コントロールできることとコントロールできないことを知る

水瀬ケンイチ

将来のことが確実に分かる人は、この世の中のどこにもいません。

投資においてもそれは同じことです。将来のことは誰にも分かりません。
こういっては元も子もないですが、運任せの部分が多々ある分野だと思います。
だから、何も考えずに適当に投資しても、非合理的な投資をしても、儲かることがあります。

ただ、将来のことは分からなくても、投資成果に関して自分でコントロールできる部分とコントロールできない部分があると思います。
インデックス投資の場合は、コントロールできる部分として、ファンドの信託報酬等のコストやアセットアロケーションによるリスクなどがあると思います(リスクに関しては「ある程度」ですが)。



いずれも、思い通りにならない相場の威力の前には、吹けば飛ぶような努力であるかもしれません。
しかしながら、予測不能な将来に対して、せめてコントロールできる部分だけでもしっかりと合理的に詰めておいて、その上であとはどっしり構えて運を天に任せる、といった態度が大切だと思います。

<関連記事>
2011/06/13 ストラテジストの本音とインデックス投資家の本音の共通点

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