各種金融商品の損益通算ができる・できない一覧

日経電子版に、各種金融商品の損益通算可否一覧表が掲載されていました。

日経電子版 月刊日経マネー 特集セレクト
2011/12/14 投資は「損益通算」の活用がカギ 得する年内の節税準備(1)
(大人の事情で直接リンクができません。お手数ですが、上記リンクから辿ってください)

photo_20111215.jpg
(日経電子版 上記コラムより引用・クリックで拡大します)

とてもよくまとまっているので引用させていただきました。
詳しい解説は上記コラムをご覧いただければと思います。

今年一年、厳しい相場だったので、短期投資家にしても長期投資家にしても、損失を被った方々も多いと思います。
一方、配当・分配金は着実に入ってきており、それと売買の損失を損益通算することで、支払う税金を減らすことができる場合があります。
金融商品によって、損益通算できるものとできないものがあるので、表で確かめてみてください。

個人的にポイントを追加するとするなら、こういうまちまちな損益通算可否を廃止して、預貯金の利子も含め全部まとめて損益通算可能にしようという動きが、たまに新聞で目にする「金融所得課税の一体化」です。ぜひ実現してほしいと思います。
また、コラムでは損益通算のために「今年中にやっておくべきこと」がまとめられていますが、12月中の期限が必ずしも商品売買ができる最終日ではないことに注意が必要です。
期限は、各金融商品によって違うと思いますので、12月の何日までの売買が損益通算に反映されるか、確認しておくことが大切だと思います。

せっかくある制度ですので、うまく活用したいところです。
関連記事


  





コメント

注意点もありそうです

凄く複雑ですね。
表をみないと損益通算ができる物が分からないからです。
金融所得は一体課税まで進めば分かり易くなると思いますが、それまでは何年かかるかです。

今回、インパクトが大きいのがFXの店頭取引ですね。
一見、メリットの方が大きいように見えますが、立場によっては逆に不利にもなります。
例えば、店頭取引の損失は年金と通算が今年は可能ですが、来年からは認められません。
税率も20%に一本化されるので、所得の低い人は逆に増税になる場合があります。

税法上の取り扱いは、金融関係の所得は統合されつつありますが、他の所得とは切り離されていくような気がします。

確定申告はめんどくさいので

譲渡益であるIPOやMBOの利益は負けてる銘柄の精算でちゃらに、
雑所得であるFXとか貸株の利益を20万以下になるように調整して、
申告不要にしています。

いい記事でしたね。

投資を始める際、何となくで特定口座(源泉徴収あり)を選んだのですが、改めて確認するとなかなか便利なものですね。しかも、3年間の繰り越しができるとは。これは知りませんでした。

>>凄く複雑ですね。
>>表をみないと損益通算ができる物が分からないからです。

たしかに複雑ですねー。
しかもちょくちょく変わるので、追いかけるのが大変です。


>>一見、メリットの方が大きいように見えますが、立場によっては逆に不利にもなります。
>>例えば、店頭取引の損失は年金と通算が今年は可能ですが、来年からは認められません。
>>税率も20%に一本化されるので、所得の低い人は逆に増税になる場合があります。

なるほど。そういう面もあるんですね。


>>譲渡益であるIPOやMBOの利益は負けてる銘柄の精算でちゃらに、
雑所得であるFXとか貸株の利益を20万以下になるように調整して、
申告不要にしています

しっかりしてますね。
私は海外ETFの分配金の外国税額控除を受けるため、確定申告の手間がかかることは諦めています(^^;


>>投資を始める際、何となくで特定口座(源泉徴収あり)を選んだのですが、改めて確認するとなかなか便利なものですね

私もそう思います。特定口座さまさまです。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)