「絶対収益を目指す」ということ

最近、「絶対収益」という言葉をちらほら見かけるようになりました。

相場低迷時に「絶対収益」という言葉に注目が集まるのは、いつものことですし、投資家心理として無理からぬことだと思います。

絶対収益が実現すると信じているかたは、ヘッジファンドを買っているようです。
Yomiuri Onlineの「ランキングで読み解く投信」によると、10月の投資対象による分類別資金増減額ランキングの第2位にヘッジファンド型が入っているとのこと。

上記コラムには、「収益のうちの20%などを運用の成功報酬として信託報酬に加算する一方、損失が出た場合には運用が失敗したというペナルティはない、投資家にとって非対称の報酬システムを採用しているものもあります」とあります。
相場低迷時だけでなく相場上昇時にも、高コストに見合う収益を継続して上げられるのかを、厳しく見ていく必要があると思います。

また、最近ではこんな話もあります。
ブルームバーグにによると、アジアの小規模ヘッジファンドが、個人投資家を狙っているらしいです。
なんでも、機関投資家が大規模で実績のあるファンドを選考しているからとのこと。
絶対収益が得られるかどうかは別として、せめて良質なヘッジファンドを選んでほしいものです。

【Bloomberg.co.jp 2011/11/16より引用】(該当記事
アジアの小規模ヘッジファンド、個人資産家に照準-投資資金減少で
アジア太平洋地域で運用資産1億ドル(約77億円)未満のヘッジファンドが個人資産家やファミリーオフィスに重点を置いている。機関投資家が、運用資産のより多い実績のあるファンドを選好しているためだ。
【引用おわり】

「相場状況にかかわらずリターンを目指す」という目論見自体はともて魅力的ですが、「目指す」ことと「できる」ことは大きく異なります。
リスクを取らずにリターンだけを得ることを「フリーランチ(タダ飯)」と言いますが、多くの投資家を惹きつけてやまないフリーランチはどこにもないというのが、残念ながら現実です。

最後に、ヘッジファンドのインデックスというものがあるので、その実績をご覧いただき、「絶対収益を目指す」とはどういうことかを、各々考えていただければと思います。

photo_20111117.jpg
hedgefundresearch.comより引用・クリックで拡大します)


追伸
「ヘッジファンドなんか使わなくても俺の投資法なら絶対収益をあげられるぜ!」というかた、応援しております。頑張ってください。
関連記事


  





コメント

以前の飲み会でもお話しさせていただきましたが、
非効率性を見つけて絶対収益を目指すなら公開の株式市場と言う難しい市場でやらなければいいのに・・・なんて思ったりもします。

数千億円のように巨額の資産になると大きな市場でないと運用できないので株式市場も選択肢になるのでしょうが、個人投資家の資金量レベルなら効率性が低いニッチな市場で勝負した方が良さそうと思っています。

ミスプライスは多々あるが?

ヘッジファンドも個人で手軽に作れる時代に突入するとみています。
その好例がインタラクティブ・ブローカーズ証券(ここではマージン口座)の日本上陸です。
日本株でも信用取引ができる人ならば知識があれば自分で作れる状況です。

絶対収益型のヘッジファンドは最近は安愚楽牧場の倒産や株価の低迷で注目されているのかと思います。
そこで外国為替で為替版ロングショート戦略を取る方法をシミュレートする事を考えています(これも絶対リターン)。
しかし、この方法では為替が本質的価値に戻るまでに時間がかかると1年当たりのリターンが大きく減ってしまう問題や、レバレッジが大きいとロスカットされていまう問題があります。
色々やってはいますが、なかなか良いデータが取れません。
最近は上場世界株を代用とし、それを担保にFXポジションを建てる事で効率を上げる方法も考えていますが、それでも1000万円以上の資金がないと危ない事も分かっています。
個人的には行動ファイナンスに出てくる人間の心理によってミスプライスが出てくる事は良くあります。
しかし、そのミスプライスを使って合理的な利益が得られるかどうかは怪しいと考えています。
例えば50%の利益を出すのに30年かかったとしたら、それは果たして合理的な利益なのか?
ヘッジファンドもミスプライスを利益に変換するファンドだと考えています。
ですが、そのミスプライスも合理的な利益への変換できるほどの非効率性を示しているのかは怪しいと考えており、合理的利益に変換できるタイプのミスプライスは直ぐに誰かが食いつぶすか、または誰もが発見できないかのどちらかだと思います。
誰もが合理的な利益への変換が可能なミスプライスは見つけるのは大変だと思います。

この手の問題を考える場合は投資家の立場よりもマーケットに精通している運用者の立場になった方が分かり易いかも知れません。

>>非効率性を見つけて絶対収益を目指すなら公開の株式市場と言う難しい市場でやらなければいいのに・・・なんて思ったりもします

同感です。


>>ミスプライスは多々あるが?

仰るとおりですが、ミスプライスとフリーランチはちょっと違いますね。
ミスプライスを取りにいくかたは、少なからずリスクを取っているはずです(ミスプライスが訂正されないリスク、そうこうしているうちに世の中の景気が悪化してPER等の指標自体が変わる等)。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)