超変化球、「日経カバードコール指数上場投信」上場

シンプレクスアセットマネジメントが、「日経カバードコール指数上場投信」を12月22日に東証に上場するそうです。

東京証券取引所 ETF・ETNニュース
12月22日(木)、新しいETFが上場します~シンプレクスAM「日経カバードコールETF」~

商品概要は以下のとおり。

日経カバードコール指数上場投信(1565)
 日経平均カバードコール・インデックス連動・信託報酬年率0.294%

日経カバードコール戦略とは、
「オプションを利用した代表的な投資手法の一つで、短期的に原資産(個別株や株価指数など)が大きく変動しないと予想される時に、原資産を買うと同時に、その原資産のコール・オプションを売ることで、オプションのプレミアム分だけ収益を底上げする手法です。値下がりリスクを受け取りプレミアム分だけ軽減できる一方で、原資産価格が予想より大きく上昇した場合は、収益が限定されてしまいます」
とのこと(上記パンフレットより)。

オプション取引の経験がないのであまり馴染みがありませんが、オプション取引では代表的な戦略のようです。
東証のWEBサイトにも図入りの説明があるので、ご参考まで。
http://www.tse.or.jp/rules/eqop/strategy/eop12.html

平時のリターン底上げに使えそうな気もしますが、最近のボラタイルな相場を見ていると、いつ使える日が来るのやらという気はします。
また、上記東証資料の説明を見てもいまいちよく分からないという場合は、「自分が理解できないものには投資しない」の原則に従った方がよいかもしれません。

なお、「ETF」を名乗っていますが、実際はETNのようにリンク債に投資する商品なので、リンク債発行体の信用リスクを負います。ご注意ください。

それにしても、個人投資家の資産形成のコアになる王道の商品は出揃ってきたとはいえ、こんな超変化球の前に、日本株式でいいからバリューインデックス、グロースインデックスに連動するETFを出してほしいと思うのは私だけでしょうか。
関連記事


  





コメント

カバードコール

オプションを使っているので危険な印象を持ちますが、
カバードコールは保守的な投資手法で、
恐らく普通の日経平均よりボラティリティが低くなります。

多分1ヶ月で5%以上株価が上昇した場合にも
上昇の上限を5%までにする代償として毎月小銭をもらう戦略。
株価が大きく上昇する時に日経平均以下になる代わりに
大きくは上昇しない時あるいは下がった時には日経平均以上になる。

カバードコールライト戦略だったら楽天トリプルエンジンも!

個人的にはプロテクティッドプットの方が好きです。
こちらは損失を限定し、利益は限定されません(オプション料だけ利益は減る)。
上記のカバードコールライト戦略をやっている投信として楽天トリプルエンジン(ブラジルレアル型)がそれです。
ブラジルレアルの為替ヘッジはともかく、IYRにコールオプション売りをしてオプション料を受け取る代わりに大きく値上がりした場合は、その利益を放棄する事になります。

マニアック

投資家にとって選択肢が増えるのは良いことだと思います。
でも、このファンドに投資をしたいかと聞かれたらNoです。
多くの方にとっても同様ではないでしょうか。
投信を自動積立で購入している私からすると、このファンドの使い道が全然思い浮かびません。
小遣いの範囲内で遊ぶ分にはいいでしょうけど。

メインインデックス以外のETFもあるにはあるが・・・

>それにしても、個人投資家の資産形成のコアになる王道の商品は出揃>ってきたとはいえ、こんな超変化球の前に、日本株式でいいからバリ>ューインデックス、グロースインデックスに連動するETFを出してほし>いと思うのは私だけでしょうか。

その先駆けともいえる高配当ETFおよび小型株ETF(TOPIX Small,野村様の小型コア・インデックス等)の売買額、流動性が現状低すぎる。
コレが解決されないので2の足を踏んでいるのではないでしょうか?
(異論もあるでしょうが、高配当≒バリュー、小型≒グロースと考えます。イコールとまではいいません。)

かくいう私も流動性が怖くて高配当・小型株ETFはほとんど買っておらず、まさしく、負の連鎖ですね。

次の流行は、オプション・プレミアム?

カバードコールで日銭を稼ぐ戦略は、最近、毎月分配型の投信でも取り入れらてるようす。
ある意味ブームなのかも。(´・ω・`)

≫ "3階建て"も出てきた通貨選択型ファンド : 山崎道場 : トレンド : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/trend/yamazakidojo/20111201-OYT8T00630.htm

日本株でカバードコールをしたい人にはいいかも

日本株式に連動したカバードコール戦略をどうしてもやりたい人にはいいかもしれませんね。

アメリカのオプションと異なり、日本のオプションは差額決済なので原資産が値下がりするとキャッシュフローがマイナスになります。これは個人で試すにはかなりリスクが高く厳しいと思っています。

どうしても個人で日本株式のカバードコール戦略を試したい人には向いているかもしれませんね

私としてはバリューインデックスを期待しているのですが、今回も超マニアックな商品ですね・・・

>>恐らく普通の日経平均よりボラティリティが低くなります

なるほど。そうかもしれませんね。


>>カバードコールライト戦略だったら楽天トリプルエンジンも!

これこれ、妙なものすすめないように(^^;


>>投資家にとって選択肢が増えるのは良いことだと思います。
>>でも、このファンドに投資をしたいかと聞かれたらNoです。

私も同じく。


>>その先駆けともいえる高配当ETFおよび小型株ETF(TOPIX Small,野村>>様の小型コア・インデックス等)の売買額、流動性が現状低すぎる。
>>コレが解決されないので2の足を踏んでいるのではないでしょうか?

そうかもしれませんね。
まさに、ニワトリが先か卵が先か。


>>次の流行は、オプション・プレミアム?

みんなでブラック・ショールズ・モデルを勉強する?(^^;


>>アメリカのオプションと異なり、日本のオプションは差額決済なので>>原資産が値下がりするとキャッシュフローがマイナスになります。

そうなんですか?初めて知りました。ありがとうございます。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

トラックバック

日経カバードコール指数上場投信とは何だ?

東証からETFが新たに登場しましたその名も「日経カバードコール指数上場投信」・・・なにこれ?意味分からんし。日経平均カバードコール指数に連動したETFなんだな?よくわからんので調べてみた日経カバードコール指数上場投信コード   &n...

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)