「よく読まれた記事ランキング」でよく読まれた記事

昨日のブログ記事「よく読まれた記事ランキング(2011年1月~6月)」では10本の過去記事をご紹介しました。

お遊びみたいなもんですが、その10本のランキング記事の中で、この2日間でよく読まれていた記事はどれか調べてみました。
ページの上(第10位)から順番に読まれていたのか、ランキングが高い順に読まれていたのか、それともどれかが特別に多く読まれていたのか?

サクっと結果を書きます。
いちばん読まれていたのは……
いくらあれば早期リタイアしてもいいと思いますか?」でした。
これは2011年上半期では第9位の記事でした。

最近は相場低迷で、「早期リタイアを目指す!」という意見をめっきり見なくなりましたが(私はいまだに目指していますが^^)、実は興味があるかたが多いのかもしれません。
まあ、単にページの上の方にあったということかもしれませんが。

次に読まれていたのは、「相方の借金」でした。
これは、2011年上半期では第4位の記事でした。
大きな声では言えませんが、やっぱり、他人の借金についてはちょっと気になりますよね。

お遊びであまり長く引っ張っても仕方がないので次で最後にします。
次に読まれていたのは、「10年前に聞いた『お金持ちの必勝法』」でした。
これは、2011年上半期では第6位の記事でした。
東京電力がらみの話で、投資に絶対はないのだなと改めて思い知った出来事でした。

結果を見ると、ランキングにはあまり関係なく、興味を引くようなタイトルの記事がよく読まれているような感じでした。
ちょっとおもしろいですね。
関連記事


  





コメント

>・・・興味を引くようなタイトルの記事がよく読まれているような感じでした。

やはり、週刊誌やスポーツ紙の見出しは上手ですよね。もっとも、本論の内容は当ブログのほうがはるかに充実していて、有益だと思います。

>>やはり、週刊誌やスポーツ紙の見出しは上手ですよね

たしかに、あれは匠の技だと思います。すごい。
釣られて読んでみてガッカリすることも多いですが(笑)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)