非合理な自分を逆手にとって投資を続ける「仕掛け」を作る

投資を続けるための工夫についての、面白いコラムがありました。

楽天証券 山崎俊輔「『なんとなく』から卒業!実践・資産形成術」
2011/11/09 第9回 老後資金準備を減らさない工夫をさらに考える

詳しくは上記コラムをご覧いただきたいのですが、無理やりまとめると……

老後資産形成は取り崩さないことも重要だが、根性論ではうまくいかない。
(1)証券口座×投信で運用すると解約に日数がかかり面倒くさくなる
(2)確定拠出年金、国民年金基金等の原則解約できないところで運用する
(3)老後資金準備のための積立額は無理のない範囲で設定、残りの金額でしっかり生活を行えるよう家計管理に注意
など、合理的ではない自分を逆手にとって資産形成を行えるような「仕掛け」を作るといい。

こんな感じでしょうか。

自分が非合理的な存在であることを認め、逆にそれを活用した仕掛けを作ってしまおうというのには、大賛成です。
こういう考え方、無理がなくて大好きです。
うちのブログで公開している「売らずに我慢するテクニック」にも通じるものがあり、親近感がわきます。(テクニックを集めたカテゴリーはこちら

心理学や行動ファイナンスでは、人間の「心の歪み」として避けるべきものという扱いのバイアスを、投資の継続に積極的に活用してしまおうというのが「売らずに我慢するテクニック」の主旨です。
同様のことを、「ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド」(山崎元・水瀬ケンイチ共著)やダイヤモンド・オンラインの連載でご紹介しています。
内容は一見くだらないものも多いですが、認知的不協和など人が誰でも持っているバイアスを利用しているので、意外と強力です。
ご興味があれば、あわせてご覧ください。

ただしこれらは、適切に分散されたポートフォリオをバイ&ホールドする戦略を採用している投資家に限って、有効なテクニックです。
タイミング投資や集中投資をする投資家には、効果がないばかりかかえって害になりかねません。
用法・用量を守って正しくお使いください。ピンポン。

関連記事


  





コメント

行動ファイナンスもそうですが、面白くする面も!

上記の事をやるには生活防衛資金の確保や、特別な事情を除いて簡単には生活防衛資金を取り崩さないような貯蓄計画が必要になります。
ただ、401K、国民年金基金、付加年金は税金を安くする効果があるので、税率15%の所得帯ならば仮に月23000円の投資資金の場合は実質月19550円になるので負担が減ります。

海外ETFは手数料を考えると簡単には取り崩せません。
最近ではインタラクティブ・ブローカーズ証券(以下IB)で月10$の手数料がある為か必ず少額でも投資しています。
また、IBでは投資できる商品が多い事も投資を面白くし、簡単には解約しにくくしている面があります。
やはり面白いと言うのはかなり強力です。

簡単には取り崩せない点で考えれば、意外と該当する商品は存在しています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

新興国株式と、ブログを書くメリット・デメリット(Dec.2012)

今月も新興国株式クラスの積み立てですヽ(´―`)ノ 年金積立インデックスファンド海外新興国株式の信託報酬が年0.8925%から0.5775%に引き下げられたので、eMAXISから乗り換えてましたが

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)