貸株人気が意味するものは深い

ネット証券の貸株サービスが人気を集めているそうです。

【日経新聞2011年11月23日朝刊14面より引用】
貸株人気が意味するもの
個人投資家が株式をネット証券に貸す取引が人気を集めている。貸株代として比較的高い金利が付くためで「長期保有の銘柄を貸株に回す個人が多い」(SBI証券)。
カブドットコム証券で年率1%以上の金利が付く銘柄は9月で20だったが、足元では25まで増え過去最高を更新中。SBI証券も24日から対象銘柄を増やす。
【引用おわり】

貸株サービスがどのようなものかは、ネット証券各社のWEBサイトをご覧ください(例えばSBI証券はこちら
インデックス投資家でも、例えばTOPIXに連動するETFなどを保有する際に、貸株サービスを利用して金利を得ることができます(対象銘柄は証券会社によります)。

ちなみに、私は個人的判断により貸株サービスは利用していません。
市場リスクに加えて、余計な信用リスクを背負いたくないからです。
それは横に置いておいて、上記記事ではっとさせられたのは、引用部分に続く以下の点でした。

・貸株の増加は空売りを通じて保有株の下げにつながりかねない
・それだけ売りたい機関投資家が多いことの裏返しでもある

へーそうなんだという感じです。
私は貸株金利の決定要因がよく分かっていませんでした。
貸先の信用リスク見合いなんだろうなぁとぼんやり思っていましたが、いい機会なのでいろいろ調べてみました。
すると、貸株金利の決定要因は信用リスク等いろいろあるが、最大の要因は「貸手と借手の需給関係」であるようです。(出典:三菱UFJ投信WEBサイト
空売りのための株式を借りたい主体が多いから、貸株金利が上がるということです。

そう考えると、貸株金利が上がるということは、それだけ相場が悪化したということなのかもしれません。
貸株サービスの金利が上がって喜んでいるかたもいらっしゃると思いますが、少々複雑な思いがします。
関連記事


  





コメント

ぜんぜん関係ないけど・・・
最近はちょっとくすぐるドルコストはしてないのかな?

貸株金利の高い銘柄は要注意

貸株金利の高い銘柄は空売りすれば利益の出る可能性の高い銘柄と言えそうです。
例えばミクシイ(マザーズ)の場合だとマネックスの場合ではボーナス金利がついていますが、チャートを見るとお粗末なものです。

ETFの場合だとシンプレックスのダウ30連動ETFにボーナス金利がついています。
時間差を考慮しなければですが、もしも空売りで配当支払いが生じた場合は、NYSE上場DIAを使って裁定取引ができます。
シンプレックス源泉税30%、DIA源泉税10%なので、源泉税後の配当支払いになれば、DIAを保有する事で鞘が取れるかも知れません。
ただし、配当利回りが相当高くないと鞘が取れません(貸株料の支払があるから)。

どうも、貸株金利の高い銘柄はバイアンドホールドをする投資家には不利な理由があるのかも知れません。

僕が使う場合は松井証券の預株を使います。
こちらは逆日歩が付かないと預株料が貰えませんが、預株料が発生した銘柄の時価総額相当代金は信託銀行へお金を預けており、最悪、破綻しても信託銀行からの時価総額相当のお金が戻ってきます。
一般的な貸株だと、最悪、お金が戻らなくなるリスクがあるので、松井証券の方が安全性は高いかも知れません。

いまいち良く理解していないのですが、
貸借倍率が高い銘柄が多いのですかね?

ETFの貸株

ETFの貸株を積極的に行なって、空売りを誘い、株価を押し下げ
追加投資を有利にすすめる戦略…です。

貸株料の解釈

元の記事を読んでいないのでわかりませんが、

「それだけ売りたい機関投資家が多いことの裏返しでもある」

という部分は補足が必要かと思います。


水瀬さんご指摘の通り、

「空売りのための株式を借りたい主体が多いから、貸株金利が上がる」

という「主体」の中には個人投資家も含まれます。


例えば証券会社と顧客の間で貸し株が行われる一般信用取引の引き合いが強い場合も
貸株料が増加する要因になります。

これは、制度信用銘柄に指定され、更に貸借銘柄の選定を受けていない為、
株券の調達が難しい事に由来されます。

貸借銘柄の場合は通常日証金や大証金のような
証券金融会社を通じて広く契約先から株券の調達を行えますが、
一般信用取引の場合、調達先が自己保有の株券、大口取引先保有株券で賄えない場合、
機関投資家からの消費貸借契約を中心に行う為、
同時に他証券会社から需要があれば株券が不足しやすい状況となります。


例えばカブドットコム証券は一般信用銘柄に指定している銘柄が多いのですが、
これは親会社のMUFG経由の調達がしやすいという事が挙げられるかと思います。

ただし、マザーズ等新興市場銘柄に関しては一般的に保有している大口が特定株主に限られ、
機関投資家の保有比率が低い為、株券の調達が難しい事により、
借入金利を上げてでも個人投資家から調達する方式を
取らざるを得ないのでは、と考えます。

>>最近はちょっとくすぐるドルコストはしてないのかな?

はっそういえば…。
ダイヤモンドオンラインのシリーズ転載真っ只中だったからか。


>>一般的な貸株だと、最悪、お金が戻らなくなるリスクがあるので、松井証券の方が安全性は高いかも知れません

なるほど。
でも、使わないのがいちばん安全ですね(^^)


>>いまいち良く理解していないのですが

記事本文中のリンクに貸株取引についての分かりやすい説明がありますよ。


>>ETFの貸株を積極的に行なって、空売りを誘い、株価を押し下げ
追加投資を有利にすすめる戦略…です

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル


>>楽天家業さん

私の理解力が足りず主旨がよく理解できないのですが、高い貸株金利は、売り圧力だけでなく買い圧力になる場合もあるということを仰りたいのでしょうか?
それとも、機関投資家だけでなく個人投資家の売り圧力もあるということが仰りたいのでしょうか?

補足

簡単にまとめると、

・個人投資家の売り需要が多く、その株券の調達が困難な状況になったので貸株料が上がった

というケースもある事についての補足でした。

分かりにくくて済みません(^^;

>>楽天家業さん

なるほど、そういうことでしたか。
ありがとうございました。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)