STAMインデックスシリーズとeMAXISシリーズの「実質コスト」比較(2011年12月)

水瀬ケンイチ

低コストなインデックスファンド「STAMインデックスシリーズ」の第8期運用報告書(2011年11月)が出ました。

信託報酬以外のいわゆる「隠れコスト」を含んだ「実質コスト」を算出するとともに、ライバルファンドの「eMAXISシリーズ」と比較してみたいと思います。

STAMとeMAXISの実質コスト比較(2011年12月)

各アセットクラスについて実質コストの勝ち負けはありますが、比較的大きな差が出たのが、「先進国REIT」と「新興国債券」クラスです。



先進国REITクラスは、STAMが1.11%、eMAXISが0.77%と、eMAXISの方が0.34%低いです。
一方、新興国債券クラスは、STAMが1.40%、eMAXISが0.84%と、eMAXISの方が0.56%低いです。
STAMが苦戦?
ただ、新興国株式については、STAMが1.03%、eMAXISが1.15と、こちらは0.12%ですがSTAMの方が低いです。

まぁ信託報酬と違って、実質コストは毎年変わるものなので、次回もチェックしたいと思います。

P.S
伝統的4資産(国内外の株式・債券)については、「CMAMインデックスファンドeシリーズ」の実質コストが頭ひとつ低いので、投資を検討される際にはお忘れなく(該当記事)。


<ご参考>
上記STAMインデックスシリーズ、eMAXISシリーズ、CMAMインデックスファンドeシリーズがすべて購入できるネット証券は以下から口座開設できます(無料)。会社名をクリックしてください。
楽天証券
SBI証券
カブドットコム証券
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