「eMAXIS」シリーズに新ファンド2本を追加

三菱UFJ投信は、「eMAXIS」シリーズに新ファンド2本を追加すると発表しました。

三菱UFJ投信 プレスリリース
http://www.am.mufg.jp/text/111021release.pdf

eMAXIS バランス(8資産均等型)
 信託報酬年率0.525%(税込)・信託財産留保額0.15%(税込)
eMAXIS バランス(波乗り型)
 信託報酬年率0.525%(税込)・信託財産留保額0.15%(税込)

eMAXISシリーズ初のバランスファンドは、面白いものがラインナップされました。
「eMAXIS バランス(8資産均等型)」は、株式(日本・先進国・新興国)・債券(日本・先進国・新興国)・REIT(日本・先進国)を8等分、それぞれ12.5%ずつ投資するアセットアロケーションのバランスファンドです。

もっと面白いのは、「eMAXIS バランス(波乗り型)」です。
こちらは、先ほどの8資産クラスを、国内株式5%、先進国株式5%、新興国株式5%、国内債券5%、先進国債券12.5%、新興国債券12.5%、国内REIT12.5%、先進国REIT12.5%を基本投資割合として、残り30%を「トレンドフォロー戦略」として機動的に投資対象を変えるというのです。
プレスリリースによると、ここでのトレンドフォロー戦略とは、『直近に良好な運用成績を記録した資産は、一定期間好調なパフォーマンスが継続する」という仮定に基づき、過去の運用成績が良い資産の投資比率を上げていくことです。言い換えれば、市場動向の「波に乗る」戦略』と定義されています。

具体的な投資決定プロセスは、トレンドフォロー戦略活用部分を25ユニットに均等分割し、毎営業日ごとに資産の入れ替えを行ない、日本株式・先進国株式・新興国株式・日本債券の4資産の中で、過去25営業日の騰落率が最も良い成績を記録した資産を選定する、というものです。
言葉だとイメージがわかないかもしれませんが、そういうかたは、プレスリリースの図解が分かりやすいかと思います。

これらのバランスファンドは、実は以前、三菱UFJ投信から呼ばれて参加した「バランスファンドに関する意見交換会」でいろいろ議論させていただいたものでした。
その時も、「波乗り型」に対していろいろと意見・質問が飛び交いました。
バックデータでは、相場上昇局面でも下落局面でも好成績だったとのことでしたが、「トレンドフォロー戦略」が吉と出るか凶と出るかは、今後の相場動向次第であり、現時点では何とも言えません。

もっとも、原資産は各資産クラスのインデックスファンドであり、トレンドフォロー戦略部分も30%しかないので、そんなにおかしなことにはならないとは思いますが。

もうひとつ面白いのは、信託報酬の設定です。
今までeMAXISシリーズは、国内モノは年率0.42%、海外モノは年率0.63%と決まっていました。
今回の両ファンドは、年率0.525%とその中間に位置する設定になっています。
バランスファンドだから真ん中、ということなのかもしれませんね。

なにはともあれ、個人投資家の選択肢が広がることは良いことだと思います。
三菱UFJ投信さん、グッジョブ!(^^)b
関連記事


  





コメント

世界経済インデックスファンドの信託報酬を下回って来ましたね!

波乗り型は、その名の通り波のようなゆるやかなチャートには強いでしょうね。
もし、リバランスのタイミングを限りなくリアルタイムに公開してくれるなら期待が持てます。それこそネット証券会社にしかできないことだと思います。

自分としては、エクセルなどで円グラフをつくって、適宜の時期にリバランスをするように考えていますが、
そこまで面倒だからしたくないという人の需要も、やはり、多いと思います。
eMAXISブランドということで、そこそこの金額を集めるような気がします。
(もちろん既存の類似ファンドも色々とありますが)

