香港取引所上場リクソーETF全銘柄の上場廃止へ。投資家は冷静に

水瀬ケンイチ

香港取引所上場の海外ETF「リクソーETF」が、全銘柄上場廃止になる予定との情報です。

今のところ、楽天証券にログインした後のお知らせ画面に出ています。
SBI証券やマネックス証券でも、そのうちお知らせが出ると思われます。
楽天に口座がないかたのために、引用しておきます。

【重要】香港取引所上場リクソーETF全銘柄の上場廃止(予定)について

平素は楽天証券をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

リクソー・インターナショナル・アセットマネジメントより、
香港取引所上場のリクソーETF全銘柄につきまして、
自発的な認可取消しおよび上場廃止の通知が行われました。

弊社取扱いのリクソーETF全銘柄において、以下のスケジュールにて
上場廃止(予定)となります。

 最終取引日(予定):2012年3月7日(水)
 認可取消しおよび上場廃止日(予定):2012年3月13日(火) 

対象銘柄:

 リクソーETF FTSE RAFI US 1000
 リクソーETF FTSE RAFI ヨーロッパ
 リクソーETF コモディティーズ CRB
 リクソーETF MSCI インディア
 リクソーETF MSCI ワールド
 リクソーETF MSCI 韓国
 リクソーETF MSCIアジア
 リクソーETF MSCI エマージング・マーケット
 リクソーETF ナスダック 100
 リクソーETFロシア(DJ RUSINDEX TITANS10)
 リクソーETF MSCI 台湾

対象銘柄を保有していただいているお客様には、後日、手続き等についてお知らせいたします。


リクソー・インターナショナル・アセットマネジメントによる
本通知全文はこちら(PDF形式で表示されます)
https://www.rakuten-sec.co.jp/web/info/pdf/etf_attention_20111209.pdf





運用会社の自発的な認可取消しおよび上場廃止とのことですが、その理由は、上記情報からだけではよく分かりません。
リクソーETFは、運用にシンセティック・リプリケーションを採用しています。最近、海外の金融当局がこれに厳しい目を向けていたことが関係しているのかもしれませんが、実際のところは不明なので続報を待ちたいです。

ただ、2012年3月7日までは普通に売買できるようですので、投資家はそれまでの間にゆっくり対処すればよいと思います。

インデックス投資家にとって、ETFの上場廃止は悲しいことです。
望まないタイミングで損失確定(あるいは利益確定)しなければならないのは、愉快なことではないでしょう。
私もインデックスファンドの途中償還や取扱廃止では、今まで散々煮え湯を飲まされてきました。
でも、海外ではETFの上場廃止も珍しいことではないので、投資家は殊更心配する必要はないと思います。
案内にしたがって、冷静に対処した方がよいと思います。

それにしても、投資家が長期投資のツールとして利用しているインデックス商品の運用会社には、「ゴーイング・コンサーン」を強く求めたいと思います。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