かわいい投資4コマ漫画に猛然とツッコむおっさん

かわいい投資4コマ漫画を発見。



ほんわか~となっていたのですが、暇だったので、このかわいい投資4コマ漫画に、大人げなく猛然とツッコミを入れてみたいと思います(笑)

どこにツッコミを入れたくなるかは、投資戦略によって人それぞれかもしれません。
私の場合は、こうです。

(1)日経平均への集中投資は、リスクが高い割には期待リターンが低い

保有資産の値動きの8~9割はアセットアロケーションで決まると言われています。
日本株式は、期待リターン4.80%・リスク22.15%です。
一方、先進国株式は、期待リターン5.00%・リスク19.59%です。
資産クラス単体で見ても、先進国株式のほうがリスクが低く期待リターンが高いです。

例えば、これを半々に組み合わせると、期待リターンは4.90%・リスク16.65%と、期待リターンをあまり損ねることなく、それぞれの資産クラス単体もリスクを下げることができます。
(データ出典:ファンドの海さんのアセットアロケーション分析より)

個人的にはあまりおすすめしませんが、どうしても投資商品を1つだけにしたいなら、日経平均インデックスよりも、アセットアロケーションに納得できるグローバルバランスファンドに投資した方がよいと思います。

(2)「世界で最も強い通貨を持つ経済大国」という表現がビミョー

これは言いがかりかもしれませんが、「世界で最も強い通貨を持つ」ことと「経済大国」であることが、いかにも同義であるかのような雰囲気を言外に感じます。
つまり、「経済大国の通貨は高くなる」とショートカットの子が(もしかしたら漫画作者も)が考えているように見えます。なんとなくそう思っている方々も、いらっしゃるのではないでしょうか。

大事なことなので何度でも書きますが、長期的には「為替レートは2つの国の通貨の購買力(モノを買える価値)が同じようになるように決まる」ので、

・インフレ率の高い国の通貨は長期的には価値が下がる →多くの新興国など
・インフレ率の低い国の通貨は長期的には価値が上がる →まさに日本

であり、日本が円高なのは、経済大国だからではなく単にデフレだからというのが、購買力平価の考え方です。
もちろん、為替の変動要因はさまざまなものがありますが、長期的には購買力平価で説明できる部分が大きいと思われます。
ゆえに、「世界で最も強い通貨を持つ経済大国」という表現は誤解をしている、もしくは誤解を招く表現でありビミョーです。
<関連記事>
2010/05/24 購買力平価は大正初期から成り立っていた

上記2点が、私のツッコミポイントでした。
もう1点加えるなら、日本株式インデックスにしても日経平均よりはTOPIXの方が…とかありますが、長くなるので割愛させていただきます。

もっとも、実は4コマ漫画の欄外に「編集Hのつぶやき」として、「現在の日経平均株価8000円台に対して、1989年末は3万8915円87銭、2006年末は1万7225円83銭なので、長期的に見るとあまりもうからなかったりするのは内緒です」と書かれているので、本気で勧めているわけではなさそうです。
純粋に投資系のお話エンターテイメントとして書いているだけかもしれませんね。

P.S
ご承知のことと思いますが本記事はシャレなので、「相関係数が高まっているから云々」とか「大人げない」とか「かわいいは正義!」とかいうクレームはよこさないでください(笑)
関連記事


  





コメント

しょうもないツッコミをひとつ

タイトルに「おっさん」とありますが、三十路の水瀬さんはまだまだ「お兄さん」なのでは?

日本人の平均年齢は、平均寿命の伸びと少子化で年々上がってきており、なんと40代だそうです。
つまり、30代なんて若造。
この漫画の絵に負けないくらい可愛らしい存在です。
胸を張って「にいちゃん」とでも「あんちゃん」とでも言ってください。

ちなみに平均年齢の高さは、世界一みたいです。
今の日本の低迷・停滞ぶりは、国全体が年寄りだからなのでしょうか。

・・・以上、しょうもないツッコミでした。

かわいいは正義!
(なんとなく答えるべきかなと思って)

>>日本人の平均年齢は、平均寿命の伸びと少子化で年々上がってきており、なんと40代だそうです。
>>つまり、30代なんて若造。

失礼しました!<(_ _)>


>>かわいいは正義!
>>(なんとなく答えるべきかなと思って)

ありがとうございます!<(_ _)>

>>失礼しました!<(_ _)>

いえいえ、自分も若造の一人ですから。
こちらこそ、失礼しました!<(_ _)>

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)