「いつかは経済自由人!」で毎月分配型投信の過剰人気を分析

日経電子版で田村正之氏が執筆しているコラム「いつかは経済自由人!」で、毎月分配型投信が取り上げられていました。

日経電子版 > マネー > コラム いつかは経済自由人!
心理学で分析する「毎月分配型投信」の人気 (2011/10/18)
(大人の事情で直リンクができません。申し訳ありませんが上記リンクを辿ってください^^;)

内容は、毎月分配型投信が、資産形成層(多くの場合若い人)にとっては向いていない商品設計であるにもかかわらず人気がある理由を、心理学(正確には「行動ファイナンス」だと思いますが)で分析するというものです。

「双曲割引」
「代表性のヒューリスティック」
「プロスペクト理論」
「心の会計」

この4つで、毎月分配型投信に対して過剰に人気があることを、見事に説明できるとしています。
私はこれらの説明に納得する(有名な話ですし)と同時に、毎月分配型投信は本当によくできているなぁと感心させられます。

行動ファイナンスが示すバイアスは、「人類に共通の傾向」なのでとても強力です。
これを覆すには知識と意志の力が必要になります。
毎月分配型投信をなんとなく良さそうだと感じてしまっている若いかたは、一度自分を客観的に見て、上記のバイアスにとらわれていないかをチェックしてみるとよいと思います。

なお、毎月分配型関連の記事ではいつも書いていることですが、投資家本人がその仕組みをよく理解して納得して買っているのであれば、何も申しあげることはありません。

※言わずもがなですが、投資判断は自己責任でお願いいたします。

関連記事


  





コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

確かに毎月分配型は良くできています。
でも、国が隠れて何も言おうとしません。
国から見れば、あまり分配しないファンドは面白くなく、分配するファンドは税金が取れる場合があります。
毎月分配型投信が問題化した場合は消費生活センターに丸投げしそうな気がします。
今は毎月分配から通貨選択型へ乗り換えているので、気がつかないですが、10年後にはどうなるか・・・恐らく10年後には時既に遅しで、消費生活センターへ相当クレームが入ると思います。
OKWaveで見る限り、毎月分配型や通貨選択型の分配落ちを理解していない人が圧倒的多数の状況になっています。

今更ピックアップするものではない。

毎月分配型肯定派です。
分配という観点でみるから、そういった心理的な分析が出てくるのです。

分配=解約=利確機能をみることが今後の新しい価値観だと思います。
投資効率が悪くとも、それ以上に成績を上げられる可能性を示しているのです。

元本が割れることを説明していなければ問題でしょうが、
そんなことを知らずに投資しているなんて悪徳営業マンに捕まった場合だけでしょう。

意外にも6割程度の人はかなり理解しています。
分配金を含めたらそんなにマイナスになることもないです。
詐欺商品とは全く違いますので問題の矛先が違います。

しっかり説明していなかった営業マンが多かった場合、
その販売会社へ問題が向けられることでしょう。

毎月分配型という商品が問題ではないのです。

先日、某銀行から投信の分配金と通貨選択型投信の仕組みに関する説明だけ(つまり特定の投信の宣伝ではない)
のパンフレットが届きまして、なんだか大変だなと思いました。

結局、基準価額を下げながら分配金を出すからややこしくなるんじゃないですかね。
MMFの分配回数を減らせ、と言う人はあまり見かけないですし。

それなりに知識があると思うネット証券ユーザーでも買いの上位ランク
に毎月分配型が多いんですよね。
個人的には毎月分配というよりもタコ足分配のファンドには何かしら
の規制が必要だと思います。ネズミ講まがいと思ってしまいます

毎月分配型に悪いところはない

有利不利はあっても、毎月分配型だから悪徳商品だということはありえません。ここは、インデックス投資家さんの集まりなのであまり刺激はしたくないのですが、タコ足配当にもそれなりにメリットがあるものです。

普通分配が利確なら、特別分配は、損切りです。
ハイリスク商品をやったことが無い方は理解が難しいでしょうが、
キャッシュ退避のシステム化はその後の成果にも大きく影響します。

