マルキール、エリス対談(4)コストを抑える

インデックス投資家の2大バイブル、「ウォール街のランダム・ウォーカー」と「敗者のゲーム」の著者、バートン・マルキール氏とチャールズ・エリス氏の対談動画が、YOMIURI ONLINEに掲載されています。

YOMIURI ONLINE 英語で学ぶ~投資の基本
投資を成功させる五つのヒント―マルキール、エリス対談(4)コストを抑える

対談動画の第4回目は、コストについてです。
コストは軽視されがちです。
資産額に対して年1%というコストは、「たった1%」と思うかもしれませんが、仮に年間10%のリターンがあったとしたら、その10%を占める大きさとのこと。
なるほど~。そういう風に説明されると、その大きさに気づかされますね。

個人的に興味深かったのは、マルキール氏の「パフォーマンスで上位4分の1の株式投信を選ぶ確実な方法は、コストと回転率が下位4分の1のファンドを選ぶこと」という主張です。
インデックスを上回るファンドを事前に選び出すことはできないといわれていますが、これは、何かのヒントになるかもしれません。
上位4分の1=インデックスを上回る、という関係性があるとまでは言っていませんが、コア&サテライト戦略でアクティブファンドを選んでみようという時に、ましなファンドを選ぶ目安にはなるかも知れません。

詳しくは、動画を見てみてください。
3分程度で、日本語・英語字幕付き、もちろん無料なのでおすすめです。
関連記事


  





コメント

ちょっとだけ気になったのですが、
動画中でエリス氏が仰っていた、
短期・長期利益の税率云々という部分は、
米国税制のみの話ですよね。

基本的にアメリカでの運用を前提に話されている様なので、
他にも日本での運用に当てはまらない部分などあったりするんでしょうかね?

>>他にも日本での運用に当てはまらない部分などあったりするんでしょうかね?

国が違うので当然制度等細かい違いはありますが、投資の基本は変わらないと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)