水瀬さん

情報ありがとうございます。実は定期的に入る個別株の配当金を
積立資金にするための投資先を何にしようか思案していたところ
でした。
先進国・新興国だけという積立だと将来資産配分に自分の理想から
ずれてしまいそうもリバランスも億劫だったので

証券口座内でリスク資産への追加資金投入をしていき、銀行口座から
新規に追加投資することなく完全にほったらかしにしてリタイア
後収入がなくなっても証券口座内で30年40年でも延々に積立継続して
みようかと(笑)

ささやかな楽しみの1つにします♪

不謹慎ながらもここ数年の株価水準でいたことで組み立てることが
出来そうです。株価が高いと出来なかったことですので私は悪いなり
にも良い時代に投資出来てるとポジティブに捕らえています。

この三菱UFJ投信さんの「eMAXIS」シリーズ追加は朗報ですねv-290
インデックス投信が向い風の中、こういった商品をだしてくる三菱UFJ投信さんの姿勢はとても好感が持てますv-291

「eMAXIS バランス(波乗り型)」は面白そうですね。
個人で同じ事をしようと思うとかなりポートフォリオの資産額が多くないと効率的でないと思います。
信託報酬も低いので一定の需要はありそうですね。

魅力的!!でも、ちょっと・・・・

情報ありがとうございます。
このブログを見習って
私は、「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」で毎月eMAXISを10万円ずつ分散投資してます。

今回の新商品には大変興味がありますが、便利すぎてつまらない印象もあります。でも、強制的に分配方針を決められているが、相場に惑わされずに長期投資を続けるにはいいかもしれません。

eMAXIS バランス(8資産均等型)の8資産へ配分したバランスファンドは初ですね。
人によって特定の資産クラスは不要という場合もありますが、こだわらない方にはバラで買うより少しだけ安い信託報酬の設定になっているこのファンドは意味があると思います。

eMAXIS バランス(8資産均等型)
リバランスの際の税金問題を解決してくれる所に注目ですね。
メンテナンスフリーで、初心者などには良いかも知れません。

情報ありがとうございます。

特に「波乗り型」にはとても意外性を感じました。今時のよくあるPFではマイナーないし除外されがちな海外債券、REITでシェア半分も占めるとは!

売り上げの成否はともかくeMXAISのチャレンジャブルな姿勢には大いに賛同であります。

なるほど

単純な自分は、インデックス商品と言えば信託報酬を安くすることや解離をなるべく無くす商品しか思い付きませんが、なるほどこういう営業努力というかアプローチの仕方もあるわけですね。個人的に使うかは別にしてもその姿勢には天晴れを送りたいと思います。

>>皆さま

個人的には、自分で組み合わせる派なんで、バランスファンドには投資しないのですが、8資産均等はコストが高評価ですね。
波乗り型も皆さん意外と好意的で驚きました。
波乗り型が8資産均等をぶっちぎったら面白いかも…(^^)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

eMAXIS 初のバランス型ファンドを追加

昨日、三菱UFJ投信は、同社のインデックスファンドシリーズ「eMAXIS」に2本のファンドを追加すると発表しました。(プレスリリース)既に、相互リンク先でも記事になっています。カ ...

eMAXISの新バランスファンドが面白い

eMAXISに2つのバランスファンドが追加されるそうです。  ・ネット投資家向け「eMAXIS」(イーマクシス)に新ファンド追加 (1) eMAXIS バランス(8資産均等型) (2) eMAXIS バランス( ...

eMAXIS バランス(8資産均等型)は究極のほったらかし

今年初かもしれないオススメファンドの紹介 三菱UFJ投信は、ネット投資家向けインデックスファンドシリーズ「eMAXIS」(イーマクシス)に新たに「eMAXIS バランス(8資産均等型)」及び「eM...

知らないと損するeMAXISバランス(8資産均等型)

the eggs / hello-julie eMAXISインデックスファンドシリーズに、2つのバランスファンドが登場します。 まずは、8資産に均等の比率で投資する「eMAXIS バランス(8資産均等型)」の資産配分比率、...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)