底付近での集中再投資により、税金分のデメリットなんて小さく感じるくらいの潜在力をもっているのです。

インデックス投資家の方にも幅広い考えを持ってもらえるように書きこませて頂きました。

>のりたまさん

【キャッシュ退避のシステム化はその後の成果にも大きく影響します。】
【底付近での集中再投資により、税金分のデメリットなんて小さく感じるくらいの潜在力をもっているのです。】

これは無分配型のアセットアロケーションで現金比率を初めから高くしておけば終わりです。
余計な税金や購入手数料を取られることもなく「上げ相場では古インベストメントより投資効率が悪く、下げ相場では下げに強く、底付近での集中投資が可能」になります。


(水瀬さん、スミマセン)

ほとんどの投信がたこ足状態ですからね(^_^.)

悩ましい問題だぁ

頭じゃわかっているけどといったところでしょうか。理屈でいけば、無分配が有利なんだろうとは分かりますが、それでも横で毎月何かしらのお金が実際に振り込まれてくるのを見てると羨ましくなるものです。それに需要が全く無いのに金融機関の営業力だけであれだけ売れると言うのも少し理解しがたく何かしらの需要は確かに存在するのだろうからあんまり否定することもできないのかなぁと思います。なんだかんだ言ってももらえると単純に嬉しいですし。ただ単純な分配ものでなく、オプションや為替なんかの色々なものがくっついて毎月分配はいただけませんね。売り手が完全にわかってないものを売るなどふざけてます。実は最近少しですが日本国債の分配型を買ってしまったんですよね。分配金は今もらっても仕方ないので再投資しますが、単純に嬉しいですね。そういう意味では自分もまた冷静になりきれてないなぁと思ったり悩ましい日々です。例えが極端かもしれませんが全部理屈通りならギャンブルなんか成り立たないわけで多少の不合理や理屈にあわないことは人間が感情の動物である証拠かなと。自分はあんまり金融理論には強くないので皆さんの議論のレベルを下げてしまったかもしれません。失礼しました。

のりまたさん
私はインデックス一本槍ではありませんが
タコ足の特別分配が誰のための損切りなのか?良くわからないですね
お互い余計なお世話だと思いますが(笑)

毎月分配型の主な購入層である高齢者にとっては預金を取り崩すような感覚購入してるのではないでしょうか?タコ足分配を承知して。

>>OKWaveで見る限り、毎月分配型や通貨選択型の分配落ちを理解していない人が圧倒的多数の状況

そうでしょうね。
以前ブログ記事でも取り上げましたが、投資信託協会が昨年行なった最新の調査、「投資信託に関するアンケート調査報告書-2010年」では、

・分配金について「支払われた額だけ基準価額が下がる」ことを認知しているのは20.4%に留まる

という結果が出ています。
http://www.toushin.or.jp/statistics/report/research2010/


>>今更ピックアップするものではない

本件に限らず、大事なことは何度でも繰り返し言います。
また、そうしてくれという要望も多くいただいております。


>>先日、某銀行から投信の分配金と通貨選択型投信の仕組みに関する説明だけ(つまり特定の投信の宣伝ではない) のパンフレットが届きまして、なんだか大変だなと思いました

よいことだと思います。
銀行がコストをかけてそこまでするということは、それだけ誤解している人が多く必要に迫られているということかもしれません。


>>それなりに知識があると思うネット証券ユーザーでも買いの上位ランクに毎月分配型が多いんですよね。

やはり誤解しているかたが多いのだと思います。
本文でも書きましたが、商品性や人間のバイアスを理解したうえで納得して買っているのなら、何も申し上げることはありませんが。


>>個人的には毎月分配というよりもタコ足分配のファンドには何かしら
の規制が必要だと思います

高齢者をはじめ、楽ちんに取り崩したい(あわよくば少しでも減少を抑えたい)という一定のニーズはあるようですから、個人的には商品自体に規制はいらないと思います。
問題は分配しても減らないと誤解している人たちです。


>>これは無分配型のアセットアロケーションで現金比率を初めから高くしておけば終わりです

たしかに。
そのアクティブ運用は分配金でやる必要はありませんね。


>>ほとんどの投信がたこ足状態ですからね(^_^.)

