日経新聞夕刊に国内ETF・海外ETFの記事が

昨日(12月6日)の日経新聞「夕刊」、国内ETF・海外ETFの特集がありました。

日経新聞2011年12月7日夕刊7面「ETFで世界に分散投資」

【日経新聞2011年12月6日夕刊7面より引用】
ETFで世界に分散投資
個人投資家の間で上場投資信託(ETF)の人気が高まっている。
日経平均株価などの指数に連動するインデックス(指数連動)型の投資信託で、比較的簡単に分散投資できるためだ。東京証券取引所などに上場し、株式のように売買できるのも利点のひとつ。最近はインターネット証券などで、海外市場に上場する「海外ETF」の取扱銘柄も増えている。
【引用おわり】

記事は上記リード文に続き、国内ETFは、売買コストが低いこと、リアルタイムに取引できることなどがメリットとして紹介しています。また、海外ETFは、商品の多様性、市場規模と流動性の大きさなどがメリットとして紹介していました。
そして、「ETFの基礎知識」と題した大きな図版が入っており、ETFの特長・主な種類・投資する場合の注意点がまとめられていて、分かりやすいです。

また、メリットだけでなく、「小額取引だと手数料は割高になる」「値動きが激しい銘柄も目立つ」といったようなデメリットにも触れているところに好感が持てます。

記事は、「実際に投資する際には、そのETFの仕組みとリスクをよく理解することが肝心だ。市場価格や為替のリスクに注意しつつ、手数料にも気を配るのは、他の金融商品と同じだ」と締めくくられています。
まさにそのとおりだと思います。

私のインデックス投資のメインビークルはETFですが、投資商品としてはまだまだマイナーです。
国内ETF・海外ETFについて新聞で大きく取り上げられることはまだあまりないので、思わず「おおっ」と思って見入ってしまいました。
お手元にまだ昨日の日経夕刊があるかたは、ぜひ見てみて下さい。

関連記事


  





コメント

悩んでいるときが一番楽しい

インデックス商品の特性上、差別化しずらい商品群の中で議論の余地がある数少ない分野かもしれません。確か同じような話題がインデックス投資ナイトにもありましたね。やはり一番話題になりやすいのかもしれません。ただ自分は買ったらほったらかしなので、買ったとたん他のがよく見えてしまいます。困った性分です( ̄▽ ̄;)

使えそうなETFが新登場

楽天証券がまたもや!やってくれました。
iSharesブランドのETFでPFFが買えるようになった事です。
誰もが優先株式への投資をしてみたいと思った人は沢山いると思いますし、出口戦略にも使えそうです。
ここまでできればグロソブなんて要らない!
ETFだけでも十分な出口戦略ができるようになってくれば、公募型投信だとインデックスファンド以外は不要になる人が多くなると思います。
ただ、それを使いこなす為には中身の理解が必要です。
例えば優先株式を発行する企業の格付けなどのデータは最低限見ておく必要があります。
PFFの場合は金融セクターに偏っている点も注意が必要です。
ただ、VFHとPFFを比較すると配当を除けば概ねPFFの方が過去5年間はリターンが高かったと言えそうです(過去の実績なので将来を保証しない)。

しかしながら、個人では難しいアセットクラスへの投資を簡単にしてくれてコストが安い点を考えると、個人はもっとETFへの投資を検討した方が良い場合が多く見当たります。

>>インデックス商品の特性上、差別化しずらい商品群の中で議論の余地がある数少ない分野かもしれません。確か同じような話題がインデックス投資ナイトにもありましたね

2012年のインデックス投資ナイトの第二部では、そのものズバリがテーマです。
「インデックスファンド vs 国内ETF vs 海外ETF!」


>>楽天証券がまたもや!やってくれました

iシェアーズ S&P米国優先株式インデックス・ファンド(PFF)、iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンド(IFGL)のことですね。
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/info20111206-01.html

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)