今年の年賀状は悩む

2006年から書き始めた年賀状、もう6年目になりますが、今年は出すべきかどうか迷っています。
<関連記事>
2006/11/26 早期リタイアと年賀状

(投資と関係ない雑談です。ご興味があるかただけご覧ください)

思いは上記関連記事の頃から変わっていません。
ただ、今年は未曾有の大災害があったため、自粛しようという考えもあるようです。
出すべきか、自粛するべきか、しばらく迷っていましたが、ふと、例年郵便局のコピーが秀逸だったことを思い出して、今年のTVCMを見てみました。

年賀状.jp CMギャラリー

「年賀状を一枚一枚書きながら、ひとりひとりを思っている」
「人の心が、年の初めに届く国」

そうでした。
社会情勢がどうとかではなく、相手を大切に思っていることを伝えたい。
年に一回、それが自然にできる素晴らしい伝統が日本にはあります。
相手に不謹慎と思われる可能性も含みつつ、やっぱり、自粛しないで今年も年賀状を出すことにしました。

ただ、今年は「皆さんもぜひ書きましょう」とは言えません。
置かれた環境は人それぞれ違いますので…。
関連記事


  





コメント

書き方ではないかなと

正直、年賀状を始め
お中元、お歳暮などやらない人間ですが
貰えるのを楽しみにしてる人も多いのではないかと

また、毎年来るものとして
当たり前のようなものだった人にとっては
来ないと淋しく思うのではないでしょうか

そう言う人たちもいると思うので、
いきなり今年だけ送らないなどはしなくて良いと思います


気にするとすれば、
書く内容に多少、気を遣うだけで良いのかなと

定番の
明けましておめでとうございます
を何も考えずに書いてしまうなど、しなければ


長々書いたけど
自分は書かない人間ですが

書き方の按配も難しいところですが、人によって感じ方が違う以上、考えていてもなかなか答えは見つかりませんでした。
本意ではない受け取られ方をするリスクを受け入れつつ、自分がよいと思う行動をするしかないんでしょうね。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引とエントリーで最大20,200円分獲得キャンペーン実施中(2017/10/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・国内ETF1日10万円以内なら売買手数料無料プランあり
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/10/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)