低リスク型ETF、ちょっといいかも

米国では、低リスク型ETFの設定が相次いでいるそうです。

モーニングスター 株式ニュース2011/10/26より引用】
<EMeye>新興国投資の定番ETFに「低リスク型」登場、ディフェンシブの比率高め波乱相場に備え

 欧州債務問題の深刻化で各国株式の先行き不透明感が強まるなか、下落リスクを抑えながら長期的に良好なパフォーマンスを目指すETF(上場投資信託)が米国で注目を集めている。

 米資産運用大手ブラックロック・グループは20日、下落リスクを低減した4つのETFを米国で上場した。それぞれ「米国」「北米除く先進国」「新興国」「先進国および新興国」の株式を投資対象とする。いずれも同社のETFブランド「iシェアーズ」の主力のETFをベースとしており、これらのETFの言わば「低ボラティリティ(変動性)版」となる。ブラックロックは、「新しいETFは、一定の価格上昇を狙う一方で下落相場に備えるためのポートフォリオを作成するために役立つ」と説明している。
【引用おわり】

「米国」「北米除く先進国」「新興国」の3本で、ほぼ世界中の株式を網羅できます。
これらの低リスク版ETFが、低信託報酬で設定されるというのだから、これはちょっとうらやましいです。
気になるのは、どうやって低リスクを実現しているかです。

記事によると、例えば、おなじみiシェアーズの新興国株ETF、
“iShares MSCI Emerging Index Fund”(EEM)
の低リスク版、
“iShares MSCI Emerging Markets Minimum Volatility Index Fund”(EEMV)
は、通信サービスや生活必需品などいわゆる「ディフェンシブ銘柄」に多く投資することによってリスクを下げているようです。

しかも、このEEMV、リスクだけでなくコストもEEMより低いらしい。
EEMのエクスペンスレシオが年率0.69%であるのに対して、EEMVは年率0.25%というから立派です。

日本でも買えるといいのですが、ここ最近は、日本で買える海外ETFの追加がありません。
海外ETFを投資のメイン商品としている者としては寂しい限りです。
ブラックロックさん、なにとぞ、よろしくお願いします!<(_ _)>

関連記事


  





コメント

最近は株価上昇で悩むことも

これは買うかどうかの検討にあたいする低コスト&低リスクですね。
僕の場合は買うことができますが、困った事態にもなっています。
為替レートの円高はある意味ありがたいですが、それを相殺する株価の上昇です。
配当成長を狙って買ったのに、株価が上がると毎月投資している株数が減るので配当成長が遅くなります。
特に小型株やバークシャーの上昇スピードが速すぎます。
新興国とは言え、果たしてこのEEMVを今の株価で買うのが妥当なのかよく分りません。
ジェレミー・シーゲル氏の株式投資によれば、長期で持てれば大丈夫だとの事なのですが・・・

これはいいですね。

低リスクということで、ある程度年を重ねられた方にもお勧めできますね。コストも安いですし。
海外のETFは本当にラインナップが多くて見ているだけでも楽しいです。
国内で購入できるようになるといいですね。

iシェアーズの3本のETFのtop10 holdingsを見ると、ドコモ、武田が入っていたたり、マックなども見かけますね。
EEMVでは香港上場2社もあります。

有名で大型株が多そうなので、これらのtop10 holdingsのうちいくつかを個別に買うのも面白そうです。

ただ、低ボラティリティが低リスクとは限りませんし、低ボラティリティは相対的なものでしょうね。現在のようなボラティリティの高い相場状況では、今までのような感覚だと思わぬ落とし穴もありそうです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)