分配金を出さない投信はタコ足にはならないような。


>>それでも横で毎月何かしらのお金が実際に振り込まれてくるのを見てると羨ましくなるものです

引用した記事を読んでいただければ、それがまさに「双曲割引」というバイアスです。「時間選好の歪み」とも言われています。
そう感じてしまうのは、人類共通の傾向なので仕方がないと思いますが、それとどう付き合うかが合理的な行動を取れるかどうかのポイントだと思います。


>>毎月分配型の主な購入層である高齢者にとっては預金を取り崩すような感覚購入してるのではないでしょうか?タコ足分配を承知して

それならいいのではないでしょうか。
本記事は、資産形成層で誤解している人たちが対象の記事です。
また、資産形成層でも、商品性や人間のバイアスを理解したうえで納得して買っているのなら、何も申し上げることはありません。

毎月分配型も真に評価されることを願います

無分配でキャッシュ退避できる力の持ち主ならそれでよし。
しかし、最初に現金比率を小さくするのは投資効率が落ちるので賛成できません。
それができない人のためにあります。
天井圏を捉えられる人はいないと思っていますが。
底の方は、天井よりとりやすい。

タコ足配当が悪いと言われるが基準価額と配当を合わせてプラスならよし。よく高齢者なら問題ないということが言われるが全く意味が分かりません。投資リスクは誰でも一緒です。
定期で、取り崩すほうが賢いです。

分配による利確、損切りという問題は、現在の投資成績をみればあきらかです。
無分配無解約より断然よいことが立証されてます。
ここからの上昇トレンドでの運用が成否を分けるでしょうが。

行動ファイナンスを問題にしている所が悪くはないですが、古いかと思います。毎月分配型を否定することはやめて欲しいです。
行動ファイナンスによるものが、毎月分配型の過剰人気要因ではないのですから。
投資家もそんなに頭がわるいわけではないかと。
私のサイトでは、40代50代のレベルは高いですよ。
投資は自己責任ですので、内容を知ってる知っていないは問題ではない。これは詐欺ではない。
無知な人が悪徳販売員に売りつけられていることを宥一問題視すべきことかもしれません。これは詐欺の可能性がある。

インデックス投資もそれなりに良い理論と理解していますが、毎月分配型もそれなりに良いものであることを広めたいと思っています。

ネットマネー12月号36ページを是非みてください。
世間の偏った考えが変わることを祈ります。

ながながとすみません。
お騒がせしましたm(__)m

ノリタマ氏へ

ご主張にはとても賛成できません。

もっとも、情熱は人一倍お持ちのようですから、このブログの皆さんのようにロジカルな(ただしあなたとは意見が異なる)投資家さんに対してひたすら持論をまくし立てることなどにその情熱を注がずに、分配するとその分基準価額が下がることすら理解していない80%の毎月分配投資家さん(危惧するべき異常な数字ですよ!)を啓蒙することに注ぐことをおすすめします。

総体的に考えると、詳しい人同士で細かい意見の相違を突き合うよりも、その方が世の中のためになります。

なんだかのりたまさんはみなさんの指摘の論点が理解できずにとんちんかんな反論を展開されているように思います。
毎月分配の意味を理解した上で購入することについて批判している人なんていないんですよ。単に理解せずに元本保証の預金利子みたいなものだと勘違いして買ってしまうことについて警鐘を鳴らしているだけだと思いますよ。
のりたまさんのブログ記事も読みましたけど、論点がずれてるように感じましたよ。
あ、ちなみに私はインデックスも買ってるけど、毎月分配型投信も多少保有してますよ。

毎月分配型の方が有利なことがある

ちょっと熱くなってしまいましたかね。
失礼しました。(^^;

「分配するとその分基準価額が下がることすら理解していない」
ことは、販売者の説明責任であります。
誇大説明したのなら問題ですが、知らなかったからといって大した問題ではありません。
仕組みが知らない人が多いといいますが、
そんな人が、他の投資信託を理解できているはずがありません。
投資は、自己責任です。

