「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」 (VT)が更にパワーアップ

インデックス投資家のリーサル・ウェポンと言われる海外ETF「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF」(VT)に朗報です。
ベンチマークが変更になり、全世界の大型・中型株から、大型・中型株に加えて小型株もカバーされるようになりました。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン
2011/12/21 バンガード・トータル・ワールド・ストックETF 【VT】ベンチマーク変更のお知らせ

具体的には、ベンチマークが従来の「FTSE All-World Index (FTSE オール・ワールド・インデックス)」 から、「FTSE Global All Cap Index (FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス)」へ変更されました。
これにより、全世界の大型・中型株から、大型・中型株に加えて小型株もカバーすることになり、構成銘柄数は従来の2,927銘柄から7,400銘柄超と大幅に増加しています。
一方、エクスペンス・レシオは現行の年率0.25%と同等の水準にとどまると予定とのこと。

これはバンガードさんGJ!!(^^)b

現在私は、IVV+EFA+VWOという3本の海外ETFを組み合わせて、全世界の株式に投資しています。
現在のマイポートフォリオでエクスペンス・レシオの加重平均を計算してみたら、年率0.22%でした。

VTでは、これに小型株が含まれ、リバランスの手間がなく、更に海外ETF2本分の売買手数料がかかりません。
それで、エクスペンス・レシオが年率0.25%程度で済むなら、いよいよVT1本に乗り換えたくなる気持ちが出てきます。
VT1本と個人向け国債だけで、コアポートフォリオが完成してしまうシンプルさです。
(もちろん、海外ETFは小額購入では手数料負けしてしまうため、積み立てには向きません。インデックスファンドで積み立てた後の、リレー投資先の話です)

贅沢な悩みですが、これは悩ましい!本当に悩ましいぞ!


<ご参考>
上記商品は、すべて楽天証券で購入しています。(会社名をクリックすると口座開設できます)
楽天証券

<追記> 2011/12/25
VTの新たなベンチマークにおける小型株の割合が分かりましたので記事にしました。ご興味があればご覧ください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1906.html
関連記事


  





コメント

VBとVSSを組み合わせなくてもよくなる、ということでしょうか?

僕の場合はTOK+VWO+VB+VSSの組み合わせで投資していました。
日本が含まれる点を考慮に入れればVT1本になるので面倒さがないですね。
ただ、VB、VSSをサテライトの位置づけにしていたので、コアとサテライトをどう分けようか迷います。

将来的な取崩しも含め手数料考えるとVT1本でいいと思いますね^^

さすがバンガード!

すばらしい商品ですね。ファンです、バンガード。私もかなり本気で乗り換え検討します。ついこの間、VSSとVBを買ったとこなんですけどねー。

こんにちは。

僕も乗り換えたいのですが、外国株式はまだ特定口座がないですよね?

珍しい

こういうインデックスの変更は珍しいですね。この変更によって実質コストが上昇しないのであれば、グッドニュースです。
日本でもこういうポジティブサプライズを期待したいです。

ビックリです。

バンガードのメルマガに何もなかったから全くのノーマークでした。年末だけにサヨナラホームランといったとこですかね。もう少し早ければ1月7日の結果も変わっていたような気もしますね。今後は株式の部分のポートフォリオを考えなくてよくなったのでその分を債券やその他に降り向けれるのは嬉しい限りです。これでますます特定口座にかける期待が大きくなりました。

素晴らしいクリスマスプレゼントになりました。野村證券でもバンガードのサイトではVTを取り扱うみたいなので、特定口座に入れられるなら手数料高くても購入を考えてます。5年ほど前に野村にはVTの取り扱いを強く要望しました。ネット証券にもかなり要望してますが、本当になかなか特定口座になりません。ネット証券が対応するまでのリレー投資は、悩みのタネです。

私は現時点、VTを保有しておりませんが今後の検討対象としています。
個人的にはVTを購入開始する点として気になるのは、まずは流動性です。先程 Yahoo Financeで確認したところ、VTのAvrage Volume (3m) が197,055に対し、例えばVWOだと26,557,800でした。
逆にメリットとしてはVTだとカナダを構成国に含めることができることだと思います。世界分散する際にアメリカ(VTIやIVVやSPY)とEFAそして、VWOやEEMで構成する人が多いと思いますが、カナダを含められないので誤差だと判断するかは個人の見解になるかと思います。
ところで、何故 IVVを利用されていらっしゃるのでしょうか?SPYもありますし、VTIという選択肢もあると思うのですが。私は広く投資する意味で米国はVTIを中心に据えております。

さすが!

