あのウォーレン・バフェット氏が初来日、しかも福島に

まさかこのような写真を見る日が来ようとは!

ウォーレン・バフェット氏初来日!
ロイター2011/11/21より)
株式投資を志したことがあるかたなら誰でも知っているであろう、あの投資の神様ウォーレン・バフェット氏が初来日、しかも福島を訪れました。
バフェット氏は、投資先のタンガロイ(福島県いわき市)の新工場の本格稼動にあわせ来日したそうです。

ブルームバーグによると、バフェット氏は、「世界の目は日本に、特に福島に注がれている」と述べたそうです。また、ロイターによると、「われわれは常に投資機会を模索している。日本での機会を模索している」とも述べ、東日本大震後も「日本の産業界への見方は変わっていない」との認識を示したそうです。
リップサービスはあるかもしれませんが、それにしても実に勇気づけられる話だと思います。

昔、私が個別株投資をやっていた時、「株で富を築くバフェットの法則―全米NO.1資産家の投資戦略」をはじめ、バフェット関連本は何冊も読みました。
バフェット氏の戦略はシンプルで、一見誰にでもできそうな感じがするのですが、実際にやってみようとすると、真似するのはなかなか難しいです。
だからこそ、バフェット氏はすごい!ということになるのですが。

インデックス投資のバイブル「ウォール街のランダム・ウォーカー」(バートン・マルキール著)でさえ、以前の版では、インデックス投資以外にバフェット氏に乗っかることを勧めていたくらいです。

なお、バフェット氏に乗っかるには、氏が経営する投資会社バークシャー・ハサウェイ(BRKA・BRKB)に投資するしかないのですが、日本のネット証券では、マネックス証券でBRKBを購入することができます(他のネット証券では不可)。
ただし、投資会社とはいえ個別株式であることを忘れずに、バリュエーションやリスクは適切に見積もる必要はありますのでご注意を。

今後、もしバフェット氏が日本株式にどんどん投資するようなことになれば、世界の日本株式を見る目も変わりそうです。
さて、どうなることでしょうか。

<追記>2011/11/21 23:10
WBSでバフェット単独インタビューをやっていました。
バフェット氏は、「過小評価されている日本企業はある。私は全財産を日本企業に投資しても問題なく運用できる」と言っていました。すごいですねー(^^;


<ご参考>
マネックス証券は以下から資料請求・口座開設できます。(無料)
マネックス証券
関連記事


  





コメント

当然あらかじめ質問されると分かって用意した答えでしょうし
日本向けへの応援メッセージとも取れます

でも20年とか前の割高で持ち合い重視で株主軽視の日本株
では魅力もなかったでしょうが、いまは収益力はまだ満足いく
会社は少ないも 相当 株主重視姿勢に変わったと思います

いまの株価水準ですと相応に魅力ある長期保有したい会社が
増えているのも間違いないのかなと思います。

インタビューで配当で7%とか株式で得られるものがあるような
ことを言っていましたが たぶん株価収益率のことですかね?^^;

あと余談ながらチャーリズエリス氏が今月の日経マネーと
オール投資のインタビューに出ていますね

>>日本向けへの応援メッセージとも取れます

そのとおりだと思います。
リップサービスも入っているでしょうが、被災地でのコメントとしてはありがたいですね。
今後、バフェット氏が現在の日本企業に投資することは、ありえなくもないと思います。

>>インタビューで配当で7%とか株式で得られるものがあるような
ことを言っていましたが たぶん株価収益率のことですかね?^^;

たぶん配当利回りのことだと思いますよ。7%以上の企業はいくつもありますし。
それに株価収益率の単位は「%」ではなく「倍」ですよ(%なのは株価収益率の逆数の益回り)。

ジム・ロジャースさん

別な東北応援企画でジム・ロジャースさんにお会いしました。米国の家を売り払ってシンガポールに住むなど、こちらもなかなか真似のできない投資行動をされる方なんですね。スー・チーさんのニュースを違った色合いで見聞きするようになりそうです。
また、北の国も(安定する日が来れば)有望な投資先とお考えのようでした。

>>別な東北応援企画でジム・ロジャースさんにお会いしました

それは素晴らしいですね。
ジム・ロジャーズさんの生き方は豪快で魅力的だと思います。
投資法は私には真似できませんが…(^^;

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)