ちょっと誤解させてしまったかもしれませんが、
無分配より毎月分配型の方が有利な場合があるということを
言いたかったのです。
基準価額が下がることを知らなくても大した問題でもないかと。

認知度

投資信託協会の20.4%というのは、対象がイマイチわかりませんが。

野村の資料では、
保有者限定で年代別に50~70%が認知しています。
※ちなみに今年の資料では、この数値が公開されませんでした。
http://www.nomuraholdings.com/jp/news/nr/etc/20100114/nam20100114.pdf
※17ページ
買ったこともない人が、あれこれ言っているのが現状かと。


分配金が利益から出ているという勘違いも10%にすぎません。

世間の人は理解していない人が多いというのは、
間違いであることを主張しておきます。

>のりたまさん
僕の意見も聞いてください。
のりたまさんが投資なさっている投信の信託報酬を見てください。
もしも、信託報酬が年1%を超えているようならばボッタクリですよ。
要は、今の毎月分配型は高い手数料を取るための道具に使われている面があるのです。
勿論、DIAやHYG、上場外債のように管理費用(信託報酬)が良心的な物もありますが、ほとんどの物がボッタクリの事実に気が付いた方が良いと思います。

もうひとつ注意して欲しいのは僕の場合はOKWaveをウォッチして投資家の心理状態や問題点を洗い出しています。
OKWaveのQ&Aその物は役に立ちませんが、相手の心理を見るのに都合が良い点です。
このQ&Aを見ていただくと今の毎月分配に対する理解度などがチェックできます↓
http://okwave.jp/qa/q7067154.html
最近は類似例が沢山でてきており、ほとんどの人が分配をすれば基準価額が下落する事実を理解していません。
しかも、Q&Aを見てみるとセールスマンの責任と言うよりは自己責任だと考えた方が妥当な質問者が多い点です。
ある程度の判断力はあるのに目先の利益に群がって、結局は多額の信託報酬を取られて基準価額が下落してお終いのケースが多いです。
「成長が期待されるブラジル」「日本は少子高齢化で円安になるので外債を持っていれば為替差益が期待できる」・・・こんな事を聞いただけで通貨選択型が儲かる根拠なんて全くありません。
はっきり言って「円安になるから外債は儲かる」なんて本気で思っている投資家がいるのならば、それは単なる「井戸の中の蛙」じゃないですか?

毎月分配その物は悪いと言っている訳ではありません。
しかしながらこのようなQ&Aが沢山出てくる事は毎月分配に対する理解不足が問題であると言わざるを得ないと思います。

僕の場合は、長期配当成長戦略を考えて米国株投資を通じて長期的には毎月分配型投信よりも多額の配当を受け取る戦略を実践しています。
米国株を使った長期配当成長戦略と毎月分配型投信と長期的(20年以上)で見たときにどちらが多額の配当を受け取れるのか勝負をしたいぐらいです。
配当成長戦略の詳しい説明は『証券アナリスト協会1次レベルテキスト、証券分析とポートフォリオマネジメント第6回、株式分析』に載っています。
長期配当成長戦略と毎月分配型投信(通貨選択型投信)のどちらが勝つか・・・それは20年後には分かる話です。

>のりたまさん

うーんさんが書かれているように論点がずれて(ずらされて)います。

【意外にも6割程度の人はかなり理解しています。】と言われていますが、何をでしょうか?
水瀬さんが引用されているように分配金が出るとそれだけ基準価額が下がることを知っている人が20%(現保有者でも25%)しかいないのです。60%の人は何をかなり理解しているというのでしょうか?
多くの人が分配金ファンドの基本的なことすら知らないというアンケート結果があるのにもかかわらず、「6割程度の人はかなり理解している」「投資家もそんなに頭がわるいわけではない」と言われるのはどういう理由でしょう。
しっかりと根拠をもって話をされている方の意見を根拠もなく否定することが誠意ある態度でしょうか?