はじめまして。初めてコメントさせてもらいます。
さすがバンガードって感じのサプライズでしたね。今後はVT一つで
何も考えず投資出来ますね。

悩ましいっす

将来どうなるかは分からないので、自分さえ納得していれば、どんなポートフォリオにも正解はない。という前提だと、納得して選択したポートフォリオがシンプルであればあるほど、気持ちもスッキリしそうだし、投資を続けていくうえでの余計な迷いも減りそうで、なんか魅力的ですよねー。

僕もVT+円債のシンプルポートフォリオはずっと気になっています(いまのところ、気になっているだけですが、苦笑)

>>VBとVSSを組み合わせなくてもよくなる、ということでしょうか?

比率が気に入れば、そういうことになります。


>>日本が含まれる点を考慮に入れればVT1本になるので面倒さがないですね

仰るとおりだと思います。


>>すばらしい商品ですね。ファンです、バンガード。私もかなり本気で乗り換え検討します

同じく(^^)


>>将来的な取崩しも含め手数料考えるとVT1本でいいと思いますね^^

海外ETFの悩みどころのひとつですが、VT1本なら対処しやすいですね。


>>僕も乗り換えたいのですが、外国株式はまだ特定口座がないですよね?

ネット証券の海外ETF最大の課題です。
私は数年前から粘り強く改善要望しています。吉川さんも直接ネット証券に要望をあげてください。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1117.html


>>こういうインデックスの変更は珍しいですね。この変更によって実質コストが上昇しないのであれば、グッドニュースです

VTに投資する投資家が、このETFに何を望んでいるのかを運用会社のバンガードが分かっている証拠だと思います。


>>もう少し早ければ1月7日の結果も変わっていたような気もしますね

仰るとおり、もう少し発表が早ければ、「投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー2011」に影響したでしょうね。


>>ネット証券にもかなり要望してますが、本当になかなか特定口座になりません。ネット証券が対応するまでのリレー投資は、悩みのタネです。

ほんとですね。ネット証券の海外ETFに残る最大の課題です。
http://randomwalker.blog19.fc2.com/blog-entry-1117.html


>>個人的にはVTを購入開始する点として気になるのは、まずは流動性です

比較対象はそれで適切ですか?
上を見たらキリがありません。上場廃止にならない、NAVとの乖離率が適正、といったポイントで見ればいいのではないでしょうか。


>>ところで、何故 IVVを利用されていらっしゃるのでしょうか?

私が海外ETFに投資し始めた時にはIIVしかなかったからです。
今後の追加投資ではIIVではなくVTIにする旨を、毎月の積み立て投資の際のブログ記事に書いているのですが。


>>さすがバンガードって感じのサプライズでしたね。今後はVT一つで
何も考えず投資出来ますね。

ポートフォリオの期待リターンとリスク、特にリスク許容度はちゃんと考えてくださいね(^^;


>>僕もVT+円債のシンプルポートフォリオはずっと気になっています(いまのところ、気になっているだけですが、苦笑)

いや本当に悩んでおります。どうしようかなぁ。

ご返信ありがとうございます。

ご返信ありがとうございます。

確かにEEMは比較対象としては、極端ですね。。

コメントの投稿

※現在、コメント欄の運用は停止しております。書き込まれても反映されませんのであらかじめご了承ください。

非公開コメント

広告

ブログ内検索

ファンドで選ぶ証券会社

楽天証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、各種取引で最大130,000円分獲得キャンペーン実施中(2017/08/31まで)

SBI証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、インデックスe、SMT、eMAXIS、Funds-i、EXE-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月100円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの特定口座対応&外貨での入出金可
今なら、総合口座開設&各種お取引で最大100,000円プレゼントキャンペーン実施中!(2017/08/31まで)

マネックス証券
・主要インデックスファンド購入可(たわらノーロード、三井住友DC専用、ニッセイ、SMT、eMAXIS、Funds-i等)
・投信積み立てもスポット購入も月1,000円から
・海外ETF購入可(Vanguard、iShares等)
・海外ETFの手数料ネット証券最安、特定口座対応
・米国ETF手数料実質無料サービス「ゼロETF」あり

カブドットコム証券
・一部インデックスファンド購入可(SMT、eMAXIS、Funds-iなど)
・投信積み立ては月500円から
・海外ETFの取り扱いはないが、所定の国内ETFが売買手数料無料の「フリーETF」サービスあり

セゾン投信
・これ1本でVanguardの超低コストインデックスファンド8本に国際分散投資できる「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」が購入可
・投信積み立ては月5,000円から

人気記事ランキング

ブログパーツ

逆アクセスランキング

アクセスランキング

過去記事(月別)

厳選ブログリンク集

RSSフィード

カウンター(2006.1.27設置)