恒例のマスコミによる公的年金叩きですが、よく見ると各社で違うぞ…

公的年金資金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、2011年度7-9月期の運用利回りがマイナス3.32%になったと発表しました。

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 最新の運用状況ハイライト
平成23年度第2四半期運用状況

恒例のことですが、公的年金の運用実績がマイナスになった時には、マスコミは大きく取り上げます。
2011年7-9月は欧州債務危機が直撃し、世界の投資家の多くは大きなダメージを受けました(もちろん私もダメージを受けました)。
その中で、3.32%程度のマイナスで済んでいるのは、むしろよくやった方だと個人的には感じています。
まあ、そうは言ってもマイナスであることには変わりないので、ネガティブな報道になることは仕方がないことでしょう。

しかし、マスコミ各社の報道を比較すると、中には「いくらなんでもこれはおかしいだろう?」と首を傾げたくなる報道もありました。

ネットで公開されている範囲でしか分かりませんが、例えば、YOMIURI ONLINEは「年金積立金、7~9月の運用は3・7兆円の赤字」と題した記事の中で、3.7兆円という「損失額」だけを掲載し、「11四半期ぶりの大きさとなった」と分析して見せていますが、その「収益率」(もしくは運用資産額)を載せていません。

同じ3兆円の損失でも、総額10兆円のうちの3兆円と総額1000兆円のうちの3兆円では意味合いが違います。
GPIFの運用資産額は世界でも有数の規模なので、金額だけ取り出せばそりゃあ大金に見えます。しかし、言うまでもなく、運用成果は収益率で表さなければ良し悪しなど判断できません。

他のメディアを見ると、日経電子版asahi.com毎日jpは、3.7兆円という損失額を前面に押し出していますが、マイナス3.32%という収益率も併記しています。
これは最低限の報道だと思います。

比較的、好感が持てたのは、NHKロイターです。
両社とも、今期のマイナスだけを書き立てるのではなく、GPIFの運用開始からの累積収益額が約19兆円のプラスであることも掲載しています。
ここまで掲載されていれば、現状の全体像が分かり、無用な不安を煽り立てることもないでしょう。

公的年金に関しては、人口増加を前提とした制度設計であることや、年金未納問題、マクロスライド方式の未実施等、多くの問題を抱えていることは事実です。
しかし一方で、資産運用については、比較的真面目に行われているというのが、運用をウォッチしている私の認識です。

年金は国民の最大級の関心事であり、マスコミ各社は不安を煽る方向だけに張り切るのではなく、良いことも悪いことも含め、きちんと「事実」を伝えてほしいと思います。


P.S
本文にも書いたとおり、ネットで公開されている範囲での情報収集なので、「新聞本紙には詳細が書いてある」等の事情はあるかもしれません。だからと言ってネットでは不適切な情報のみでよいということにはなりませんが。
関連記事


  





コメント

個人的には

年金の運用は参考になる面もあるしこの状況下でも健闘していると
思っています。投資経験ゼロの人は総じて「大事な資金を損させて」
となるのはしょうがないも投資経験ある人も下手みたいに言うのも
いますから。あの額を運用するという点が抜け落ちているようで^^;

私は今年も不思議とプラスになりそうです。外国株の凹みを国内株
の配当と値上がりで埋まっています(多少のトレーディングもして
います)。外債もゼロクーポン債中心のため金利低下時に威力を発揮して
くれていてマイナスも誤差レベルというのがいい感じです。

分散を否定されるこのご時勢ですが私は分散したほうが遥かに良い
結果を得られています。無理せず身の丈レベルというのも大きいかも
です。

無理せずマイペース これが一番ですが、「年金の運用にも通じるものと
思っています

いつもブログを拝読しており、投資に関する勉強をさせていただき、お世話になっております。本記事はメディアの記事やデータを鵜呑みにすることなく、良い意味でフラットでクリティカルに考えるいい事例として興味深く拝読いたしました。まさにおっしゃる通りですね。個人的にはよい点と悪い点を併記してこその公器だと思います。

偏りのある報道ですね

確かに将来の年金制度について懐疑的になってる方は多いと思います。
しかし、これらの報道の仕方については、意図的に煽っているように感じます。
そのほうが読者受けもいいでしょうから。
3.7兆円という金額もインパクトありますしね。
マスコミの報道としてはよくある手法ですが、気をつけたいものです。

>>投資経験ゼロの人は総じて「大事な資金を損させて」
>>となるのはしょうがないも投資経験ある人も下手みたいに言うのも
いますから。

基本的に年金に対しては、マスコミを含めリスク許容度がゼロなのかもしれませんね。


>>本記事はメディアの記事やデータを鵜呑みにすることなく、良い意味でフラットでクリティカルに考えるいい事例として興味深く拝読いたしました

いやいや、そんな大層なものではなく、ウォッチしていて「ん?」と思ったことを書いただけです。


>>確かに将来の年金制度について懐疑的になってる方は多いと思います。
>>しかし、これらの報道の仕方については、意図的に煽っているように感じます。

もちろん、年金全般についてはとても楽天的になれませんし、怒りを感じることも多いです。
でも、中にはいい仕事している部分もあって、そこはきちんと評価したいと思っています。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)