モーニングスターで一風変わったインデックス投資セミナー?

水瀬ケンイチ

来年のお話ですが、モーニングスターが『2012年新春セミナー ~インデックスファンドで資産運用~』という無料セミナーを開催するようです。

モーニングスター主催
『2012年新春セミナー ~インデックスファンドで資産運用~』

日時:2012年1月13日(金) 18:00会場/18:30開演
場所:有楽町朝日ホール (有楽町マリオン11階)
定員:先着 600名
内容:
第1部 千葉商科大学大学院名誉教授の齋藤精一郎氏の基調講演「欧州危機と世界経済の展望」
第2部 FPのカン・チュンド氏、和泉昭子氏、コーディネーター朝倉智也氏で、インデックスファンドを使ったポートフォリオを紹介しながらのパネルディスカッション

申し込みなど詳しくは、モーニングスターのセミナー情報をご覧ください。

あのマルキール氏やエリス氏も来日講演をした立派なホールで、先着600名無料とはモーニングスターさん太っ腹です。
モーニングスターの以前のインデックス投資セミナーでは、とても良い内容の動画と資料が公開されています。今度はどんなことをやってくれるのか、興味を持ちました。
<関連記事>
2010/12/25 インデックスファンドの魅力を解説した動画



ただ、セミナー概要を見て、「おや?」と思ったのは、登壇者にインデックス投資関係者が少ないことです。
主催者であるモーニングスターの朝倉氏は別にして、カン氏以外は、齋藤氏・和泉氏お二方ともインデックス投資の話をしているところを見たことがありません。

ググってみると、齋藤氏は、PRESIDENT Onlineで「20代、30代の柔軟な世代は、これからうまくすると株で大もうけできる。ただし当面はベア基調だから、インデックスやETFではなく個別株がいい」と言っています。
また、和泉氏は、かつて信託報酬年率2.1%のバランスファンド「ダ・ヴィンチ」をプッシュしていたり、マネックス・ユニバーシティでは、ご自身は「バーベル戦略」で投資対象をハイリスク・ハイリターン運用に特化していると公言しているなど、一見、セミナーの主旨とは対照的なキャスティングのように見えます。

最新の情報ではないとはいえ、これはどういうことでしょう?
首をひねりましたが、もしかしたら、こういうことなのではないでしょうか。

最近、インデックス投資関連セミナーの登壇者が、だんだん固定メンバーの様相を呈してきていて、ある意味マンネリ化してきていると感じる投資家もいるかもしれません。
異なる意見とのディスカッションの中から、新たな気付きが得られるということもあります。
逆に、今回のセミナーではそこも見所のひとつなのかも。

あくまで個人的推察なので本当のところは分かりませんが、今までの「インデックス投資家によるインデックス投資家のためのセミナー」ではなく、一風変わったインデックス投資セミナーなのかもしれず、いろんな意味でちょっと面白そうです。

平日の夜ですが、都合がつけば行ってみたいと思っております。
もしご興味がありましたら、申し込んでみてはいかがでしょうか。

関連記事


投資判断は自己責任でお願いします。当ブログの情報により投資判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。また、当ブログ内容の無断転載を禁じます。

Posted by水瀬ケンイチ