また、そちらのブログでもコメントを送らせていただきもしましたが、基準価額の違いを考慮せずに1万口当たりの分配金額だけでリスクが高いとか言う方に、凄いと言われてもそうだとは思えません。(後から訂正されたようですが)

意図的か知らなかったゆえの誤りかはさておき、事実と異なる認識を持って「古い」だ「偏った考え」だと否定されることが
誠意ある対応とは思えません。
自分のブログは荒れることが嫌なのでコメント欄をつけないとのことですが、他人のブログでは事実を一切無視して相手の考えを「古い」だ「偏った考え」だと言うことが誠意ある対応でしょうか。


(スレ汚し、スミマセン)

ここでのやり取りは最後にします

>のりたまさん

野村の資料ですか・・・明らかに問題があるアンケートですよ。

(1)対象の偏り
マクロミルのネットアンケートという時点でインターネットで回答意欲がある層に偏っています。
国政選挙でネットでは保守的な意見が多数なのに実際は民主党が第一党のように、ネットの意見と世間全体の意見は一致しません。

(2)設問が誘導的
「分配金が出ることで、基準価額がその分下がることについてご存知ですか。」と正解を分かりやすく掲示している。この手の質問形式ではYesと答える率が高くなることが分かっています。
「カナダの首都はオタワであることを知っていますか?」
「カナダの首都はどこですか?」
この2つの質問では明らかに前者の方が「カナダの首都はオタワ」と回答する率が高くなります。


世間一般の統計学から考えるとこのように大いに問題があるアンケートですが、そのアンケートが正しく結果を反映していると考える根拠はどこにあるでしょうか?
(野村の偏ったアンケートは信用して、インデックス投資家という偏った集団の意見は信用しないというのも・・・)



【無分配より毎月分配型の方が有利な場合があるということを
言いたかったのです。 】
「宝くじの方が有利になる場合もある」ということですか?
ここで毎月分配型に対して指摘をしている人は、誰も「そういうケースが起こりえるか起こりえないか」という話はしていません。「有利な場合がある」だけなら何でもアリです。円天に投資したってエビ養殖に投資したって有利になる場合はあり得ます。胡散臭い話に早期に投資してとっとと解約した人は投資信託などよりよっぽど高い利益を得ていることもあります。
しかし、ここにいる人はそんな話はしていません。「確率としてどっちの方が良いか?」という話です。
まさか将来のことはどうなるか分からないから「宝くじがいいか、円天がいいか、投資信託がいいか分からない。どれも一長一短で良い悪いは言えない」ということでしょうか?

これで最後にしますが、このサイトは水瀬さんのサイトですので
これから投資しようとしてみてる方もいるかと思いますので・・・
1つだけ。

最初に現金比率を小さくするのは投資効率が落ちる
→「毎月分配金型ほど投資効率の悪いものはないです」

(リスクを伴う)機会損失であり現金比率ではなく無駄なコスト
 をかけることのほうが確実に投資効率は悪化します

>>のりたまさん
毎月分配ファンドが人気の間は、信託報酬が下がらないのであまり声高に薦めない方が良いと思います。


早くノーロードで税引き前分配金再投資基準価格がインデックスに連動して信託報酬が現状のインデックス投信並みの毎月分配型商品が出てほしいですね。


本気で毎月の利益確定が長期のリターンにつながるとお考えなら
国内リート投信 → 上場Jリート隔月分配型(年6回配当)
米国ハイイールド債→HYG(毎月分配)
米国リート→IYR (年4回配当)
新興国債券→EMB(毎月分配)
をお勧めします。ただし、10万単位まではインデックス投信かキャッシュで積立てのリレー投資が良いと思います。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/special/foreign_etf_divided/

HYG,EMBは信託報酬が良心的です!!
日本の毎月分配型投信は○○です。下心が見え見えです。

>皆さま

管理人の水瀬ケンイチです。
いろいろと議論は尽きませんが、キリがないので本記事のコメントはここらへんで締めさせていただきます。
あとは、ご覧になった皆さまが、各々ご判断いただければと思います。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)