貴重な債券投資の情報、債券ラダー戦略のすすめ

岡本和久氏が、リタイア後に備えた資産運用に、生債券を使った債券ラダー型戦略をおすすめしています。

東洋経済オンライン
毎月分配型投信の落とし穴――退職後資金は退職前からの債券ラダー戦略活用も有効(11/10/25)

詳しくは、コラムをご覧いただきたいのですが、簡単にまとめると、所定のアセットアロケーションの日本債券クラス部分を、5年物の債券で5年かけて毎年購入、運用して償還した分を生活費に充てるというものです。

5年物の債券を毎年購入していくと、1年ずつ償還までの残存期間が違う債券が、はしご(ラダー)のように並ぶ「ラダー型」ポートフォリオになります。
当ブログではたびたび出てきますが、債券の「ラダー型」ポートフォリオって何?というかたもいらっしゃると思いますので、コラムの図版を借りて説明すると、こんなイメージです。

photo_20111025.jpg

債券ラダー戦略のメリットは、投資した生債券を基本的に償還まで持ち切るので、金利予測をする必要がない(債券価格の騰落に関係なく元本が帰ってくる)ところです。
しかも、コラムの言葉を借りれば、「今後日本で金利が上昇する局面があったとしても、若干の遅れはあっても、毎年買い付ける債券の金利も上昇し、ある程度金利に追いついていくことができる」ことが期待できるのがよいと思います。

私も将来、マイポートフォリオの債券クラスの比率を高める時に、債券ラダー戦略は参考にしたいと思っている戦略のひとつです。
世の中に、株式に関する投資法の情報はあふれるほどありますが、債券の投資法については情報が少ないのが現状です。高齢化社会を迎え、ニーズは大きいはずなんですけどね。
もし、債券投資にご興味がありましたら、以下のコラムもご参考にどうぞ。

2009/04/25 ニッセイ基礎研究所の債券ポートフォリオ運用戦略
2011/06/28 「いつかは経済自由人!」第6回は債券投資における珍しい指摘が!
関連記事


  





コメント

金利がもちっと上昇したら定期預金感覚でやってみたいですね。

5年だと利率が宜しくないのですよね。
10年国債でラダーは真剣に考えたことあります。
ただ、色々思う所があり…
金利上昇に追従するなら個人向け国債の変動10年で良いかなと思い
私の日本債券の主力は個人向け国債の変動10年にしてます。
(何かの際には1年たっていれば解約できますし)

この出口戦略には2つの理由がある

この事は随分前には盛んに言われていた出口戦略の1つです。
その理由の1つに税制があります。
まず、日本国債は大抵はオーバーパー発行が多いのが特徴です。
このオーバーパーは満期まで持てば償還差損(雑所得の損失)です。
それに対して公的年金、個人年金はプラスの雑所得になります。
つまり、債券の償還差損と公的年金+個人年金と合算して、税金を若干安くできます。
ただ、60歳から年金を繰り上げ受給しても公的年金控除額年間70万円を使い切れる人は少ないかと思います。
現在、確認中なのは老齢厚生年金が60歳から繰り上げ受給できないかを確認中です。
老齢厚生年金の繰り上げ受給ができれば、日本国債を使ったラダー型PFを使ってオーバーパーの部分は税金の還付を狙う事ができます。
なお、理論上はこの場合は雑所得が減るので国民健康保険料の査定に使われる旧ただし書き所得が減ります。

もう1つの理由は、キャッシュフローが確定している所も使いやすさとして魅力があります。
キャッシュフローが確定していれば、将来入ってくる現金も分かるので管理がやりやすいです。

補足します

ラダー型PFでオーバーパー債券を使えば、先ほど挙げた年金の税金を安くする効果の他にも、国保も安くなると源泉分離課税20%よりもコストが安くなる効果が期待できます。
60歳で老齢厚生年金も繰り上げ受給できるかどうかがポイントになると思います。

自分は10年国債でラダーしてます。
金利が急激に上がったらどうしようと思っていますが、「緩やかに」追従できるということで納得するしかないかなと思っています。
でも、水瀬さんのようにMMFにしようかなという誘惑にはいつも駆られます(笑)。

私は安全資産の自分年金として個人向け国債変動10年を使っています。
変動金利なのでラダー型でどうこうというわけではないですけど^^:

例えばボーナス時期に60万購入(年2回)を10年続ければ毎月10万円分
10年間確保できます。それを20年か倍額にすれば20万になるという
ことで。

ついつい使いがちで日本円リスクを考えなければ、金利上昇リスクは
ある程度カバーされますので良い投資先・方法と思っています。

>>金利がもちっと上昇したら定期預金感覚でやってみたいですね

個人向け国債変動10なら金利が上昇しても対応できますよ。


>>私の日本債券の主力は個人向け国債の変動10年にしてます

同じく。

>>まず、日本国債は大抵はオーバーパー発行が多いのが特徴です。
>>このオーバーパーは満期まで持てば償還差損(雑所得の損失)です

そうだったのか…


>>自分は10年国債でラダーしてます

引用記事にもあるとおり、5年債に限らず10年債でもいいし、年に1回でなく四半期に1度でもいいと思います。


>>私は安全資産の自分年金として個人向け国債変動10年を使っています。
>>変動金利なのでラダー型でどうこうというわけではないですけど^^:

たしかに、この金利だと利付債は買いづらいですよね。
それでも、定期的購入により金利上昇にも「ある程度」対応できるというのが岡本氏の主張でした。
ちょっと勇気要りますよね。

いずれ、年金は65歳からしか受給できなくなります。
(だから定年制の延長が・・・・という話があるのです。)

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

個人向け国債変動10の新しい利率発表!(Mar.2013)

個人向け国債変動10の新しい利率が発表になりました。 適用利率は、(税引前)0.42%、(税引後)0.3346770%でした。 10年ものだと思うとこの金利はちょっと物足りない気がしますが、

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)