「国際のETF VIX中期先物指数」が上場。これは暴落に備えたお守りになる?

国際投信が、S&P VIX中期先物指数連動ETFを12月1日に大証へ上場するとのことです。

モーニングスター ニュース
2011/11/11 国際投信がS&PVIX中期先物指数連動ETF「国際のETF VIX中期先物指数」を大証上場へ

商品概要は以下のとおり。

国際のETF VIX中期先物指数
 S&P VIX中期先物指数連動(円換算)・信託報酬年率0.378%以内

既に、同様の指数に連動するETF「iPath® VIX中期先物指数連動」(2029)が出ていますが、信託報酬は年率0.89%です。「国際のETF VIX中期先物指数」の信託報酬は年率0.378%以内なので、こちらの方が低コストです。
また、同じ国際投信から、VIX短期先物指数に連動するETF「国際のETF VIX短期先物指数」(1552)が出ていますが、これの中期先物版ということになります。


ただ、モーニングスターの記事に書いてあることは、ちょっと注意が必要です。

『将来の株式市場に対する投資家心理を示すものとして利用されている「S&P500 VIX短期先物指数」と比較して、相対的にボラティリティは低く、相場変動が穏やかな局面でも指数が値下がりしにくいという特性があるという』

とありますが、これを読んで、「そうか、では普段お守りとして持っていれば相場暴落時の保険になりそうだ」と思ってしまうと危険です。

VIX指数そのものと違い、VIX「先物」指数は、先物の限月間価格差のせいで平常時は減価し続けることが多いという特性(コンタンゴといいます)があります。
以前のブログ記事でも取り上げたことがあります
(該当記事)
2010/12/27 「VIX短期先物指数」(1552)の問題点

その時は「S&P500 VIX短期先物指数」についての記事でしたが、VIX短期先物がVIX中期先物に変わっても、この性質は変わりません。程度がマイルドになるだけです。
ためしに、最近の海外に上場されているVIX短期先物指数連動ETF(VIXY・黒いライン)とVIX中期先物指数連動ETF(VIXM・緑のライン)とS&P500(茶色のライン)の値動きを確認してみます。

VIX短期先物指数連動ETF(VIXY)とVIX中期先物連動ETF(VIXM)とS&P500の値動き

VIX短期先物指数連動ETF(VIXY)ほどではないにしても、VIX中期先物指数連動ETF(VIXM)もS&P500が落ち着いている時期(1月~8月あたり)は値下がり傾向であることには変わりません。
モーニングスターの記事は、あくまで“S&P500 VIX短期先物指数と比較して”、ボラティリティが低く、相場変動が穏やかな局面でも指数が値下がりしにくいということだと思います。

やはり、「国際のETF VIX中期先物指数」も、相場暴落に備えた普段のお守りには向かない感じです。
タイミングを図ってピンポイントで活用する商品だと思います。
(それがうまくいくかは別問題ですが……)

<追記>2011/11/13
読者のかたから「国際のETF VIX中期先物指数」にはここで記載されている信託報酬以外のコストがかかるので「iPath® VIX中期先物指数連動」(2029)の方が低コストである旨のご指摘がありました。
調べてみると、信託報酬年率0.378%以内に加えて、指数連動有価証券の保有にかかる費用として年率0.6%程度がかかるようです(出典:国際投信のプレスリリース)。
いずれの費用も変動するので合計額を記載できないと書かれていますが、無理やり単純合計すると年率0.978%程度になり、たしかに2029の方が低コストになる可能性が高いです。ご指摘ありがとうございました。
<追記おわり>

関連記事


  





コメント

確か貸借銘柄だったと思う・・・

信用取引で1552を売建てにする方法で利益を得る事もできます。
この方法ならば減価して利益がだせます(今のところ逆日歩はついていない)。
マネックスの貸株金利にボーナスがついているので1552は売建てで儲ける人もいると思います。
ただ、損失は限定されないのでVIX中期を売建てにした方がリスクは小さいかも知れません。

いろんな種類が増えることは歓迎します。。。
しかし、使い方次第ですね。。。
インデックス投資家向けというよりも、トレーダー向けなんでしょうね。

「私も下落相場で何かいい運用商品はないかとみていたところです。私が調べたところ、「iPath® VIX中期先物指数連動」(2029)はETFではなくETNです。すなわちインデックスリンク債(バークレイズ発行)が上場されています。ここでいう年率0.89%というのは信託報酬ではなくインデックスリンク債組成のコストです。「国際のETF VIX中期先物指数」の信託報酬は年率0.378%以内とありますが、これはファンドですので運用マネージャー等の報酬になります。結局、この国際のETFはインデックスリンク債(しかもこれもバークレイズ発行のもの)に投資しているので、インデックスリンク債組成のコスト(ETFではこれは非開示になっているようです)がかかっています。ですので年率0.378%はインデックスリンク債組成コストに加えてかかる費用となりますので、「iPath® VIX中期先物指数連動」のETNの方が低コストだということが分かったのでこちらに投資してみようと思っています。ちなみに2030でVIX短期先物指数も出ています。

>>信用取引で1552を売建てにする方法で利益を得る事もできます

これもひとつの使い方だと思います。
ただ、チャートでも短期間のうちに上下に45%くらい動く等、1552はとてもボラティリティが高いので、タイミングを間違えると一気にやられます。平常時はいいですが、市場の変化にお気をつけを。


>>インデックス投資家向けというよりも、トレーダー向けなんでしょうね

そうですね。同感です。


>>この国際のETFはインデックスリンク債(しかもこれもバークレイズ発行のもの)に投資しているので、インデックスリンク債組成のコスト(ETFではこれは非開示になっているようです)がかかっています。ですので年率0.378%はインデックスリンク債組成コストに加えてかかる費用となりますので、「iPath® VIX中期先物指数連動」のETNの方が低コスト

ご指摘ありがとうございます。
私も詳しく調べてみたところ、国際投信のプレスリリースに、「国際のETF VIX中期先物指数」は信託報酬年率0.378%以内に加えて、指数連動有価証券の保有にかかる費用として年率0.6%程度(非公開ではないようですね)がかかると書かれていました。

いずれの費用も変動するので合計額を記載できないと書かれていますが、無理やり単純合計すると、年率0.978%程度になり、たしかに2029の方が低コストになる可能性が高いです。

以上の点を、ブログ記事に追記させていただきました。
ご指摘ありがとうございました。

蛇足ながら

1552はほぼ8月一杯1株あたり100円の逆日歩が付いていました。

8月は米国株の下落局面で、空売りで担がれてさらに逆日歩で締め上げれた人が多かったと思います。

空売りを検討されている方は株価急落にご注意ください。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)