2011年梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー経由で売れた本ベスト10

水瀬ケンイチ

Amazonでは、早くも「Best Books of 2011」が発表になっています。

今年も、当ブログを経由してAmazonで買ってくださった本のベスト10を発表します。
売り上げ件数順にランキングしました。
何かの参考にしてもらえたらと思います。

それでは第10位から。田村正之氏のこの本です。2009年発売ですが、使えるデータと知識が満載でまさにしぶとい人気です。
しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!
田村 正之

by G-Tools


第9位。ご夫婦で大活躍されているS&S investments岡村聡氏のこの本です。実践的ライフハックで、新社会人にぴったりの本だと思います。
20代で知っておきたいお金のこと20代で知っておきたいお金のこと
岡村 聡

by G-Tools


第8位。アーニー・J. ゼリンスキー氏のロングセラーで私の早期リタイアバイブル。今年もランキングに入ってきました。現在中古品のみの流通でこの順位です。
働かないって、ワクワクしない?働かないって、ワクワクしない?
アーニー・J. ゼリンスキー Ernie J. Zelinski

by G-Tools


第6位が同着で2冊ありました。1冊目は、カン・チュンド氏の積み立て投資本。2009年発売の本ですが、根強い人気です。
忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)
カン・チュンド

by G-Tools


第6位の2冊目は、モーニングスター朝倉智也氏のこの本です。国内資産ゼロという大胆な推奨ポートフォリオに度肝を抜かれた投資家も多かったようです。
30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと
朝倉智也

by G-Tools


第5位。山崎元氏のこの本です。山崎氏と私の共著「ほったらかし投資術」の姉妹本にもなっています。
超簡単 お金の運用術 (朝日新書)超簡単 お金の運用術 (朝日新書)
山崎 元

by G-Tools


第4位。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの花輪陽子氏のこの本です。本書は「家計見直しのすすめ」ですが、夫の小遣いを増やすことを強くすすめています。世の旦那さんたちが見たら大喜びしそうなお話ですが、しっかりとした経済的理由が書かれています。
夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法
花輪 陽子

by G-Tools


いよいよトップ3です。



第3位。星野泰平氏のこの本です。積み立てに特化した、類書のないユニークな本です。積み立てをよりマニアックに追求した「積立投資のすべて」も最近出たばかりですので、積み立てを深く学んでみたいかたはあわせてどうぞ。
4062726947半値になっても儲かる「つみたて投資」 (講談社プラスアルファ新書)
星野 泰平
講談社 2010-12-20

by G-Tools


第2位。当ブログとは切っても切れない縁がある(?)、この本です。なんと言ってもインデックス投資のバイブルであり、発売から30年以上経っているにもかかわらず、改訂のたびに進化して今でも読み継がれている名著です。
4532354714ウォール街のランダム・ウォーカー <原著第10版>―株式投資の不滅の真理
バートン・マルキール 井手 正介
日本経済新聞出版社 2011-06-18

by G-Tools


第1位。山崎元氏と不肖水瀬の共著のこの本です。ありがたや、ありがたや。
4022733691ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)
山崎 元 水瀬ケンイチ
朝日新聞出版 2010-12-10

by G-Tools


1年前のランキングと比べると、当然、新しい本もランクインしているのですが、古い本にもかかわらず相変わらず上位に顔を出している本が多かったことが印象的でした。やはり、時間が経っても良い本は良いということかもしれません。

当ブログ経由でお買いあげいただいた皆さまに厚く御礼申しあげます。
おそらく、他の投資ブログでも同じような企画が掲載されると思いますので、うちとどう違うかそちらも楽しみにしたいと思います。


<おまけ>
うちのブログ経由で売れた最も高価な商品はこちらでした。もちろん1件だけですが、びっくりしました。
関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