よく読まれた記事ランキング(2011年1月~6月)

水瀬ケンイチ

過去のブログ記事でどの記事が、いちばんよく読まれていたのか?

1か月の人気記事ランキングは、左サイドバーに自動的に表示されていますが、毎日1か月分遡ってどんどん更新されているので、定点観測的な比較がしづらいという課題がありました。

どの程度の期間で比較するのがいいのかよく分からなかったので、とりあえず今年の上半期(2011年1月~6月)で、ベスト10を調べてみました。
自分でも、いったいどの記事がよく読まれていたのか見当がつかないので楽しみです。
それでは…

第10位
「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著)はアグレッシブ (2011/05/22)

第9位
いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか? (2011/05/21)

第8位
知っておくべき日本の投資信託の黒歴史 (2011/01/22)

第7位
世界最大のETF「SPDR S&P500 ETF」(SPY)が東証に重複上場 (2011/03/05)

第6位
10年前に聞いた「お金持ちの必勝法」 (2011/04/12)

10位から6位までは上記のとおりでした。
次からの第5位以上は、ちょっとしたコメントを付けて振り返りたいと思います。



第5位
「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」3月分の投資を実行 (2011/03/14)

え?毎月淡々とやっている「ちょいドル法」の記事なのに何故!?
変わったことといえば、この月は、日本債券クラスの投資商品をMMFから個人向け国債「変動10」にリレー投資したことくらいですが、謎です…。

第4位
相方の借金 (2011/06/04)

旧日本育英会の奨学金(無利子)を毎月コツコツ返済してきた相方が、ある日突然一括返済しました。その理由とは?
この人の行動にはよく驚かされています。

第3位
2011年1月現在のアセットアロケーションと主な構成商品 (2011/01/03)

年に2回しか把握していない私のアセットアロケーションについての記事です。
メールやコメントでよく聞かれ、その度にこの記事を案内していたので納得です。
ちなみに、直近のアセットアロケーションはこちらの記事で公開しています。

第2位
2011年の投資戦略、若干の修正 (2011/01/02)

これは、代わり映えしない私の投資戦略においては、ここ数年でいちばん大きな意思決定でした。
それまでの「外債不要論」と「購買力平価説」に関する議論をふまえ、私のアセットアロケーションの債券クラスについて、外国債券の縮小(もしかしたら撤退)および日本債券の拡大を決めました。
現在も着々と進めていますし、今のところ奏効しているように見えます。もちろん、本当の成果は20~30年先にならないと分かりませんが。

第1位
東日本大震災でわかった「生活防衛資金」の必要額と最適商品 (2011/03/27)

先の東日本大震災では、着の身着のまま逃げてきて通信環境もままならない被災者にとって、当座の資金を確保するのに、「ネット証券で投資信託を売却して、○日後にMRFとして買付余力に反映されたら、銀行に出金処理を行ない、○日後にATMから引き出す」などという込み入った処理は、とうてい現実的ではないことをまざまざと見せつけられました。
被災地の金融機関が行なった緊急対応等から、平時ではなく本当の危機に備える「生活防衛資金」の必要額と最適商品を考えてみた記事です。

なお、記事中にも書きましたが、被災地ではまだ苦しんでいる方々がたくさんいるのにお金の話ばかりで不謹慎だ、というお叱りがあるかもしれません。ごもっともだと思います。震災に対する当ブログのスタンスは以下にまとめていますので、よろしければご覧いただけたら幸いです。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1682.html


……というわけで、2011年1月~6月の間で、最もよく読まれたブログ記事ランキングは、上記のような結果になっていました。

なかには意外な記事も入っていましたが、ほとんどが驚いたトピックスであったり、コメントでの議論が盛り上がったりした、思い出深い記事がランクインしていました。
やはり、表面的なニュースや雑感よりも、お金や資産運用についての本質的な骨太の考察のようなものの方がよく読まれているのだなと感じました。

しばらくしたら、またランキングしてみたいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