポッターよ、人の値打ちを決めるのは、どんな能力を持っているかではなくて、なにを選択したかなのだ」

(水瀬コメント)
最後の話です。エリス氏はこの教訓に、「知るべきなのは自分自身」とだけ付け加えて、講演を終了しました。
そこから先は各々で考えろ、ということなのでしょう。
以上、終了。にしてもいいのですが、参考までに、私の個人的解釈を少し。

ハリーポッターの教訓は、いろいろな意味に取れますが、私はこう捉えました。

「投資において大事なことは、難しい投資理論や最新の取引技術を身につけることではなく、自分の性格やリスク許容度に合ったシンプルな投資法を継続することである」

ということです。
私の場合はさしずめ、自分が決めた資産配分で、インデックスファンドを毎月「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」で積み立てること、ですかね。
ぜひ、皆さんも自分に当てはめて考えてみてください。


この後、質疑応答がありました。かなり突っ込んだ質問が出てましたよ。

次回、最終回に続く)
関連記事


  





コメント

疑問もあります

疑問もあります。
(5)もっと!
・「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う
この点がよく分りません。
一般投資家ならば緊急事態は考えておかなければならない点だと思います。
緊急事態を想定していない投資家の場合は、リーマンショックや東日本大震災で壊滅的ダメージを蒙り、投資資金の大半の資産を失う羽目になりました。
中でもFX投資家の場合は、高金利通貨の大暴落で1000万円程度の証拠金が0になった事例もあります。
その他に台風12号の被害が大きかった紀伊半島の東斜面に住んでいた人たちも経済的損害が寛大でした。

エリス氏が何を言いたいのか分からないのですが、個人的には緊急事態は考えておき、それが本当に起きた時に対処できるようにしておくのも一策ではないかと思います。
ただ、緊急事態は確率的には低く一生のうち数回程度しか起きない事が多いので、考えすぎても良い結果は生まないと考えてはいます。
この点は是非、エリス氏に質問をして疑問を解消したい点でもあります。

私はこう思う

エリス氏講演録(水瀬氏レポート)>>・「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う

タカちゃんのコメント>この点がよく分りません。

確かに、この箇所だけでは講師の真意がわかりません。
ただ、レポートの他所での、
>敗者のゲームでは、ミスが多い者から脱落していく・・・ニュースへの過剰反応。平常状態の無視・・・

などの記述から、私は
《「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う→突発事態に狼狽するな、冷静たれ》と解釈しました。
単純ですかネ。

>>・「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う
>>この点がよく分りません。

私はエリス氏ではないので真意は分かりませんが、聞いていた印象だと、「突発的な暴落で脊髄反射的に狼狽売りしないこと」という意味だと想像します。
自分自身のリスク許容度をよく知り、それに合ったポートフォリオを組んだら、みだりに変更しないと言っているので、基本的に言っていることはタカちゃんさんと同じだと思います。


>>《「緊急事態」にとらわれると本当に大事なものを失う→突発事態に狼狽するな、冷静たれ》と解釈しました

聞いていた感じでは、おそらくそのとおりだと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)